リオオリンピックの閉会式も終わり、
2020年に日本で開催される
東京オリンピックへの期待が高まっています。

 

しかし、どんなことでも
メリットとデメリットはあるもの。

 

そこで東京オリンピックに対する
世間の意見を調査してみました。

 

また、過去の事例に習って
東京オリンピックの経済効果について
考えてみたいと思います。

 

質問:あなたが思う東京オリンピックのメリットは?

第1位:観光客の増加に対する経済効果に期待大!

経済効果といってもいろいろありますが、
誰でもイメージしやすいのは観光客の
増加によって日本経済が活気付くことです。

 

各国からのプレスや選手、観戦者などで経済効果があると思います。
せっかく日本に来たのだからと、各地を観光してほしいです。
国内でも応援セールや観光PRなど少し元気のない日本経済の上向きになるきっかけになると嬉しいです。(30代会社員)

 

色んな海外の国の選手に日本を知ってもらえるところです。
日本の企業や飲食業が忙しくなって、経済に活気がでて来ると思います。(50代主婦)

 

海外からの訪問者が訪れて日本での買い物・宿泊などの商売の売り上げが増加する。
日本の地方からの観客がくることによる交通機関の利用数が増加することによる利益の増加も見込める。(20代学生)

 

競技の大半が開催される東京に世界から人が集まり、日本が活性化できる。
また一部競技を開催する東北の活性化も期待できる。(30代無職)

 

海外からたくさんの人が訪れるので、宿泊や買い物など莫大な経済効果に期待出来ると思います。
私はレジ打ちの仕事をしていますが、今でも外国人のお客様が多いのに、
更に増えると思うとどれだけの経済効果があるのかと楽しみです。

日本を気に入ってもらえれば、また旅行に来てくれたり、
日本に対するイメージも良くなると思います。(20代フリーター)

 

政府が掲げている訪日外客数の目標は、
東京五輪開催の2020年に年間2千万人、
将来的には年間3千万人です。

 

2015年には45年ぶりに訪日外客数と
出国日本人数が逆転し、過去最多の
1973万7千人で前年比47.1%増と
大幅に増加しました。

 

2000万人突破はほぼ確実で、
この勢いを東京五輪に向けてとその後に
どう繋いでいくかが大きな鍵となっています。

 

日本の消費を押し上げるのに、
宿泊費や交通費、食費やお土産の
購入代などの出費が欠かせません。

 

日本はこれまでも継続的に
訪日旅行プロモーションをかけており、
その成果が年々出ているようです。

 

デメリットに関しては後半に記載しますが、
観光客の増加に対しての経済効果は
多方面でかなり期待できると思われます。

 

第2位:すぐ見に行ける&海外交流で日本が活気付く

自国開催なので楽しみだ、
という意見も多かったです。

 

オリンピックというと世界的、国際的なスポーツの祭典というイメージがあり、世界中の皆でも盛り上がることができる。(10代学生)

 

自国でやっているオリンピックなのでテレビだけでなく実際に会場で見たいと思えば、
会場のチケットが余っていたりマラソンなどの競技によっては
思い立ったらすぐに見に行くことが可能であるということ。(30代主婦)

 

世界のトップアスリートをリアルタイムで見れる事が出来て、
特に子供たちの将来に向けて物凄くメリットに繋がると思う。(30代会社員)

 

自国開催のオリンピックはメダルの獲得も多くなり、国全体がイベントモードで盛り上がる。
理由は、ブラジルのオリンピックを見ていても国民の反対意見もあったが
開催となったら盛り上がっているように見えた。(40代主婦)

 

国が盛り上がり、オリンピック休暇が各会社でムーブメントとなり、
2020年の8月は全面的に自由になれそうな気がします。(30代会社員)

 

日本での国同士の交流が生まれる、深まること。
スポーツは競技、競い合うこととしてだけでなく、
それ以上の大切な精神が生まれると思います。(30代OL)

 

私も地方に住んでいますが、
東京オリンピックに行く計画を立てていますw

 

自国で開催なんて私が生きている間に
もう二度とないでしょうから、
生きているうちにオリンピックの光景を
目に焼き付けておきたいと思います。

 

また、いろんな国の方とコミュニケーションを
とりたいと思っているので、英語嫌いも
克服しようと思って今年から勉強し始めましたw

 

単純かもしれませんが、
こういうきっかけって大事だと思うんです。

 

未来を担う子供達にも間近で国際交流や
オリンピックの感動を味わってもらいたいですよね。

 

第3位:日本の技術や文化をPRする良い機会!

