吉田沙保里選手がリオ五輪で
銀メダルを獲得しました。

 

しかし、4連覇がかかっていただけに
金メダルでないことで悔し涙を流す結果に・・・

 

霊長類最強という異名を持ち、
女子レスリング界を引っ張ってきた
選手なだけに、この敗戦で
世界中に衝撃が走りました。

 

引退の噂もありましたが、
先日現役続行を表明してくれましたね。

 

今回はこちらに焦点を当ててみたいと思います。

 

プロフィール

吉田沙保里 レスリング 画像

名前:吉田沙保里(よしださおり)
生年月日:1982年10月5日(33歳)
出身地:三重県津市
身長:157cm
体重:–
所属:フリー

出場種目:53キロ級

 

主な戦績とこれまで

もう誰もが知っているように
吉田選手は元レスリング選手である
父親・栄勝さんの指導で
3歳からレスリングを始めました。

 

三人兄妹の末っ子で、
元々栄勝さんは兄を中心に
指導していたようですが、
吉田選手は兄たち以上にレスリングに
ハマりメキメキと成長していきました。

 

2004年アテネ五輪金メダル、
2008年北京五輪金メダル、
2012年ロンドン五輪金メダル。

 

そして今回リオ五輪銀メダル。

 

もう、勝って当たり前のような
安心感がある選手です。

 

だからこそ今回の敗戦は衝撃でした。

 

今回のリオでは柔道の選手もそうですが、
「金メダルをとって当たり前」といわれる
選手が多かっただけにとれなかった選手の
悔し涙がとても印象に残っています。

 

前回のロンドンから考えると
素晴らしい実績のはずなのに、
メダルの色で涙する五輪に
日本選手たちのレベルの高さを感じましたね。

 

吉田選手は惜しくも4連覇を逃したものの、
2002年から世界選手権13連覇を達成
常に後ろから追われ研究され続けてきた
状態で戦ってきたことが本当に素晴らしい。

 

この重圧は想像以上で、
吉田選手は他の試合に出場せず
リオ一本に絞ってこれまで頑張ってきました。

 

また、最愛の父を亡くした辛さも
レスリングを続けることで
自分の力へと変えてきました。

 

試合後のインタビューで
「今後についてはまだわからない」
と答えていた吉田選手でしたが、
現役続行を表明してくれましたね。

 

「東京五輪で金メダルをとるために
お父さんがあえて銀メダルに
したのではないか」という
ファンからの励ましの声にも
勇気をもらったそうです。

 

スポンサードリンク

 

今後や引退時期について

試合終了直後に泣き崩れた
吉田選手の姿が忘れられません。

 

「ごめんね」「申し訳ない」
「お父さんに怒られる」

 

家族の元に向かい抱き合って涙する姿は
喜びの涙ではありませんでした。

 

きっとテレビの前で見ていた人たちも
胸が締め付けられる思いだったでしょう。

 

私たちの苦しさなんて比でないほどの
ものを背負って戦っていたのだと思うと
かける言葉が見つかりません。

 

前日に後輩たちが立て続けに
金メダルを獲得し、
伊調馨選手が4連覇を達成。

 

それに続かなければならないという
プレッシャーはなかったと言っていますが、
「4連覇をどうしてもしたかった」という吉田選手。

 

ずっとそのために頑張ってきて
最後の最後で力を出し切れなかった
自分が情けないと感じているようでした。

 

選手団の主将でもあり、
責任感の強い吉田選手は
自分が有言実行できなかったことを
責めているようにも見えました。

 

現在33歳の吉田選手は
レスリング歴30年になります。

 

その素晴らしい経歴だけで
十分だよと言ってあげたいですが、
リオが終わり今後の目標は
東京五輪へとなりました。

 

本当は、もし今回リオで
4連覇を達成していたら現役引退
するつもりだったそうです。

 

これは決勝後に明かされた情報で、
吉田選手が4連覇達成を区切りに
引退を考えたいと言っていたからだそう。

 

しかし、目標を果たせなかった吉田選手。

 

「負けてすぐに引退と言っていいのか、もう1回、東京大会を目指して金メダルを取ってからなのか、ゆっくり考えたい」

 

