甲子園

吉田輝星(こうせい)の父親や母親の職業は?かわいい弟や祖父について

吉田輝星(よしだこうせい)選手は第100回全国高等学校野球選手権記念大会でスター選手となった方です。

プロ野球ドラフト緊急特番「お母さんありがとう」でも特集されました。

金足農業を見事に準優勝まで導き、将来についても注目を集めています。

最後の戦いは客席も盛り上がり、秋田からアマチュアの楽器団が応援にかけつけるほどでした!

とにかく盛り上がったこの戦い、結果は大阪桐蔭高校に破れましたが、チームを引っ張った吉田選手のファンは急増!

ぴよ太
ぴよ太
かっこいい吉田選手、彼の強さの秘密はここまで支えてくれた家族にあるんじゃないかな?

今回は、吉田選手をここまで支えた家族や、彼女がいるかについてご紹介していきます。

また、プロ野球ドラフト緊急特番「お母さんありがとう」の内容のご紹介いたします。

追記:吉田選手はドラフト会議で日ハムに選ばれましたね!おめでとうございます。

同じく「お母さんありがとう」で特集された選手の記事はこちらです。

→国指定の難病と闘い続けた平尾奎太選手
→偉大な祖父と親子3代で野球に打ち込んできた渡辺佳明選手
→母親の死を知らずして野球に打ち込んだ天理大学の田中秀政選手

吉田輝星のプロフィール

  • 名前:吉田 輝星(よしだ こうせい)
  • 生年月日:2001年1月12日
  • 出身地:秋田県秋田市
  • 血液型:O型
  • 身長:176cm
  • 体重:81kg
  • 所属:金足農業高校

主な戦績

  • 中3夏:県大会ベスト4
  • 高2:県大会決勝敗退
  • 高3春:県大会優勝
  • 高3夏:県大会優勝 甲子園出場

甲子園成績!

  • 1回戦:14奪三振
  • 2回戦:13奪三振
  • 3回戦:14奪三振
  • 4回戦:10奪三振
  • 準決勝:7奪三振
  • 決勝:4奪三振

その競技を始めたきっかけや学歴について

吉田輝星選手の父親もなんと金足農業高校の野球部でした!

小学1年生の頃から父親とキャッチボールするのが好きで、小学3年生の時に天王ヴィクトリーズで野球を始めるようになったのです。

当時の監督・河村正悦監督からみた吉田選手

河村正悦監督からみた吉田輝星選手はどんな選手だったのでしょうか。

甲子園に行く前には、天王ヴィクトリーズ監督の河村正悦さんに会いに行くほど今も関係が深い二人。

河村監督にインタビューした時の発言が残っています。

「ピッチングについては思い切りがいいピッチングをする子で、色々な事に全力で向かう姿勢もありました。

野球に対する熱というか、熱さとか、そういったものを凄く感じる子でした。将来楽しみな選手になるだろうという気持ちはあった。

やはりピッチャーはストレート勝負というのがあったので、小学生、中学生でグランドに来る度に、ストレートを磨きなさいと言葉をかけていた。

真っ直ぐで力強いボールで勝負するというのは、その時の指導が表れているのかなと思っていた。」

河村監督は吉田選手に将来性を感じていたんですね!

吉田選手は河村監督に対して、小学生の頃の指導に対して感謝をし、敬意を払っていました。

これは高校を卒業してからも目が離せません。

両親について

吉田輝星選手ご家族はこれまで吉田選手を陰ながら支えてきたのですが、どんな仕事をされているのでしょうか?

そのことに関して簡単にご紹介していきますね!

父親について

吉田輝星選手の父親・正樹(まさき)さんは金足農業高校の野球部でピッチャーをしていました。

県大会の決勝に進んでいますが、甲子園に出場していません。

吉田選手は、「父親が甲子園に行けなかったので甲子園に連れて行ってあげたかった」と話しています。

優しい息子さんですね。

父親も父親で、父母会長をされていて、母校のために、息子のために色々な仕事をしています。

仕事はいろいろされているということですが、調べてみると「会社員」と出ていました。

なんの会社までかは調べてもでてきませんでしたが、梨農家なので、そちらの方を手伝っているのでしょう。

そういう意味で、「仕事はいろいろしている」と言われているのでしょう。

また、ホントすごい縁だなと思う面白い情報もゲットしました!

なんと、金足農業の野球部の監督をしている中泉監督とは先輩後輩の中で、一緒に試合に出たこともあるのだとか!

中泉監督が先輩、お父さんが後輩ですね。

なんだか縁を感じますね〜。

母親について

吉田輝星選手はいま伸び盛りの高校生、やはり体つくりは基本ですよね!

それを支えてきたのは母親のまゆみさん(41歳)です。

吉田選手が朝5時には家に出て、21時に家に帰ってくるのであれば、それに合わせて料理を作ったり、栄養状況を考えたり、ドロドロの洗濯物を洗濯したり。

母の支える力は素晴らしいものですね!