リオの閉会式でのパフォーマンスが
世界中で話題になりました。

 

こちらも経済効果に繋がることですが、
日本という国をもっと知ってもらう
チャンスだと捉える人も多いようです。

 

日本の文化に興味を持ってもらう為にも、日本で生産する商品のPRをするべきだと思います。
アニメや漫画も大切かも知れませんが、日本はやはり経済が全てなので
日本の商品を世界に配信し、興味を持った海外の人に手に取ってもらうということが
できるチャンスがオリンピックだと思います。(40代パート)

 

日本企業のハイテク技術をPRする絶好のチャンスになるかと思います。
メダルを使用済みのスマートフォンなどからつくる案も上がっているので、
日本が環境に配慮する国であることをアピールできるのではないかと見ています。(30代会社員)

 

世界中から日本を訪れる観光客が集まり、経済の活性化のチャンス。
日本食の良さや文化などもっと広めることが出来ます。(20代主婦)

 

開催地には様々な国の方々が訪れるはずです。
そうすればおのずと、日本にある多くの観光地に訪れてもらえ、
日本の文化などをアピールできると思います。
また、中国人の爆買いなどがあったように商品を購入してもらう機会が増え、
経済の活性化や日本の商品のアピールにもなると思います。(20代会社員)

 

日本の良さを他の国の人たちに知ってもらえる最大のチャンスだと思います。
観光客もたくさん来るので東京以外も地域活性化すると思います。(20代主婦)

 

近年増加している訪日外国客増加の
半数以上はリピーターなんだそうです。

 

新規客も重要ですが、
もっとほしいのはリピーターですよね。

 

現在のリピーター増加という流れは
とても良い傾向だと思います。

 

オリンピック開催後の景気落ち込みを
食い止めるためにも日本の文化や歴史を
たくさんの国の方に知ってもらいたいですね。

 

また、私たち日本人も自国の文化について
知る必要があると思っています。

 

外国人の方は「お寺と神社の違い」を
聞いてきたりしますからw

 

意外とこういうことって、日本人である
私たちの方が知らなかったりするんですよね。

 

大人になって英語を勉強し始めると、
こういう話題も出てきて考えさせられます。

 

第4位:建設業界を筆頭に雇用増大の期待!

既に東京オリンピックに向けて
様々な施設が建設されており
人手不足も懸念されていますが、
雇用に関しては30、40代の
方の意見が目立ちました。

 

オリンピックに向け様々な物が建設されますので、官主導でしか中々動けない日本経済に取っては良い効果が出ると思います。雇用もオリンピックの警備も含め促進されるでしょう。(40代会社員)

 

オリンピックという大きなイベントが開催されるため、設備に関連した大きな需要が生まれます。
業種的には建設業を始めとして幅広い業種が含まれます。
また外国からの訪問客もオリンピックの前後に大幅に増えると予想されるので、
ホテル・飲食を始めとしたサービス業も大きな需要に対応する必要があります。
結果としてそれらは一過性ではありますが雇用を大きく促進するでしょう。(40代自営業)

 

競技施設が建設され、古い建物・インフラが再構築されるので街が新しくなる。
オリンピック開催中は観光客が訪れるので、観光産業が潤い、
日本文化を世界にアピールできる。(30代会社員)

 

日本の治安はいいほうだと思うので、やはり東京オリンピックを観に来る人は増えるため、
その時の経済効果はあがると思います。ホテル、レストラン、買い物、交通機関など。
オリンピックの為に雇用も増えるので、雇用問題も一時的だか回復する。(20代主婦)

 

開催国の経済成長について調べてみると、
開催地が決まる7年前から2、3年後は
やはり高くなる傾向にあるようです。

 

競技場の建設や交通など長期的な
インフラ整備が原因と考えられ、
ここで雇用の増大も見込まれます。

 

リクルートホールディングスの調べによると
東京オリンピックは全国で81.5万人の
人材ニーズを喚起するという発表をしています。

 

東京オリンピック 雇用問題 リクルートホールディングスより 画像

 

これによる様々な問題もありますが、
建設業を除いてほとんどの業種は
2020年にピークを迎える形で
人材ニーズが増加していきます。

 

そして開催決定後の設備投資が
落ち着くと、それに合わせて雇用も
景気も落ち着く傾向にありますが、
開催が近づくとまたテレビなどの
買い替え需要などで盛り上がりを見せます。

 

期待の高まる東京オリンピックですが、
反対にデメリットを指摘する声も多いです。

 

こちらもチェックしてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

質問:あなたが思う東京オリンピックのデメリットは?

