フィギュアスケートの三原舞依選手。

 

難病と闘いながらも
強い精神力で試合に臨んでいます。

 

今年はあまり名前を
聞いていない気がしましたが、
現在の調子はどうなんでしょうか。

 

また、その難病とは一体どんな
病気なんでしょう。

 

今回は三原舞依選手についてご紹介します。

 

プロフィール

%e4%b8%89%e5%8e%9f_%e8%88%9e%e4%be%9d%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

名前:三原舞依(みはらまい)
生年月日:1999年8月22日
出身地:兵庫県神戸市
身長:150㎝
血液型:A型
所属:神戸ポーアイFSC

 

主な戦績

2015年 ジュニアグランプリファイナル 6位
2015年 全日本ジュニア選手権 8位
2015年 西日本ジュニア 3位
2015年 JGPオーストリア大会 2位
2015年 JGPスロバキア大会 2位
2015年 アジアンオープントロフィー 優勝
2015年 ガルデナスプリングトロフィー(Jr) 優勝
2015年  第35回全国中学校スケート大会 3位
2015年 第70回国民体育大会冬季大会(少年) 優勝
2014年 全日本選手権 9位
2014年 全日本ジュニア選手権 7位
2014年 JGPスロベニア大会 6位
2014年 チャレンジカップ(Jr) 4位
2014年 第34回全国中学校スケート大会 優勝

※日本スケート連盟公式ページより抜粋

 

スポンサードリンク

 

フィギュアスケートを始めたきっかけは?

小学校2年生のときに、家族で
スケートリンクに行ったのを機に
スケートを始めた三原選手。

 

浅田真央選手の演技を見て
選手を目指すようになりました。

 

現在、三原選手は17歳。

 

小学校2年生といえば
7、8歳の頃でしょうから、
ちょうど浅田選手が今の
三原選手の年齢より少し若いくらい
の姿に憧れたということですね。

 

三原選手からすると
浅田選手はまだまだ遠い
存在のように思えると思いますが、
大会での優勝経験も増え
着実に成果を出している選手です。

 

今後が楽しみですね。

 

三原選手の出身中学校は
神戸市立飛松中学校です。

 

そして現在は
兵庫県立芦屋高等学校に在学中。

 

芦屋高校にはスケート部がないため、
学校が終わるとリンクが使えない日
以外は毎日、多い日で3~4時間
練習しに行くんだそう。

 

練習をする場所は、冬は神戸、
夏は尼崎や西宮と広範囲。

 

それでも練習ができるなら
どこへでもという感じです。

 

今シーズンは病気であまり
近況がわかりませんが、
三原選手の抱えている難病とは
一体どんな病気なんでしょうか。

 

三原選手の難病とは?

三原選手について調べていると、
難病について話題に上がります。

 

その病名とは、全身の関節が痛む
「若年性特発性関節炎」

 

16歳以下の小児期に発症する
原因不明の慢性関節炎で、
「若年性リウマチ」とも呼ばれます。

 

これは原因不明の難病で、
小児期の慢性関節炎の中では
最も頻度の高い疾患だそうです。

 

発症率は年間1人/100,000人と
推定されていて、男女比はほぼ半々、
全身型と関節型に分けられますが
関節型は10歳以降の女児に
多くみられるのだとか。

 

三原選手が異変を感じたのは
2015年12月のジュニアGPファイナルのとき。

 

両膝に激しい痛みを感じ、
歩くこともままならなかったそうです。

 

一時は足首や肩、肘も動かせなくなり、
帰国後の検査で若年性特発性関節炎
と診断されました。

 

現在は月1回の点滴で
炎症を抑えているのだそう。

 

自分でも思うように
体が動かせないわけですから、
スケートをする上では
痛みに耐える以上に辛いでしょう。

 

おそらく関節炎なので、
気圧の変化や温度差に
痛みは敏感だと思います。

 

特に朝方起き上がる際や、
冬場の体がこわる時期、
ましてやリンクの上など
相当負担がかかるのではないでしょうか。

 

それでも三原選手は
「病気を言い訳にしたくない」
と頑張っています。

 

「病気に負けたくないし、それを
乗り越えていけるスケーターに
なりたい」と強い意志で努力を続けているのです。

 

「病気をする前の自分を超える」
と自分に言い聞かせているよう。

 

この病気は病状によって
その後の経過は異なるようです。

 

昔に比べると早期治療
することによって改善が
期待されているようですが、
痛みとは根気強く付き合って
いかなければなりません。

 

三原選手は、10月には
憧れの浅田真央選手と
同じリンクで滑ります。

 

現在はGPシリーズ初戦に向けて
調整中のようなので、また力強い滑りと
演技を見せてほしいですね。

 

コーチについて

三原選手のコーチは中野園子コーチ
グレアム充子コーチです。

 

中野コーチは日本フィギュア
スケーティングインストラクター協会
の理事もされています。

 

%e4%b8%ad%e9%87%8e_%e5%9c%92%e5%ad%90%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

 

同じく神戸出身の坂本花織選手
一緒に師事していますね。

 

%e5%9d%82%e6%9c%ac%e8%8a%b1%e7%b9%94_%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

 

二人は身近な友人・仲間であり
ライバルでもありますから、
お互いの存在が刺激になっているでしょう。

 

中野コーチの門下生は最近レベルが
上がってきていると注目されています。

 

今後の二人の活躍に期待です!

 

家族や彼氏について

三原選手のご両親について
気になりましたが、今のところ
情報はありませんでした。

 

ですがスケートはお金がかかりますし、
病院にも通っているので
ご両親のサポートがなければ
スケートを続けるのは難しいでしょう。

 

練習もハードなので
ご家族も三原選手の体が心配でしょうね。

 

それでも送り迎えなどできることは
やってあげているように思います。

 

また、彼氏についての情報も
今のところは特にありませんでした。

 

スケートに対して真剣な選手ですし、
今は病気のこともあるので
あまり恋愛という気分には
ならないかもしれませんね。

 

ですがそんな三原選手を
支えてくれるような相手がいればとも思います。

 

まだまだ若い選手なので、
こういった浮いた話が出てくるのは
もう少し先のことでしょうけれど。

 

今は病気ともしっかり向き合って
納得のいく滑りができるように
なってほしいですね。

 

今後も応援しています☆