リオ五輪柔道男子81キロ級の永瀬貴規選手。

 

柔道の中でも難しいと言われる81キロ級。

 

メダルが期待される選手の一人で、
今回のリオでは見事銅メダルを獲得した選手です。

 

でも、日本での認知度って意外と低いかも?

 

今回は永瀬貴規選手についてご紹介します!

 

プロフィール

永瀬貴規 柔道 画像

名前:永瀬貴規(ながせたかのり)
生年月日1993年10月14日
出身地:長崎県長崎市
血液型:A型
身長:181cm
体重:–
所属: 旭化成

 

主な戦績

2013年 ユニバーシアード競技大会 81kg級 優勝
2013年 講道館杯全日本体重別選手権大会 81kg級 優勝
2013年 グランドスラム 東京 81kg級 優勝
2014年 グランドスラム パリ 81kg級 3位
2014年 全日本選抜体重別選手権大会 81kg級 優勝
2014年 全日本選手権大会 無差別 3位
2015年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 81kg級 優勝
2015年 アスタナ世界柔道選手権大会 81kg級 優勝
2015年 グランドスラム 東京 81kg級 3位
2016年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 81kg級 優勝

※全日本柔道連盟選手一覧ページより抜粋

 

スポンサードリンク

 

柔道を始めたきっかけと学歴

叔父の勧めで6歳から柔道を始めた永瀬選手。

 

大叔父である平尾勝司さんは、
柔道世界選手権中量級(80キロ級)で2位になった実力の持ち主です。

 

2002年に他界していますが、
その平尾さんが師範を務める養心館で兄と共に
柔道生活をスタートしました。

 

出身小学校は、長崎大学教育学部附属小学校です。

 

小学校5年生のときには
同じく日本代表の高藤直寿選手と対戦しています。

 

この頃から今の日の丸を背負う二人が戦っていたなんて!!

 

昔から二人を知る人は感無量でしょうね。

 

長崎大学教育学部附属中学校を卒業し、
柔道の強豪である長崎日大高校という私立の進学校へ進んだ永瀬選手。

 

中学時代は66キロ級でしたが、
高校に入学後すぐ81キロ級に転向。

 

そして高校1年生にして高校選手権で優勝しました。

 

その後も快進撃を続け、筑波大学へ進学。

 

大学へ進学してからは怖いものなしで、
全日本ジュニア優勝、アジアジュニア優勝、
ユニバーシアード優勝、優勝、優勝、優勝・・・

 

2013年のグランドスラム東京出場時は世界ランク126位でしたが、
そこから一気に23位まで上昇しました。

 

一気に100位上昇って、異常すぎます!!

 

その後の戦績は上に記載した通りですが、
世界ランクは2014年に10位、2015年には2位に!

 

現在、1位はグルジアのアヴタンディル・チリキシビリ選手だそうですが、
2015年の世界選手権では準決勝で彼を倒して優勝しています。

 

もう永瀬選手の快進撃を止められる人なんて
いないんではないでしょうか!?

 

両親や家族について

父親は国家公務員で、長崎の税関に勤める政司さん

 

仕事柄転勤が多いようですが、政司さんは単身赴任を選び
永瀬選手はずっと長崎で育ってきたんですね。

 

母親の小由利さんは中高時代テニスで
全国大会に出場していたほどの実力の持ち主。

 

昔から勉強も疎かにせず文武両道に努めてきたという永瀬選手。

 

勉学の遺伝子は父親譲り、
アスリート遺伝子は母親譲りなのかもしれません。

 

永瀬選手の活躍が増えるにつれて海外遠征なども増えていきましたが、
小由利さんはその全てについて行ったそうです。

 

最初は永瀬選手も嫌がっていたようですが、
小由利さんに根負けして諦めた様子w

 

体操・内村選手の母、周子さんではないですが、
一流アスリートの母親ってやはり忍耐力もメンタルも強いですねw

 

そして世界一になっても、そんな母親には敵わない息子w

 

それもそのはずです。

 

小由利さんは永瀬選手が小学生の頃からずっと隣にいたんですから。

 

意外にも、最初は全く柔道に興味のなかった親子だったそうですが、
永瀬選手は小学校低学年の頃から兄や上級生の試合を研究し続けたそうです。

 

戦績を記録し、大会テレビは録画し技を覚え、真似してやってみる。

 

そんな永瀬選手の姿を見て、
小由利さんは一緒に柔道の世界にはまっていったといいます。

 

そして、食生活指導に気を遣うようになった小由利さん。

 

食事で毎朝欠かさず出していたのはカスピ海ヨーグルト。

 

タンパク質豊富で整腸作用もありますからね。

 

私も以前はまって手作りしていましたが、
酸味が少なく食べやすいです。

 

そして白米2合をペロリと食べる永瀬選手が
いつもお腹いっぱいになるよう、メニューも工夫していたといいます。

 

永瀬選手の兄・諒(りょう)さんも一緒に柔道を始め、
日体大に進み全国体育系学生柔道体重別選手権では準優勝を果たしました。

 

育ち盛り、食べ盛り二人の男の子を抱えて食費が半端なさそうですw

 

それに、全ての遠征費も加えると・・・w

 

しっかり働いて稼いできてくれていた政司さんに感謝、
そして子供達のサポート役に徹してくれた小由利さんに感謝ですね。

 

永瀬選手は両親への感謝をよくインタビューでも言葉にしており、
今では世界大会の賞金で家族に親孝行をしているといいます。

 

知れば知るほど素敵な家族関係です。

 

ちなみに、兄の諒さんは現在地元の高校で教員をしているそうです。

 

また、お姉さんもいらっしゃるようですが
お姉さんに関する情報は出てきませんでした。

 

彼女はいるの?

永瀬選手のような人格もすばらしい人に
惚れない女性がいるんでしょうか。

 

彼女・・・もしかしてすでに結婚もしているのではないかと思いましたが
そのような情報は一切ありませんでした。

 

永瀬選手のように活躍している選手ならば、
母親の小由利さんのようにサポート役に徹してくれる女性がいいでしょうね。

 

性格もおとなしく控えめな女性がお似合いな気がします。

 

もしかしたらそんなお相手がもういるのかもしれませんが。

 

控えめなだけに、表に出てきてないだけだったりして・・・w

 

恋の噂はありませんが、そんな相手がいてくれたらいいなと思います。

 

一流アスリートって、やっぱり支えになる人が必要だと思うんです。

 

友達の旦那さんがスポーツ選手なので見ていて思いますが、
派手に目立つ奥さんよりも、見守ってくれるような存在が必要だと思います。

 

リオでの活躍で私生活の話題ももっと増えるかもしれませんね。

 

本当に、銅メダル獲得おめでとうございます!

 

金メダル確実と言われていただけに
本人も悔しい気持ちだと思いますが、
この悔しさを4年後にぶつけてほしいですね!

 

応援しています!