第1位:治安悪化に不安の声

2020年のオリンピック開催地が東京に
選ばれた理由の一つとして安全面と
日本の治安の良さが挙げられるのですが、
日本国民としてはその安全が脅かされる
のではないかという声が大多数でした。

 

テロ対策はしっかりしてほしい。
各国から様々な人が来ると思うので、お酒のトラブルや想定外の問題も出てくると思います。
多くの海外の方がきて、交通渋滞やトラブルがないよう取り組みを進めてほしいなと感じます。
ただ巨大な活用がない建築物など無用な負の遺産は増やして欲しくないです。(30代会社員)

 

最近怖いニュースが多いので、どんちゃん騒ぎなどが不穏な結果を招き、
治安が悪化してしまわないか心配です。(20代会社員)

 

さまざまな国の人が出入りするので、犯罪が多発する国々から来た人が何かしらの犯罪を犯す可能性もあるし、テロリストも入ってくる危険性もあるということ。(30代主婦)

 

日本はテロリストから本格的にターゲットにされたことは無いので、オリンピックという世界でも分かりやすいイベントで狙われた時、ちゃんと守ることができるのかはかなり不安です。(40代会社員)

 

安全問題に不安がある。今の時代、犯罪も様々で多様化している。
自国民の安全は勿論、オリンピックとなれば他国の人間の安全も守らなければならない。
しかし、日本のルールを守らない人間もいると思う。
オリンピック中の日本の治安悪化が不安である。(40代パート)

 

不特定多数の人々が一時に集まるのですから、治安が悪化することは容易に予想できます。
またこれは東京だけで生じるとは思いません。
東京を訪れた人々は他の観光地にも足を運ぶと予想されるので、
主要な観光地においても同様に治安が悪化することでしょう。(40代自営業)

 

たくさんの人々が日本に来てくれることで経済効果は見込めますが、やはり治安面での不安があります。
特に今は世界中でテロがあるので、オリンピックを見に来た外国人にテロリストが紛れ込んでいたら。。と想像すると怖いです。犯罪が増えないことを祈ります。(20代フリーター)

 

治安維持が難しい。テロ警戒が今よりもっと必要になるし、無断での民泊の問題も多々出てくる。
人件費も馬鹿にならない。(20代事務員)

 

様々な人が訪れるので治安悪化への懸念があります。
2020年開催では日本が安全な国であることを是非証明してもらいたいです。(30代会社員)

 

外国人からすると、日本はほぼ安全が
確保された国というイメージが強く
安心感があるようですが、それに対して
日本人は不安を抱いています。

 

日本の国民性が見えますが、
五輪は世界的イベントですし
日本人は平和ボケしていると言われるように
標的にされる可能性がないとは言い切れません。

 

過去には1972年のミュンヘンオリンピックで
死亡者17名を出した人質事件も起きています。

 

これに関しては対策をするしかないのですが、
決して考えられないことではないのです。

 

第2位:マナーやゴミ問題と衛生面に対する懸念の声

治安悪化にも関連しますが
日本人らしい意見がもう一つ。

 

日本の規則を守らない外国の人たちがでてきそうです。
オリンピックの開催でゴミ問題が多くなり、廃棄場の確保が大変になると思います。(50代主婦)

 

様々な国の方々が訪れるということは、日本のルールやマナーを知らない方も訪れるはずです。
日本と海外の風習は違いますし、国によって本当に様々です。
それによる店舗での買い物時や交通ルールなど、
要所要所でルールやマナーの呼びかけが必要だと思います。(20代会社員)

 

衛生面が不安。オリンピックで外国人が増えるとゴミを街中にポイ捨てするマナーの悪い人達も増えるので、街中が汚くなる。(30代主婦)

 

偏見だが外国人にごみをポイ捨てされることで街が汚れる可能性がある。
実際に観光場所で被害を受けている場所もあるので充分考えられると思う(20代学生)

 

他国の人が多く来るので、衛生面が心配です。
夏なので、デング熱など流行らないか、
その他にも日本にない病気が来る可能性があるのでそれが怖いです。(20代主婦)

 