そしてその感謝を忘れない吉田選手、家族みんなが仲良く、そこに支えられているんですね。

お仕事は梨農家の手伝いをやっているのではないかと予測しています。

ドラフト特番「お母さんありがとう」でのエピソード

高校に入ってから大学に行くつもりでしたが、自分の高く評価され、プロ野球の道に進みたいと思うようになりました。

しかし、それを両親に相談した時に、父親の正樹さんから「駄目だ」と言われたのです。

父親は野球をしていたからこそ、「しっかりと現実を見なさい」ということを吉田選手に伝え続けました。

礼儀正しい吉田選手を見ていると、ご両親もしっかりされている方という事がわかります。

  • プロになっても活躍できるわけではない
  • プロになれなかったろどうする?
  • みっともないところがあるが、プロになったらそういうところも見られるぞ

想定できる色々な最悪の場合を伝えていきます。それは子供が乗り越えて大きくなるための壁となっているように私には見えましたね。

しかし、高い壁だけ与えても子供は成長しません。

母親は吉田選手の夢をしっかりと応援したいという気持ちでささえていた母親のまゆみさん。

「何故プロになりたいのか、しっかりと考えなさい」

と諭としました。

そして父親には

「あの子の旬っていつなのかな?」

と伝えました。

「大学に行って、もっと人間と技術を磨いてからプロになればいい。

それでもお前は今プロになりたいのか?」

それに吉田選手は「プロに行きたいと」はっきり自分の気持を言葉にしました。

渡辺校長からは

「いっぱい悩んで決めた道なら、思いっきり突き進め。頭下げないといけない人がいるなら、私が頭下げますから」

その言葉でプロ行きが決まります。

正樹さんも

「お前の人生だ、お前の気持ちを尊重する」

と吉田選手の背中を押しました。そして、吉田選手は何日も家族で話し合い、プロ野道に進むことを決めたのです。

このような背景があったのですね。

ドラフト1位で日ハムに選ばれた時に少しハニカム程度でそこまで 喜んでいるように見えないという声もありましたが、最初の方に名前が出てこなかったので、本当に不安だったのだと思います。

あのハニカミは本当に安堵して嬉しかったからこその表情だったんですね。

弟が可愛い!

弟・大輝くんは現在小学5年生で野球をしていて、すでに直球100km出ます!顔もお兄さんにそっくり!

目標は「お兄ちゃんを超えること」可愛いですね!5年後に弟さんの活躍を見れるとおもうとワクワクして来ます。

弟さんは兄について「愚痴や不満を一切こぼさない」と語っていますが、ここから本当に兄を尊敬しているんだということが伝わってきます。

また秋田県を、日本を盛り上げてほしいです。

祖父も笑顔で応援!

また吉田選手にとって、祖父・理正さんの存在も大きいんです。

幼少期には「キャッチボールをいっしょにしよう」とせがむこともありました。

中学生になると、吉田選手は帰宅後の4キロのランニングを欠かしませんでしたが、夜道が怖いようで孫のあとを自転車で追いかけ見守り続けたエピソードなんかも!

理正さん曰く、今では最速150キロをだす吉田選手なので、「怖くてキャッチボールの相手はできない」のだとか…孫の大きくなった背中を見て、嬉しい半面、キャッチボールができなくて寂しいのかもしれませんね…。

ここまで立派に育ってくれたことに理正さんにとって自慢の孫であることは間違いないですよ!

彼女はいるの?

こんなに爽やかでイケメンの吉田輝星選手、彼女は絶対にいる!と思い調べてみました。

ファンの皆さんも気にしていますしね!

調べた結果、彼女の噂はなかったです。

ここまでは、野球一筋で歩んできたのかもしれませんが、甲子園の活躍をみて、惚れた女の子ファンも多いことでしょう。

爽やかで、目鼻だちもはっきりし、イケメンなので絶対にモテます!

エースでイケメン、優しそうな雰囲気も漂っているので、吉田選手の彼女になりたいと思う方…もしかしたら甲子園が終わった今の時期がチャンスかも知れません。

マウンドでは「俺が俺が」という感じですが、普段は「構って構って」と寄ってくるそうで、可愛い一面もあります。

小学生の頃からの仲の菅原天空選手は「取材されているときはシャイだけど、普段はずっと喋っていてうるさい」と話します。

また、カエルが苦手だったり夜道が苦手だったりと怖がりという意外な一面もあってギャップを感じます。

選手への応援メッセージ

甲子園の活躍で日本を盛り上げてくれた吉田選手。

初めて甲子園でプレーを見たとき、ピンチになっても最後は三振をとって点を与えないというギアの上げ方にすごく心が惹かれ、応援し続けたいと感じました。

また、センターの大友くんと交わすマウンド上でのサムライポーズは今でも忘れもしません。

あのルーティンこそが吉田選手の強さを生み出したのかなと思います。

そして、毎試合、毎試合、全力投球で、どんなに球数が多くなっても、手を抜かずに歌う全力校歌。

校歌を歌っている吉田選手に私はまた心打たれるのでした。「青春とはまさにこのことである」そうゆうことを金足農業の野球部から教えてもらったと思います。

今後、どのような進路に進んでも、吉田選手らしく、直球勝負で頑張って欲しいです。そして、そんな吉田選手を応援し続けたいです。