未分類

入江陵介(りょうすけ)の水泳の成績や出身大学は?彼女や結婚について

イケメンで文武両道と言われている入江陵介(いりえりょうすけ)選手。

これまでオリンピックにも出場していますし、沢山の成績を残してきました。

水泳歴が長いこともあり、沢山のファンもいます。

今回はそんな彼のことについてまとめていきますね。

プロフィール

  • 名前:入江 陵介(いりえ りょうすけ)
  • 生年月日:1990年1月24日
  • 出身地:大阪府出身
  • 身長:178cm
  • 体重:64kg

主な戦績

  • 2005年高校総体(1年)
    200メートル背泳ぎ 優勝
  • 2006年日本選手権
    200メートル背泳ぎ 日本高校新記録(当時)
  • 2006年パンパシ水泳
    200メートル背泳ぎ 4位
  • 2006年12月アジア大会
    男子200メートル背泳ぎ 優勝
  • 2007年1月28日KONAMI OPEN 2007
    男子200メートル背泳ぎ 日本高校新記録(当時)
  • 2007年日本選手権
    200メートル背泳ぎ 高校新記録(当時)初優勝
  • 2008年1月27日KONAMI OPEN 2008
    男子200メートル背泳ぎ アジア・日本新記録(当時)
  • 2008年日本選手権水泳競技大会
    男子200メートル背泳ぎ 優勝
    (北京オリンピックへの出場が内定)
  • 北京オリンピック男子200メートル背泳ぎ 5位
  • 2008年11月短水路ワールドカップ
    200メートル背泳ぎ 3連勝
  • 2009年世界水泳選手権
    200メートル背泳ぎ 銀メダル
  • 2010年パンパシフィック選手権
    200メートル背泳ぎ 銅メダル
  • 2010年アジア競技大会
    50メートル背泳ぎ 銀メダル
    100・200メートル背泳ぎ 金メダル
    400メートルメドレーリレー金メダル
  • 2011年世界水泳選手権
    100メートル背泳ぎ 銅メダル
    200メートル背泳ぎ 銀メダル
  • 2012年ロンドンオリンピック
    男子100メートル背泳ぎ 銅メダル
    男子200メートル背泳ぎ 銀メダル
    400メートルメドレーリレー 銀メダル
  • 2014年パンパシフィック選手権
    100メートル背泳ぎ 金メダル
    200メートル背泳ぎ・400メートルメドレーリレー 銀メダル
  • 2014年アジア競技大会
    50メートル背泳ぎ 銀メダル
    400メートルメドレーリレー 銀メダル
    100・200メートル背泳ぎ 金メダル
  • 2014年世界短水路選手権
    100メートル背泳ぎ 銅メダル
    200メートル背泳ぎ 4位

Wikipediaより引用

中学生のころから背泳ぎに力を入れ、ぐんぐん成績を伸ばしています。

オリンピックの出場も数回経験があり、入賞したことも!

パンパシ水泳のHPではこのように紹介されていました。

高校時代から代表選手として活躍し、日本の背泳ぎを牽引し続ける入江陵介(イトマン東進)。

200mでは日本選手権10連覇(2011年代表派遣選考会も含む)という偉大な記録を持ち、長く歴代の世界のトップスイマーたちとしのぎを削ってきた。

ライアン・マーフィーやマット・グレバース(ともにアメリカ)、ミッチェル・ラーキン(オーストラリア)らを相手に、世界一美しいと称された泳ぎを武器に、自身4度目のパンパシ水泳に臨む。

絶賛ですね!世界中から注目されている選手です。

学歴や成績がすごい!

  • 出身小学校:大阪市立天王寺小学校
  • 出身中学校:大阪市立天王寺中学校
  • 出身高校:近畿大学附属高等学校
  • 出身大学:近畿大学法学部

彼が水泳を始めたのは本当に早く、0歳のベビースイミングからでした。

生まれたばかりの赤ちゃんは誰もが天才だといわれます。そんな時から水泳を始めている入江選手。

オリンピックにも何度も出場し、好成績を残しています。

更に、水泳だけでなく近畿大学附属高等学校時代の成績は常にトップクラス!

文武両道でしかもルックスも良い!そんな入江選手には当時からマスメディアで報じられることも多かったんです。

ちなみに高校時代の成績は3年間オール5だったそうで、感動します。

スポーツも勉強もふつうだった私からすると、そんな全てにおいてトップを取るなんて事できるの!?という驚きも……。

メディアの前で、ペットボトルをおでこに乗せ、背泳ぎをテレビ朝日の中継で見せ、それからしばらくバランス王子と呼ばれていました。

現在はアメリカで自身の技術を高めています。

両親や兄について

小学2年生から兄が通うイトマンスイミングスクール玉出校に通い始めています。

お兄さんも水泳しているんですね。

そもそも、入江選手は兄の影響で水泳の世界ののめり込んでいったそうです。

お兄さんは入江晋平さん。

じつは、彼は晋平さんは全国レベルの大会でも何度も優勝しています。

そんなお兄さんの背中を見て育ってきたのでしょう。

父親は智英さん、母親は久美子さん、水泳に関してはすべてコーチに任せていましたが、ご飯を作ったり、お送り迎えをしたりと家族みんなで支えていました。

彼女や結婚について

彼女が居るのか調べていると、さすが海外で暮らしていただけあって、外国の方とお付き合いしていたなんて噂が飛び交っています。

その県に関しては審議がはっきりしませんが、英語は結構話せるイメージです。

Twitterに英語で書くあたり、海外の友達が多いんだなと感じますね。

やはり彼女は海外のちょっと気の強い女性でしょうか。

そんな入江選手ですが結婚願望は結構あるみたいで、好きなタイプの女性は「引っ張ってくれる女性」だそうです。

やっぱり海外の女性があっているのかもしれませんね。

結婚式に呼ばれると、タキシードに喜ぶ可愛らしい姿も。

結婚式を早く上げたい!という思いがあるんでしょう。

もうすぐ30代で男性としてもモテモテの時期が到来しますので、ぜひその時に素敵な彼女、そしてお嫁さんをゲットしていただきたいです。

まとめ

イケメンと注目をもともと浴びていた入江選手、大きな戦いに出て成績を残していますので、今回も楽しみです!