ルールやマナーに関しては
知らなくて当たり前のところがあるので
仕方ないことだと思いますが、それに対して
日本がどのように対応するかですよね。

 

観光地のゴミ問題も尽きないですが、
訴え続けるしかありません。

 

ゴミ処理に関してはお金のかかる問題なので
ここをどう抑えるかは事前対策が
重要になってくると思います。

 

また、デング熱などの感染症に関しても
オリンピックに向けて対策を本格化していますが
こういった情報をもっと国民に向けて
発信していくべきだとも思います。

 

第3位:経済効果は期待できない

メリットの第1位に経済効果が挙げられましたが、
本当にそうなのか?という声もありました。

 

開催期間中は、経済的には上がると思われますが、全体を通すと赤字で終わる可能性が非常に高いです。
リオオリンピックでは、1兆3000億円経費だけでもかかり、日本ではそれを越える2兆とも予想されてます。
果たして日本で行われた際、税金の引き上げなどがなければよろしいのですが、市民の声は届くことはあるのでしょうか?(30代会社員)

 

どこにどのくらいのお金をどこから出すかというのが問題。現に推定◯兆円かかると言われている。
開会式、閉会式、選手村なども含め、特に演出費用や五輪の施設にお金をかけすぎても意味がない。
北京五輪では約100億円、今回のリオでは3億円開会式でかかった模様。
日本は建設費用、演出費用をかけすぎないようにしないといけない。(20代主婦)

 

日本は格差や貧困などの問題がたくさんあり、福祉に使われる財源はないと言われるのに、オリンピックのために膨大なお金の無駄遣いがされることです。
またホームレスの方達の排除も行われ、「平和の祭典」の意味がなくなっていること。(30代OL)

 

経済の観点でだけで見ると期待しているような効果は、薄いと思います。
理由は、ロンドンもリオデジャネイロも開催までの費用からして採算は取れていないからです。(40代主婦)

 

私も一時的な景気の上昇はあると思っていますが、
結果的にマイナスで終わる気がしてなりません。

 

64年の東京五輪でも翌年は
オリンピック不況に陥った日本。

 

その後のバブル崩壊の流れを考えると
オリンピック開催で浮き足立ったまま
なんとなく期待だけ込めた投資が増え、
その後負のスパイラルに陥る気がします。

 

過去の開催国の経済成長率などを
みてもほぼ各国共通です。

 

日本は64年の東京五輪に合わせて
首都高の開通や日本初のモノレール、
新幹線など交通や各施設の建設を進め
そのおかげで現在の東京が出来上がっています。

 

その点を見れば64年の五輪開催は
日本を急成長させてくれたと言えるでしょう。

 

しかし、2020年は新しいものに目を向けるより
今あるものを生かすことが重要だと思います。

 

ある程度の設備投資は必要だと思いますが、
個人的には災害対策も兼ねて
過去造られたものの改修など見直す方に
力を入れてほしいとも思っています。

 

高速道路や橋などの耐用年数は
約50年と言いますし、今後いつ
地震が起こってもおかしくない状況です。

 

日本は見栄を張りたがる気がするので
おもてなし精神で開会式から何から何まで
手を抜かず力を入れようとすると思いますが、
新しいものを見せるよりも古き良きものを
大切にする姿勢でいてほしいと思います。

 

第4位:日常生活に支障が・・・

当たり前に想像できますが、
オリンピック開催期間中の東京は
とんでもない混雑状況になりそうです。

 

多くの外国人観光客が増え、一時的にホテルが満室になり、
オリンピックに興味のない人には残酷な環境が作られてしまう。(30代会社員)

 

海外から沢山の人が東京に来るので、平日でさえ混雑している首都圏の電車がますます混雑してしまい、通勤がとても大変になると思います。(20代会社員)

 

渋滞や公共交通機関の混乱など都民の生活が崩されないかが不安です。(20代主婦)

 

開催中は観戦者が大量に訪れるので、渋滞など筆頭に企業業務や私生活に支障が出る。(30代会社員)

 

本来飛行機など乗れるはずの乗り物が大人数が集まることで渋滞・満席によって人の移動に支障が発生する(20代学生)

 

こちらに関してはまた別の記事でも
書きますが、人や車、ものの流れを
操作していかなければなりません。

 

人が溢れすぎて電車のホームで転落事故・・・
なんてことにもなりかねないので
そういった対策も必要ですよね。

 

メリットデメリットについて考えると
切りがないですが、それでも考えて
いかなければならない問題は山積みですね。