義足のハイジャンパー、鈴木徹選手。

 

パラ応援番組でマツコさんと
共演していましたが、
爽やかな笑顔が素敵なイケメンです。

 

マツコさんは「かわいい」って
連発してましたけどw

 

今回は鈴木選手のプライベートも含めご紹介します!

 

プロフィール

鈴木徹 画像

名前:鈴木徹(すずきとおる)
生年月日:1980年5月4日
出身地:山梨県山梨市
身長:179cm
体重:64kg
所属:SMBC日興証券

 

主な戦績

2008年 北京パラリンピック 高跳び 5位
2012年 ロンドンパラリンピック 高跳び 4位/4×100mリレー 4位
2014年 アジアパラ競技大会(韓国)  高跳び 4位/4×100mリレー 金メダル
2016年 IPCグランプリ(ブラジル) 高飛び 金メダル

 

スポンサードリンク

 

走り高跳びを始めたきっかけと障害について

もともと中学高校とハンドボールを
やっていたという鈴木選手。

 

駿台甲府高校3年生のときには
山梨県代表として国体で3位という結果を残し、
筑波大学への推薦入学も決まっていました。

 

本人いわく、そこで浮かれて
気が緩んでしまった・・・と。

 

で、何が起こったかというと、

 

運転免許を取得→居眠りでガードレールに突っ込む

 

という事故を起こした結果、
右足膝下11センチを残して切断
しなければならなくなり、
右足を失い義足となってしまいました。

 

10代の頃に片脚を失ってしまったことは
本当にショックだったと思います。

 

大学を1年休学し、リハビリのために
東京身体障害者福祉センターへ。

 

ですがそのリハビリをきっかけに
義肢装具士の臼井二美男さんと出会い、
走り高跳びを始めることになります。

 

初めての公式大会での記録は1m74

 

当時の障害者日本記録を抜く快挙でした。

 

その後わずか1年にして
シドニーパラリンピックへ出場し、
リオまで5大会連続出場を決めた鈴木選手。

 

今年に入ってからは2m2cm
日本新&アジア新記録を更新し、
日本だけでなく世界でも注目されています。

 

ちなみに高飛びの練習って
週に1回とかしかしないそうですよ。

 

義足でジャンプすると、
踏み込む足に体重の10倍くらいの
負荷がかかるんだとか。

 

鈴木選手の体重は64kgなので、
負荷は640kgかかるということですね・・・。

 

4年に1度のオリンピックに向けて、
週に1回の練習の時間を大切に
日々トレーニングに励む鈴木徹。

 

更なる高みを目指して頑張っています。

 

リオはまだこれからですが、
鈴木選手は2020年の東京五輪も
視野に入れています。

 

自分の記録を抜いてくれるような
若手選手が成長するまで
簡単に上位を譲るつもりはない、と。

 

そして鈴木選手は学校や企業など
自身の経験を生かして
様々な講演活動も行なっています。

 

鈴木選手の背中を見て
勇気をもらっている人もきっとたくさんいるはず。

 

今後の活躍に期待です!

 

嫁や子供について

マツコさん絶賛の鈴木選手、
残念ながら?結婚されています。

 

奥さんは看護師さんだそうで、
お子さんも二人いらっしゃるそうですよ。

 

結婚してると聞いた瞬間、
「やらし〜!」とマツコさんは連発してましたw

 

なぜなら、交通事故で入院した際に
今の奥様と出会っているからですw

 

彼女を狙って事故ったわけではないのでw
と鈴木選手は笑っていました。

 

入院中に関係が進んだわけじゃないんですよ!
と弁明?しつつ、その後急接近しました
と説明していたところが面白かったです。

 

片脚を失ったとしても、普通の人なんだなって。

 

実際、パラアスリートは
医療系の方と結婚することが多いそうです。

 

鈴木選手の場合は片脚が義足なので
長く歩けなかったり
普通のデートができないんですよね。

 

なので一般の方と付き合うのは
よっぽど理解がない限り
難しいと言っていました。

 

でも、看護師さんなどは
言い方を変えれば亡くなっている人も
たくさん見てきているので、
障害があることに対して
躊躇することがないそうです。

 

鈴木選手の奥様なんて、
「足一本くらいどうでもない」と言ったそうですよ。

 

それくらいぶっ飛んだ発言をしてくれる方が
普通に見てくれているので自分も
普通を取り戻すことができたと言っていました。

 

どうせ腫れ物に触るかのように
周りに気を使われるくらいなら、
はっきり言ってくれた方がいいってことですよね。

 

障害者の方を可哀想な目で見るのではなく
普通の人と同じように接してくれた
奥様のおかげで鈴木選手は
元気を取り戻せたようでした。

 

奥さんやお子さんの写真は
見つかりませんでしたが、家族4人
幸せに暮らしている様子がうかがえます。

 

家族の喜ぶ顔を見るために、
リオでも頑張ってきてほしいですね!

 

応援しています!