バレー

荒木絵里香と旦那との馴れ初めや子供について!母親や父親も協力的?

女子バレーボール日本代表の荒木絵里香(あらき えりか)選手は、母親のバレー選手としても有名で、旦那や子供と一緒にテレビに映っていたこともありました。

ぴよ子
ぴよ子
荒木選手のご両親も育児にすごく協力的って聞くけど、日本代表しながら母親って大変なんじゃないのかな?

今回はそんな荒木選手のご両親や旦那、娘さんのことについてご紹介していきます。

荒木絵里香のプロフィール

  • 名前:荒木絵里香(あらきえりか)
  • 現在姓:四宮(しのみや)
  • 愛称:エリカ
  • 生年月日:1984年8月3日
  • 年齢:34歳
  • 出身地:岡山県倉敷市
  • 身長:186cm
  • 体重:79kg
  • 血液型:O型
  • 所属:トヨタ車体クインシーズ
  • ポジション:ミドルブロッカー
  • 指高:239cm
  • 利き手:右
  • スパイク:307cm
  • ブロック:298cm

出身校

  • 市立菅生小学校(すごうJVC)
  • 市立倉敷北中学校
  • 成徳学園高等学校(現・下北沢成徳高等学校)

小学校5年の時にバレーボールを始めました。当時から身長が高く、174cmもありました!確実に一番うしろに並ぶくらいの身長の高さですね。

中学時代にはアクエリアス杯の選抜メンバー、オリンピック有望選手に選出され、成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)では、大山加奈選手らと共に、春高バレー・インターハイ・国体優勝の高校3冠を経験しました。

これまでの経歴

  • 2007/08プレミアリーグ:MV・スパイク賞・ブロック賞・ベスト6・Vリーグ日本記録賞(スパイク部門)
  • 2008年:北京オリンピック・ベストブロッカー賞
  • 2009/10プレミアリーグ:スパイク賞・ベスト6
  • 2010年:第59回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 ベスト6
  • 2010/11プレミアリーグ:ベスト6
  • 2011/12プレミアリーグ:MVP・ベスト6・ブロック賞・Vリーグ栄誉賞(個人賞8回)
  • 2012年8月:
    岡山県県民栄誉賞
    岡山県スポーツ特別顕彰
    倉敷市市民栄誉賞
  • 2012/13プレミアリーグ:敢闘賞・スパイク賞・ブロック賞・サーブ賞・ベスト6
  • 2014/15プレミアリーグ:ブロック賞・Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)
  • 2015/16プレミアリーグ:ブロック賞
    岡山県スポーツ特別顕彰
  • 2016/17プレミアリーグ:ブロック賞
  • 2017/18プレミアリーグ:ブロック賞

旦那と仲が良い

  • 名前:四宮洋平(しのみや ようへい)
  • 生年月日:1978年12月8日
  • 名前:39歳
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 身長:178㎝
  • 体重:90㎏
  • 血液型:A型

これまでの経歴

  • 桐蔭学園中学時代にラグビーを始める
  • 桐蔭学園高校3年時に花園に出場
    ベスト16入りを果たす
  • 関東学院大に進学
    1年生からレギュラーで活躍
  • 卒業後、ヤマハ発動機入社。
  • 2003年:日本代表に選ばれる
  • 2004年:ヤマハ発動機退社
  • 2005年:南アフリカのプロチームと契約(日本人初)
  • 海外のチームで現役選手として活躍する
  • 2013年12月:現役を引退
    東京フェニックス・ラグビークラブ監督に就任
  • 2015年:ブルーシャークスのBKコーチに就任

ラグビーの日本代表とバレーの日本代表の選手が一緒になったのは何故なのでしょうか?その馴れ初めについても後ほどご蒸解していきますね。

たまに、荒木選手と四宮選手はすでに離婚しているという噂を耳にしますが、不確かな情報です。

おそらくお互いに素晴らしいスポーツ選手であるがゆえに、海外に滞在したり、家に帰るのが遅くなったりと、家族の時間がずれてしまったのがその噂が流れた理由なのかもしれませんね。

また、お互いのことをSMSに載せていないのも、仲が悪いのではないかというイメージに繋がってしまったのではないでしょうか。

四宮さんは荒木選手のTwitterをリツイートしているのは見かけます。

荒木選手の誕生日おめでとうのメッセージをリツイートしていましたよ。

Twitterを見ているとリツイートが多く、本人からの発信はそこまでありませんでした。

しかし、娘の和香(わか)ちゃんが産まれると、その時の感想とこれからの意気込みをTwitterに載せていました。

毎年誕生日前後には家族でお祝いをしているのですね!

