野球

藤原恭大の母親や実家の焼き鳥屋はどこ?兄や彼女についても

大阪桐蔭の4番・藤原恭大(ふじわらきょうた)選手。

今夏の甲子園ではバッターとしての活躍はもちろん、センターからのバックホームの返球の良さでも甲子園を沸かせました。

ぴよ太
ぴよ太
ドラフト指名間違いないといわれている藤原選手だけれど、その強さの秘密はどこに隠されているんだろう?

寮暮らしの藤原選手を支えてきた母親や、甲子園を同じように目指していた兄、そしてイケメンでモテモテの藤原選手の彼女について、ご紹介いたします。

プロフィール

  • 名前:藤原 恭大(ふじわら きょうた)
  • 生年月日:2000年5月6日
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 血液型:B型
  • 身長:181cm
  • 体重:80kg
  • 所属:大阪桐蔭高校

学生時代の主な戦績

  • 中学時代、枚方ボーイズのメンバーとして全国制覇を達成
  • 高校1年夏:
    7番センターでレギュラーを掴む
  • 高校1年秋:
    1番に抜擢。近畿大会ベスト4に貢献
  • 高校2年春:
    センバツ 優勝
    決勝戦・履正社戦では、本塁打2本、3塁打1本、2打点の活躍をみせる
  • 高校2年夏:
    甲子園出場
    U-18W杯メンバーに選出
  • 高校3年春:
    センバツ 優勝
  • 高校3年夏:
    甲子園 優勝
    4番バッターとしての存在感をみせ、春夏連覇に貢献

6歳のときに、兄が野球を始めたのをきっかけに藤原選手も野球を始めました。

小学生の時は「園和北フレンズ」に所属し、軟式野球をしており、「オリックスバファローズJr」のメンバーでもありました。

このオリックスバファローズJrは、何千人の中からたった18人しか選ばれない競争率の高いチームなんです!

藤原選手の凄さが当時から際立っていますね。

中学生になると、硬式野球チーム「枚方ボーイズ」に所属し、大阪桐蔭のキャッチャー・小園選手と1.2番として、チームを牽引し、全国制覇を達成!

また、中学のとき藤原選手はピッチャーだったそうで、球速140キロを投げることができたそうです。

え!それってすごくないですか!?中学生でこのスピードを出せる選手はなかなかいません。さすが藤原選手だと思います。

中学卒業後、大阪桐蔭に進学。

本当はPL学園に入学するつもりだったそうですが、PL学園が部員募集停止を決定したため、大阪桐蔭への入学を決断しました。

ロマンチックな言い方をするなら、藤原選手が大阪桐蔭高校に入学したのはこうなるための運命だったのかもしれませんね。

両親や兄弟について

父・忠成さんと母・道子さんとの間に生まれた藤原恭大選手。

母・道子さんによると、藤原選手はマイペースで自分のやりたいことをとことん貫いてきたんだとか。

これは野球においても同じだろうと考えられます。

きっと、野球に対してもとことん貫いてきたからこそ、今の藤原選手に繋がっているのでしょう。

藤原選手の親友の二人が、インタビューを受けているシーンもありました。

甘いのが好きなんて、なんて可愛らしいんでしょう!

藤原選手は、部屋の片付けが苦手というさらに可愛い一面もあります。

高校生らしい一面が分かり、親近感が湧きましたね!

おそらく汚れきった部屋をお母さんが部屋に入って、こっそり片付けている…なんて事もあっているのかも、そのシーンを思い浮かべると微笑ましく感じます。

お兄さんも野球選手

兄・海成さんは、PL学園野球部の所属していましたが、最後の部員の1人でした。少ない部員で目指した甲子園でしたが、惜しくも甲子園の土を踏むことはできなかったんです。

藤原選手がPL学園に進学しようと思ったのはお兄さんがいたからなんですね。

お兄さんが残念ながら甲子園の土を踏めなかったことに対して、藤原選手は「甲子園では打って、走って、兄の分まで大暴れする」と話しており、実際に甲子園での活躍は言葉どおりでした。

兄弟の絆の強さを感じます。

実家は焼き鳥屋?

ご実家は、大阪にある「炉羽庵(ロウアン)」という焼き鳥屋さんを営んでいます。

結構おしゃれな焼き鳥屋さんですね!

ここで、お父さんとお母さんが働いているのでしょう。

場所をしらべてみるとこのように出てきました。

2016年6月17日にオープンしたようで、地元のテレビでも紹介され、ちょっとした有名店になっています。

人気のオススメメニューは地鶏のタタキ!他にも女性も好きそうなメニューが沢山です。

安くて美味しい店なので、地元でそういえばこの店が近くにあるな!という方は行ってみてください♪

彼女はいるの?

大阪桐蔭は全寮制かつ外出禁止、携帯禁止とかなり厳しくなっております。ほぼ恋愛禁止状態であると思われます。

練習も非常に過酷なものなので、もし携帯電話を持っていても恋愛する余裕はないかもしれませんが…

しかし、ネット上ではすでに藤原選手のファンはたくさんいます。

イケメンですし、当たり前ですよね!

いつ見てもイケメン!!

小さい頃からモテモテだったんですね、それもなんとなく想像できます。

バッターボックスに立ったときは、まるでヒョウのように険しく真剣な表情ですが、試合後などチームメイトとコミュニケーションを交わしているときにみせる笑顔は女性の心を鷲掴みにします。

さらに、イケメンなだけでなく、筋肉もすごいと話題になっています。特に腕の筋肉が、みんなの心を虜にしているのです。

いつ彼女の噂がでてきてもおかしくないでしょう。

選手への応援メッセージ

藤原選手は守備範囲が広く送球も良い、打率も良く、足もかなりの俊足、さらにはイケメンという何事においても完璧な選手です。

小学生の頃から野球の才能が際立っていましたが、きっと才能が開花したのは負けず嫌いな一面があったからだと思います。

バッターボックスにたつ姿をみたときも負けたくないという気持ちが伝わってきました。

この負けず嫌いな気持ちが中学でも高校でも全国制覇を経験することに繋がったのでしょう。

野球でなくても、負けたくないという気持ちは何事においても大事だと思うので、私たちも藤原選手を見習っていきたいですね。

この完璧さにスカウト関係者もかなり注目しています。

さらに、高校2年のときにU-18W杯でチーム打率1位の結果を残し、メジャーからも注目を集めています。

藤原選手はおそらくプロ志望届をだすと予想されますが、どこの球団にいくのでしょうか。

考えるだけでワクワクしてきます。

個人的には、将来的にメジャーにいって、大谷翔平選手のように活躍してほしいなと思っています。

藤原選手なら、メジャーに行っても4番を打つようなバッターになってくれるでしょう。

期待を胸に、まずは今年のドラフトを楽しみに待ちたいです。