リオ五輪レスリング男子
フリースタイル57キロ級代表の樋口黎選手。

 

1試合の平均時間がわずか52秒という
速さで相手をちゃちゃっとやっつける、
男子レスリング界に誕生した新星です!

 

リオでの銀メダル獲得、
本当におめでとうございます!

 

今回は、樋口黎選手についてご紹介します!

 

プロフィール

樋口黎 レスリング 画像

名前:樋口黎(ひぐちれい)
生年月日:1996年1月28日
出身地:大阪府
身長:163㎝
体重:–
所属:日本体育大学

 

主な戦績

2013年 全国高校選抜 団体/フリースタイル 55kg級 優勝
2013年 インターハイ 団体/フリースタイル 55kg級 優勝
2014年 全日本学生選手権 フリースタイル 57kg級 3位
2015年 天皇杯全日本選手権 フリースタイル 57kg級 優勝
2015年 ブリヤート国際大会 フリースタイル 57kg級 3位

※日体大HPより抜粋

 

スポンサードリンク

 

レスリングを始めたきっかけや学歴

父親の影響で4歳の頃から
レスリングを始めた樋口選手。

 

本格的にやり始めたのは
小学生になってからですが、
小学2年生から6年生まで
全て全国大会で優勝し、
茨城県の西陵中時代にはすでに
頭角を現していたそうです。

 

才能が目立っていた樋口選手は、
レスリングの強豪校である
茨城県の霞ケ浦高校の先生から
「日本一にしてやるからこい!」と言われ、
そのまま霞ヶ浦高校に進学を決めます。

 

霞ヶ浦高校は茨城県の
稲敷郡阿見町にある私立の中高一貫校です。

 

レスリングの強豪ですが、
ヨット部もレスリング部と同様に
全国的に有名です。

 

スポーツが強い高校なんですね。

 

しかも、霞ヶ浦高校からは
樋口選手以外にも、
アトランタオリンピックで銅メダルを
獲得した太田拓弥選手など
数多くの有名な選手を輩出しています。

 

中学時代から目立っていた樋口選手ですが、
より注目されるようになったのは
その霞ヶ浦高校時代のインターハイで
2連続優勝したことでした。

 

樋口選手の得意技は、
「タックルからのアンクルホールド」

 

これは是非注目してみてください。

 

高校卒業後は、日本体育大学に進学。

 

現在も在学中ですが、
2015年の全日本選抜選手権では
体重を落とせずに出場が出来なかったそうです。

 

結果的にアジア予選で優勝しリオへの
出場は出来るようになったのですが、
一度失敗したのはどうやら
樋口選手の偏食ぶりが問題らしいのです!

 

趣味は駄菓子屋巡り
言っているぐらいですからねw

 

偏食といえば体操男子の天才
内村航平選手も有名ですが、
実はこの2人には共通点があります。

 

それは、2人ともブラックサンダーが
大好きなんだそうなんです!

 

一度、内村選手と
食事の場で会った樋口選手。

 

実際に偏食ぶりを目の当たりにして、
ここまでは無理だと改心したのだとかw

 

これをきっかけに今では樋口選手は
自ら栄養学を学んで食事を
コントロールするようになったそうです!

 

あの内村航平選手を見て
偏食で負けを認め改心したなんて・・・w

 

このエピソード、面白すぎるw

 

ですがやはりご褒美には甘いもの。

 

試合後のインタビューでは
各局で「マカロンを食べたい」と
連発していましたねw

 

初の五輪に向けて大好きな
マカロンは封印し、
嫌いな野菜を食べて体調管理を徹底。

 

その結果銀メダルを
獲得することができました。

 

「ちょっとはマカロンを補給しないと
気が狂いそう」という発言からしても
よほど甘い物が大好きなようですねw

 

もうどうぞ、好きなだけ食べて!
って感じです。

 

なんだか周りから可愛がられる
タイプの選手のような気がします。

 

両親やコーチについて

樋口選手のお父さんは、
大阪の堺でジュニアレスリングクラブの
コーチをしているそうです。

 

普段はIT企業で働くサラリーマンで、
趣味はマラソンなんだとか。

 

忙しいお父さんですね!w

 

樋口選手は、クラブのコーチをしている
父親の影響でレスリングを始めたのですが、
父親のクラブではなく地元である
吹田市の教室で習っていたそうです。

 

アドバイスはもらえそうですが、
父親がコーチとなると色々と
やりづらい面があったからかもしれませんね。

 

母親の容子さん「けんかしても
負けて帰ってこないように」
地元のレスリングクラブを
探してあげたといいます。

 

そこで出会った増田コーチ
レスリングの楽しさを教えられ、
増田さんがクラブを離れるなら
樋口選手も一緒にという感じで
ついて回ったのだそう。

 

その当時増田コーチが任された
新設クラブは女子校の下部組織。

 

なかなか人数が集まらず、
樋口選手の練習相手は女子部員
だったといいます。

 

3学年以上離れた女子高生は
体つきも違うので練習はやりにくかったそう。

 

そこで週末は増田コーチと一緒に
和歌山の高校へ行って男子選手と
一緒に練習したそうです。

 

この師弟関係は茨城県の高校へ
進んでからも続いたそうで、
樋口選手にとって増田コーチは
人生を変えてくれた人でした。

 

ちなみに兄弟の情報はないので
一人っ子かな?とおもわれます。

 

こちらに関しては引き続き
情報を調べてみたいと思います。

 

彼女はいるの?

樋口選手は現役の大学生。

 

顔もイケメンで
彼女の有無が気になります。

 

どうやら、彼女の情報はないのと、
休みの日は寮の部屋にひきこもって
ゲーム三昧なのだそうですw

 

外で遊ぶ時は、
友達とカラオケに行ったりするそう。

 

アーティストの「ONE OK ROCK」が好きで、
ライブにも行くんだそうです。

 

こういうのを聞くと、
学生さんって感じですね。

 

情報がないだけで、もしかしたら
一緒にゲームをしてくれるような
インドア派の彼女がいるかもしれませんが、
レスリングとゲームなどの趣味で忙しく、
彼女を作ってデートをする時間は
今はいらないのかもしれませんw

 

リオでの活躍でもう少し
樋口選手の情報が増えたらなと思います。

 

発言は力強く、結構個性的な
選手のような気がしているのですが・・・

 

何はともあれ今後の成長が楽しみな選手です。

 

本当におめでとうございました!

 

 

そしてこれからも応援しています!!