お互い忙しい身で、なかなか時間があわず家族の時間を過ごせないのかもしれませんが、一緒に過ごせるときはその時間を大切にしていると思います。

テレビ放送では、夫婦二人で仲良く過ごしている様子が放送されました。

四宮選手は海外出張が多いですし、荒木選手もたくさん合宿や遠征に行っているので時間はあわないことが多いですが、お互い支え合う仲良し夫婦です。

二人の馴れ初めは?

荒木絵里香選手と四宮選手はバレーとラグビーで全然違う種目のスポーツ選手でした。

何故この二人は巡り合ったのでしょうか。

2人の出会いは2011年の夏にあったアスリートの選手達が集まる食事会、「アスリート会」でした。

このアスリート会で二人が仲良くなった理由は、四宮選手の友人にバレーボール選手が多いからです。

荒木選手と四宮選手は自然と話すようになり、また、荒木選手の父親は早大ラグビー部出身で、荒木選手自身もラグビーとの縁が深く、四宮さんが荒木さんの試合を応援に行くなど交流が続き交際に発展したんです。

娘も生まれて家族3人で生活していく中で、日本代表に選ばれた荒木選手。

素直に嬉しかった反面、自分が合宿や遠征のたびに、旦那や親や娘に負担をかけるのではないかと不安に思っていたようですが、そんな荒木選手の背中を押してくれたのは旦那でした。

「アスリートなんだから、トップを目指すのは当たり前でしょ。全日本に呼んでもらえて、何で行かないの? そんなの悩むことじゃない。行くでしょ」

結婚した今、娘のこともあり、自分だけの力でなく、旦那と力を合わせてバレート育児の両立をしているのですね。

娘が可愛い!

娘の名前は四宮和歌(わか)ちゃん。2018年1月21日で4歳になりました。

ワールドカップの時には小学生になる歳ですが、まだまだ小さい和香ちゃん、その笑顔でお母さんとお父さんを癒やしています。

毎年誕生日前後には家族でお祝いをしているのですね!

ただ、ご両親が忙しいので、誕生日ぴったりの日に祝えないこともあるみたいです。

母親は日本を代表するバレー選手、父親はラグビーで海外にも行く忙しいコーチ、そんな二人の間に生まれた和香ちゃんですが、ご両親の帰りが遅くなり寂しい思いをすることもあるでしょう。

お母さんが出ていくのに、泣いて「行かないで〜」ということもあったとか…しかし、そこで協力してくれているのが、荒木選手のご両親です。

ご両親も育児に協力的?

荒木絵里香選手の父親は早稲田大学ラグビー部のOB、母親は体育教員という体育会系の一家に生まれ育ちました。

幼いころから、水泳クラブや陸上クラブに通い、体育は得意という荒木選手、高い身長も遺伝なのでしょう。

  • 父親:博和さん
  • 母親:和子さん

元ラグビー選手で、大学や社会人リーグでもプレーした夫の博和さんと、中学の体育教師だった和子さんは1983年に結婚し、和子さんは教師を退職しました。

それ以降、専業主婦として家族をサポートしてくれる存在となりました。

「絵里香にはいろいろなことをやって、いちばん合うものを選ばせたい」と、幼い頃は水泳や陸上、バレーボールなどさまざまなスポーツをさせています。

その経験から、荒木選手はバレーボール一筋でやりたいと思うようになったのでしょうか。

その良さを知るのであれば、それ以外のものを知ることも大切ですよね。

荒木選手が忙しく、四宮さんも海外出張が多い中で、二人と和香ちゃんを支えているのはお母さんです。

お母さんである和子さんは和香ちゃんのベビーシッターを引き受けていたのですね。

家族3代で力を合わせてこれからも頑張ってください!

荒木選手へ応援メッセージ

3度目の五輪で金メダル獲得を目指す荒木選手を同世代の目線で応援しています。

あまりの忙しさに体調を崩したこともありますし、子育てとバレーの両立は大変だと思いますが、家族で協力して頑張ってください!