こんにちは♪

 

桜も少しずつ咲き始め、
いつお花見をしようかなあなんて
考えているこの頃です♪

 

さて、あったかいとスポーツを
やりたくなりますが、
皆さんはプロゴルファーの
香妻陣一朗選手を知っていますか?

 

2歳年上のお姉さんは、
有名なプロゴルファー
香妻琴乃さんなんです。

 

今回は、そんな姉弟で活躍している、
香妻陣一朗選手について
紹介していきます!!

 

プロフィール

名前:香妻陣一朗(こうづまじんいちろう)
生年月日:1994年7月7日
出身地:鹿児島県
血液型:A型
身長:165cm
体重:71kg
所属:フリー

 

主な戦績

アマチュア時代

2012年日本アマチュアゴルフ選手権3位
2012年九州アマチュア優勝
2011年全国高等学校ゴルフ選手権2位

プロ転向後

2013年 Novil Cup 8位
2016年9月 チャレンジ初優勝。
2016年10月 マイナビABCチャンピオンシップ 4位

※日本ゴルフツアー機構公式HPより抜粋

 

スポンサードリンク

 

競技を始めたきっかけは?

香妻陣一朗選手がゴルフを
始めたのは、2歳の時でした。

 

え、2歳!?

 

2歳ってまだ赤ちゃんらしさも
残っている時期ですよねww

 

そんな中でゴルフクラブを
握っていたとは・・・

 

やはりプロになる方は違います。

 

お姉さんの香妻琴乃さんと一緒に
横峯さくらプロの父親が運営する
「めだかクラブ」に入り、
練習を始めた香妻陣一朗選手。

 

競技に参加するようになったのは
小学校の頃からなのですが、
この頃からプロを
目指すようになったそうです。

 

小学校の時の夢をしっかり
叶えるところがさすがですね。

 

その後、中学2年生の時に
故郷の鹿児島県を離れ、
宮崎県に移り住みました。

 

そして、高校卒業まで
日章学園に在籍をしていました。

 

2012年の高3の時に、
九州アマで優勝、
日本アマでは3位になり、
松山英樹さんと共に
世界アマの代表に選ばれました。

 

そして同年、11月にプロに転向しています。

 

プロになってからはさらに成績も良く、
才能があることを証明しています。

 

姉や父親が話題!

はじめに書きましたが、
香妻陣一朗選手のお姉さんは
プロゴルファーの香妻琴乃選手です。

 

 

1992年生まれで、
香妻陣一朗選手の2個上ですね。

 

同じスポーツをしているだけでなく、
高校も日章学園を出ていて同じなんです!

 

3歳からゴルフを始めており、
お父さんから指導を受けている
可愛らしい方です♪

 

そして、その2人のお父さんが
香妻尚樹さんです。

 

このお父さんが2人を
プロのゴルファーに育て上げた
のですが、日章学園の
ゴルフ部設立にも多大な
貢献をしたらしいです!

 

香妻陣一朗選手を2歳から教え、
姉弟が行く高校でゴルフ部を創る父。

 

かなりのスパルタだったのではないでしょうかww

 

でも、そのおかげで2人とも
プロになることが出来たんですね!

 

彼女や性格について

香妻陣一朗選手がどういう方なのか、
性格や彼女の有無が気になり調べると、
なんだか親しみやすさを感じる方でした!

 

彼のツイッター(@jinkozuma)を覗くと、
素の部分が見えてきます♪

 

見ていると、なんとなく
若者らしさを感じます。

 

性格は明るく感じますが、
ゴルフのことになるとやはり真面目。

 

そんな中で彼女の
情報は見つかりませんでした。

 

恋愛をしたい年頃だとは
思うのですが、今はゴルフを
やっている方が楽しいのかもしれませんね。

 

ゴルフに真剣な部分も、
素の若者らしさも受け止められるような
気の合う彼女が見つかるといいですね♪

 

まとめ

ここまで、香妻陣一朗選手について
紹介してきましたが、
順調にプロ転向からも成績を
残せている選手なんですよね。

 

2020年の東京五輪では、ゴルフが
競技種目になっているので、
ぜひ香妻陣一朗選手の姿を
オリンピックで見たいと思います!

 

ここまで読んで頂き
ありがとうございました♪