試合後吉田選手本人からのコメントはなく、
栄監督がこのように話していました。

 

30年もレスリングを続け
追われてきた重圧から解放して
あげたいとも思いますが、
ここで立ち止まってほしくない
という気持ちもあったので、
現役引退を決意してくれて
本当に嬉しく思います。

 

当事者でない私の意見なんて
とても軽いもののように思えますが、
同じようにまだ吉田選手を現役で
見続けたいという人も
多かったのではないでしょうか。

 

吉田選手もまた、そういう人たちに
何か結果で返したいと
思っているのかもしれません。

 

栄監督の案では、
コーチ兼選手としての
活動も明かしています。

 

現役引退は急がず
母校である志学館大学や
全日本のコーチとして
指導者のポストを用意する
考えを明かしているようです。

 

この件に関しての詳細は
まだのようですが、
東京五輪までは選手として
集中して取り組み
その後現役引退という流れに
なりそうですね。

 

スポーツ選手の選手寿命は
年々伸びてきているといいます。

 

それはスポーツ医化学の進化だったり、
栄養学やメンタルトレーニングの
ノウハウも普及しているからです。

 

それによって40代、50代でも
現役を続けている選手もいますよね。

 

女子レスリングではどうなのかと
思ったのですが、パッと思いついたのが
元日本代表の小原日登美選手

 

小原選手は引退前に更に2度引退していますが、
どうしても金メダルがほしいという思いで
結婚を公表すると同時に現役復帰しました。

 

そして2012年のロンドン五輪女子
48キロ級で悲願の金メダルを獲得し引退。

 

その当時32歳です。

 

現在はお子さんを出産されて
所属先の自衛隊に籍を残したまま
育児に専念していらっしゃるようです。

 

また、アテネ・北京2大会連続銅メダリストで
現在38歳の浜口京子選手

 

リオ行きは断念しましたが
35歳以上で争う世界ベテランズ選手権
の参戦など第一線は退いても
生涯現役であることを公表しています。

 

30代を過ぎると体力的にも
「引退」という言葉が頭によぎるのですが、
オリンピックに出ない=引退ではないと
浜口選手も言っています。

 

もし吉田選手が東京五輪に出場するなら
2020年での年齢は38歳。

 

今の浜口選手と同じ状況です。

 

浜口選手は出場枠がとれなかったり
階級の問題もあるようですが、
やはり体力的な問題も指摘していました。

 

現役続行を決めた吉田選手ですが、
世代交代の最中また何度も
苦しい思いをすることがあるでしょう。

 

それでも「私からレスリングを
とったら何が残るんだ」という気持ちで
頑張ってほしいと思います。

 

彼氏や結婚の噂は?

年齢的に「結婚」というワードが
出てくる吉田選手ですが、
そのような噂は現在ありません。

 

高校時代には同じ相手に
6回告白し6回振られたという
苦い経験をお持ちの吉田選手。

 

めげないところが素敵です。

 

そして面食いなことでも有名で
好きなタイプはNEWSの増田くん

 

かなりのおっかけであることは
度々バラエティ番組などでも
取り上げられていますね。

 

これが吉田選手の良さでもあり
恋愛に関してのマイナス要素。

 

「押すだけじゃなくて引きも覚えなきゃ」
アドバイスされているようでしたw

 

熱愛報道は今のところないようですが、
吉田選手の結婚願望が強ければ
今後は恋愛面にも力を入れる
可能性がありますね。

 

実際、大の仲良しである
澤穂希選手が結婚した際に影響されて
婚活を公言していましたからw

 

現役続行を決めたばかりですが、
結婚、妊娠、出産などを考えると
女性にはタイムリミットがあります。

 

結構重要な問題です。

 

そして霊長類最強と呼ばれる
吉田選手の遺伝子は
何としても残さなければ・・・!
という声もあがっていますw

 

一番良いのは、現役で頑張る
吉田選手を支えてくれる
素敵な男性が現れることですね。

 

身近な人の支えが自分の力になることは
吉田選手自身も感じていると思います。

 

また気持ち新たに2020年へ向けて
歩みだした吉田選手を
今後も応援していきたいと思います。