こんにちは♪

 

世間は、すでに東京五輪に意識が向かっていますが、
リオデジャネイロ五輪での女子レスリングの
活躍には、思わず泣いてしまいました!

 

リオでのメダルの数は素晴らしいものでしたが、
東京オリンピックに向けて
期待の星と言われている選手がいるんです!

 

それが、宮原優選手です!

 

今回は宮原優選手について紹介していきます♪

 

プロフィール

名前:宮原優(みやはらゆう)
生年月日:1994年4月27日
出身地:富山県高岡市
身長:158cm
所属:東洋大学
階級:51㎏級

 

主な戦績

48kg級での戦績
2014年 - ジュニアクイーンズカップ 優勝
2014年 - 全日本選抜 2位
2014年 - 世界ジュニア 優勝
2014年 - 全日本レスリング選手権大会 2位
2015年 - ヤリギン国際大会 3位
2015年 - ワールドカップ 優勝

53kg級での戦績
2016年 - 全日本選抜 3位
2016年 - 全日本学生レスリング選手権大会 2位
2016年 - 全日本レスリング選手権大会 2位
「Wikipediaより引用」

 

スポンサードリンク

 

競技を始めたきっかけは?

宮原優選手がレスリングを始めたのは、
小学校2年生の時でした。

 

宮原優選手のお父さんが経営をしている
「MIYAHARA GYM」で始めたそうです。

 

お父さんは元々レスリングの選手だったのですね!

 

そうでなければ、なかなかレスリングを始める機会って
なさそうですもんね~。

 

2008年の中学校2年生の時に、
「JOCエリートアカデミー」に一期生として
入学をします。

 

「JOCエリートアカデミー」とは、
日本オリンピック委員会が有望選手を集めて
エリート教育をする全寮制の場所みたいですね。

 

ということは、宮原優選手は
中学校2年生の時点で
レスリング界のエリートだったというわけです!

 

しかし、寮に入ったので、
まだ14歳ぐらいの時に親元を離れて
東京に出てきたということになります。

 

ホームシックとか大丈夫だったのでしょうか?

 

ちなみに、宮原優選手の出身校は、
中学校は北区立稲付中学校
高校は安部学院高校であり、
大学は東洋大学に在学中です。

 

父親と母親について

先ほど宮原優選手のお父さんについては
少し書きました。

 

お父さんである宮原稔さんは、
ジュニアレスリングクラブとしては高岡市内でも
中心的なジムを経営しています。

 

ジムの名前は「MIYAHARA GYM」と言い、
富山県高岡市横田にある、
高岡商業高校のレスリング場を練習の拠点に
しているそうです。

 

お父さん自身もレスリングを経験しています。

 

実績は、昭和58年の国民体育大会で、
少年グレコ48㎏級で優勝しています。

 

現在も自分のジムの他、
高岡市のレスリング連盟事務局長であり、
日本の女子レスリング中高生選抜チームの
監督もしています。

 

このMIYAHARA GYMには、
前回リオ五輪で金メダルを獲得している
登坂絵莉選手も通っていました。

 

結構存在感のあるジムだったんですね!

 

ちなみに、宮原優選手の
お母さんの情報はありませんでした。

 

しかし、これだけアクティブな
旦那さんと娘さんを支えられているということは
ドンと構えた優しいお母さんなのでは
ないでしょうか??

 

彼氏や性格をチェック

宮原優選手の彼氏の有無についても
気になりました。

 

見た目も可愛いし、現役の大学生なので
恋愛もしたいんじゃないかなあと思って
調べてみましたが、
今のところ情報はないですね。

 

ただ、なんと宮原優選手は
ロシア語が話せるんです!

 

高校2年生の時に、独学で始めた
そうなのですが、今では読み書きや
日常会話は困らないレベルだということです。

 

ということは、
彼氏は日本人だけに限らず、ロシア人の彼氏も
ゲットできる可能性があるということですよね!

 

独学でロシア語をマスターしていることから、
努力家なのでしょうね。

 

ちなみに、ロシア語を始めた理由は、
国際試合でロシア語を話す選手が多いから
だそうです。

 

知れば知るほど真面目なタイプだという
印象です!

 

まとめ

今回、宮原優選手について
紹介しましたが、
知れば知るほど頑張り屋さんの
応援したくなる選手ですよね。

 

東京五輪に向けて、
まだまだ現役の先輩たちも
たくさんいる中、是非宮原優選手には
活躍してほしいと思います!

 

読んで頂きありがとうございました♪