野球

根尾昴の両親や姉兄はエリート一家!スキーの実力や彼女についても

大阪桐蔭の二刀流根尾選手。甲子園では守備でも魅せ、ピッチャーとしてもマウンドを守り、バッターとしても本塁打を放つなど活躍をみせました。そんな高校野球ファンの心を鷲掴みにした根尾選手についてみていきましょう。

根尾昂のプロフィール

  • 名前:根尾 昂(ねお あきら)
  • 生年月日:2000年4月19日
  • 出身地:岐阜県飛騨市
  • 血液型:O型
  • 身長:177cm
  • 体重:75kg
  • 所属:大阪桐蔭

根尾選手の性格は?と聞かれたらとにかく「真面目」の一言につきます。

情報番組でもこのように取り上げられていました。

練習で毎日ヘトヘトのはずなのに、机に突っ伏すこともなく、真面目に授業を受けていますね。

試合の帰り、バスの中で寝ていた根尾選手に対して先生が「根尾も人の子なんだな」と思ったことに関しては笑いました!

後輩の手本となり、優等生となり、みんなから慕われる根尾選手。

真面目で一つのことに関してしっかりと向き合っていく姿が目に止まります。

学生時代の主な戦績

それでは根尾昴選手のこれまでの戦績についてご紹介いたします。

中学校時代

  • 野茂ジャパンとして、ロサンゼルス遠征に参加

高1秋

  • 秋季大会に4番ショートとして出場

高2春:センバツ 優勝

  • 決勝戦・履正社戦の最終回でリリーフ登板し、見事優勝投手になる

高2夏:甲子園出場

  • 2年生ながらにヒットを打つなど活躍をみせる

高3春:センバツ 優勝

  • 2回戦・明秀学園日立戦でピッチャーとして出場し完投勝利
  • 決勝戦・智弁和歌山戦では、バッターとして4打数2安打2打点、ピッチャーとしては9回2
  • 失点の好投。2年連続春のセンバツ優勝投手となる。

高3夏:甲子園 優勝

  • 2回戦・沖学園戦、4回戦・浦和学院戦、決勝戦・金足農業戦でホームランを放つ。
  • 大阪蔭を見事春夏連覇へと導く

野球を始めたのは小学2年生の時。当時、お兄さんが野球をしており、その影響で野球を始めたんです。

小学生の時には、中日のジュニアチームに所属しており、当時から128キロという剛速球を投げていました。

小学生にして、高校野球のピッチャーの平均125キロを上回っています!

中学では、飛騨高山ボーイズという少年野球のチームに所属していました。中学の時には、すでに球速146キロに達していたそうです。野茂ジャパンに選出されるほどなので、かなり注目選手であったことがわかります。

学業についてはどうでしょう。

なんと、根尾選手は成績も良く中学時代はオール5で生徒会長をしていたそうです。
まさに文武両道のお手本と言えますね。

両親について

根尾選手のご両親、父・浩さんと母・実喜子さんは地元で診療所を経営する開業医です。

父の浩さんは白川郷のある白川村出身。兵庫や県立の病院勤務を経て現在は飛騨市宮川診療所に常勤医として勤めています。

一方の母・実喜子さんは兵庫県たつの市出身で、隣町の河合診療所の常勤医です。

お二人は、自治医科大学の医学部の同級生であるそうで、その時から付き合ってたかは分かりませんが、何らかのきっかけにはなっていたかもしれませんね。

兄と姉について

野球を本気でやるなら専攻で「物理を取るべきなのでは?」といアドバイスしたお兄さんとお姉さん。

学問に重きをおいているご兄弟という感覚ですね。

兄・学さんは3個上。現在岐阜大学医学部に通っています。やっぱり頭がいいんですね…。

岐阜大学医学部の偏差値は68.5ということで、かなり優秀であることが伺えます。

学さんは根尾選手が野球を始めたきっかけとなる方で、斐太高校のピッチャーを務めていました

県大会の準優勝で惜しくも甲子園出場にはなりませんでしたが、エース学さんの活躍があったことは間違いありません。

姉・春陽さんは現在22歳。富山大学の医学部看護学科を卒業し、看護師として働いているようです。

根尾一家の秀才さが素晴らしすぎて、言葉にできません。

彼女はいるの?

大阪桐蔭が優勝し、根尾昴選手もたくさんの情報番組に取り上げられ注目が集まっています。

勉強ができて、真面目で一途。

そしてたまに出る天然!上の写真の仕草は雨が降ってきたのかなってシーンでしょうか?可愛すぎるっ!!

率先して自分からグラウンド整備をしたり、自分に厳しかったり、素直にアドバイスを聞いてくる彼には、絶対に素敵な方と結ばれてほしい!と強く願います。

調べた結果、根尾選手には彼女はいないようで、そもそも大阪桐蔭の野球部は寮生活。

携帯を持つことも禁止されており、外出できるのも1ヶ月に1回のスーパーやコンビニでの買い物だけです。

それも学校のバスで移動するので、勝手な行動はできません。

使える金額も決まっており、1年生は500円、2年生は1000円、3年生は1500円となっています。

高校生のデートといえば、映画を観たり、ご飯を食べに行ったり、公園でおしゃべりしたりというのが想像できますが、大阪桐蔭 野球部のこの環境下では厳しいことが分かります。

今は野球が彼女みたいなものかもしれませんね。

もし、根尾選手に彼女ができたとしたら、彼女像として、優秀でキレイな感じの彼女がお似合いではないかと思います。

根尾昴選手の凄さは野球だけじゃない!

野球の上手さが人並みではないことは分かっていただけたと思いますが、根尾選手の凄さは野球だけではありません。

小学5年生の時には、陸上の100mでなんと全国2位に輝いています。

小学6年生の時には、ソフトボール投げで88m92cmという歴代1位の記録をマークしました。

さらに、スキーでは小学生時代からジュニアオリンピックの岐阜大会で優勝し、全国大会に出場しています。中学生時代には、全国中学スキー大会アルペン回転で優勝しました。

根尾選手の凄さが人並みではないことは分かってもらえると思います。

大阪桐蔭の監督・西谷監督によりますと、遠征帰りの疲れているときでも投球の極意などを読んでいたりするそうです。

たまに寝ている姿を見ると、「根尾さんも人間なんだ」とホッとすると西谷監督は話しています。

監督が「さん付け」するほど、根尾選手は優等生な生徒なのですね。

選手への応援メッセージ

大阪桐蔭というスター軍団の中でも、高1からスタメンを獲得している根尾昴選手。

日々、どれほど練習しているんだろうか、私には想像できません。

また、スポーツと勉強の両立なんて、簡単にできるものではないですし、練習後はどうしても疲れてしまって、勉強する気にはなりません。

朝練後の授業は眠気との戦いです。

しかし、根尾選手は全てを中途半端にせず完璧にこなしています。

きっと自己管理もしっかりできているからこそ、やり遂げられることで、人として尊敬します。

もし、根尾選手が進路としてプロを希望するならドラフト1位指名間違いないでしょう。ス

トイックな根尾選手なので、プロでの活躍もかなり期待できます。まだまだこれからも根尾伝説を応援していきます!