テニス

穂積絵莉の病気はバセドウ病?症状やテニスへの影響はあるのか

女子テニスプレイヤーである穂積絵莉(ほづみえり)選手が実は「バセドウ病」だったということが明らかになりました。

  • バセドウ病ってどんな病気なの?
  • 穂積選手はテニスを続けられるの?
  • どんな症状が出るの?

と、応援する側からすると気になることは多いです。

今回は穂積選手の病気のことが気になる、大丈夫なんだろうか…と心配している方に対して、情報をまとめていきます。

しっかり理解を深めて上で応援できるようになりたいという思いからこの記事を書いています。

穂積絵莉のプロフィール


(↑写真右が穂積選手)

  • 名前:穂積絵莉(ほづみえり)
  • 出身:神奈川県平塚市
  • 生年月日:1994年2月17日
  • 年齢:24歳(2018年)
  • 身長:168cm
  • 体重:60kg
  • デビュー年:2012年

4大大会最高成績

シングル

  • 全豪:1回戦(2017)

ダブルス

  • 全豪:ベスト4(2017)
  • 全仏:準優勝(2018)
  • 全英:2回戦(2016)
  • 全米:3回戦(2016)

テニスで一番大きな全国大会の4大大会でも成績を残している穂積選手ですが、最近実は彼女はバセドウ病という病気だったということがわかりました。

このバセドウ病という病気はいったい一体どんな病気なのでしょうか?

穂積絵莉がバセドウ病って本当?

NHKニュースウオッチ9で本人がバセドウ病だということを告白しました。

病気を告白した理由は、「同じくこの病気に悩んでいる方々にも頑張って欲しい」という思いからでした。

沢山のファンからコメントで「応援したい!」とツイートされています。

穂積選手は、「バセドウ病」と10年間戦っており、今でも戦い続けていることをNHKのインタビューで告白してくれました。

10年間、周りにあまり明かさずに一人で頑張ってきたのかと思うと、少し切ない気持ちになります。

10年間どのような生活を送ってきたのでしょうか?バセドウ病とはどんな病気なのでしょう。

バセドウ病ってどんな病気?

バセドウ病は、甲状腺の病気で、心臓に負担がかかったり、手足の震えやどうき息切れが起こり疲れやすくなったりするなどの症状が出る病気です。

テニスプレイヤーである穂積選手はもちろん激しい動きをしなければなりません。

心臓に負担のかかる病気は、スポーツ選手にとって不安ばかりでしょうし、選手生命にも関わってきます。穂積選手はこの病気と10年間ずっと戦ってきたのです。

バセドウ病の原因は?

バセドウ病の原因は甲状腺が腫れて、甲状腺ホルモン量の分泌が過剰になるからです。

そのため脈が速くなったり、眼球が突出しますし、女性に多くみられる病気です。

バセドウ病を発症する原因は、遺伝的要因と環境因子があります。 その環境因子の1つとして、タバコがあります。タバコを吸うとバセドウ病発病のリスクが吸わない方の3〜4倍にまで跳ね上がります。

タバコを吸わない方もバセドウ病になる可能性はありますし、女性は要留意です。

バセドウ病の症状の1つにバセドウ病眼症(甲状腺眼症)があります。

どういうことかとういと、バセドウ病眼症は眼の筋肉や脂肪組織、涙腺に炎症が起こり、眼球が突出したり、まぶたが腫れたり、視力が低下する恐れがあるのです。年々少しずつ表情にも変化が出てきます。

参照:https://sugu-kinen.jp

タバコはもちろん吸っていません。発病はまだ中学生の頃である14歳なのですから。

何故このバセドウ病に気づいたのか、またテニスをプレイする時の影響を調べてみました。

テニスへの影響は?

穂積選手は、14歳(中学3年生)の夏、テニスの練習中に具合が悪くなって病院へ行きました。

そこでこのバセドウ病ということわかり、それから症状を抑えるため毎日薬を服用することに…もちろん今でも薬を服用しているのです。

14歳なのでタバコを吸っていたからバセドウ病のリスクが上がったなんてことは考えられません。

14祭といえば女性としてホルモン的にも、精神的にも大きく変化する年頃です。

一途にテニスを頑張っていた穂積選手にとって、この病気になったことを知ったとき、どんなにつらい思いをしたことでしょう…しかし、それでも彼女は前を向いて、テニスを辞めずに今も成績を残し続けています。

しかし病気を抱えていると大変なこともあり、ツアー大会への出場で海外を転戦しているのですが、その大会の合間3か月に1回程度で帰国して、血液などの検査を受けなければなりません。

このバセドウ病を抱えてからも、テニスを頑張り、成績を残してこれたのは星奈津美選手(水泳)が大きく関わっています。

星奈選手がリオデジャネイロオリンピック競泳で2大会連続で銅メダルを獲得していた現役時に、代バセドウ病と闘っていると明らかにしました。

同じ病気である選手がオリンピックの地で戦っていることに勇気づけられ、テニスを頑張ってこれたんだとか。

そして、今回全仏オープンのダブルスで準優勝を果たした穂積選手は、当時の星奈選手が病気を告白し、同病の自分に勇気を与えたように、今度は自分がバセドウ病の方々に勇気と希望を与えたいと、病気のことを告白するに至ったのです。

「私が感じたように、同じ病気の人に自分が頑張ることで勇気を与える存在になりたいと思いました。私も病気ときちんと向き合って世界で活躍したいと思い、公表を決意しました」

穂積選手のコメントより

バセドウ病の有名人

同じくバセドウ病でも頑張っている方々が芸能界やスポーツ選手の中にもたくさんいらっしゃいます。

バセドウ病の有名な方はこちらです。

  • 絢香
  • 夏目雅子
  • 増田恵子
  • YOSHIKI
  • 星奈津美
  • 田中角栄
  • 美奈子(ビッグダディの元妻)
  • 岩崎宏美
  • 宮村優子
  • 山崎亮平
  • 篠崎彩奈(AKB48・チームK)
  • 小林歌穂(私立恵比寿中学)
  • 増田成幸
  • 山下拓実(MAGIC OF LiFE)
  • 安藤希
  • 非公表:本田圭佑

沢山の有名な方がバセドウ病と戦いながら沢山世に残るものを生み出しています。

これによって私も勇気づけられますし、もっと頑張らないとと背中を押されている気分にもなります!

まとめ

今回、沢山のバセドウ病で困っている方々のために、自身の病気のことを告白してくださった穂積選手。

バセドウ病の方だけでなく、その頑張る姿は多くの人たちの心を動かしました。私もその一人です。

これからは穂積選手を応援しつつ、私も自分のステージで彼女に負けないように頑張りたいと思います!