駅伝

山本修二(東洋大学)はイケメン3兄弟!出身高校や彼女についても

2017年の出雲駅伝・全日本大学駅伝で見事な走りを見せ、東洋大学のエースとなった山本修二(やまもとしゅうじ)選手。

ぴよ太
ぴよ太
そういえば、2017年の箱根駅伝では区間賞も獲っていたよね!

大学に入り大きく成長が見られる選手の一人ですので、山本選手のことが気になっている方も多いことでしょう。

今回は、同じく陸上競技に励んでいるお兄様2人についてや、兄弟の夢だった兄弟でのタスキリレーのエピソードについてご紹介いたします。

また、これまでの経歴や「彼女はいるのか?」などのプライベートな情報もわかる限りお伝えしていきますね。

山本修二選手ってどんな人?

今や東洋大学のエースである山本修二選手ですが、意外にも中学時代・高校1年生の時は目立った成績を残しておらず、高校2年生から駅伝やトラックで数々の成績を残しました。

高校卒業後は駅伝の強豪、東洋大学に進学。

1年生時から同学年の小笹涼選手と共に頭角を表し、2015年4月に10000mで29分12秒72、10月に5000mで14分10秒56の自己記録をマークしています。

ぴよ太
ぴよ太
記録を見ても大学に入ってから一気に成長したのが分かるね!

2016年の箱根駅伝では8区を走りましたが、トップとの差の広げてしまい1時間06分32秒と区間9位となり、チームは準優勝に終わります。

同年11月に開催された全日本大学駅伝ではアンカーを任され、何とかシード権獲得しましたが、結果は悔しいものとなりました。

決して最初からエースとは言えなかった山本修二選手ですが、今ではその努力が実を結び、兄弟の絆や思いも成長に繋がったのかもしれません。

山本修二選手のプロフィールや出身高校について

名前    山本修二(やまもとしゅうじ)
生年月日  1996年8月17日
出身    広島県
身長    174cm
体重    54kg
血液型   O型
中学    昭和北中学校(広島)
高校    遊学館高等学校(石川)
特技    フラフープ

山本修二選手の出身高校は石川県金沢市にある私立遊学館高等学校です。

高校時代の主な成績は、石川県男子駅伝競走選手権大会で2回区間賞獲得、石川県高等学校陸上競技対校選手権1500m・5000m優勝です。

2016年の全日本大学駅伝でゲスト解説をした服部勇馬選手の話によると、上りが得意ということから、箱根駅伝では山登りの5区のチーム最有力候補とも言えます。

それでは、山本修二選手に大きな影響を与えたお兄様2人をご紹介いたします。

イケメン兄2人も東洋大学の陸上部だった!

山本修二選手は4人兄弟で、兄2人と姉1人がいる末っ子です。

イケメン3兄弟ということで、ファンの間ではかなり有名ですね!

長男である憲二さんはマツダにて陸上を続けていますが、次男の信二さんは現在陸上は引退されています。

ぴよ太
ぴよ太
憲二さんの同級生には、あの山の神”柏原竜二”選手がいたんだよね!

そんな偉大な憲二さんの影響で、弟2人は陸上を始めたそうです。

憲二さんもさぞ嬉しかったでしょうね。自慢の弟たちだと思います。

さらに弟2人は、大学の駅伝で大きな夢を掲げます。その夢とは一体何だったのでしょう。

弟2人の夢とは?酒井監督の優しさが分かるエピソードを紹介!

「偉大な兄の母校である東洋大学に入り、箱根駅伝での兄弟タスキリレーを果たすこと」

夢を叶えるため、信二さんと修二選手は東洋大学陸上部に入り、日々練習を重ねました。

しかし、修二選手は1年生の時から箱根駅伝に出走していましたが、信二さんは出走できませんでした。

そして信二さんが4年生の箱根駅伝、出走する最後のチャンスになった2016年夏合宿ごの秋のことです。

信二さんは、右足大腿骨を疲労骨折してしまったのです。

ぴよ太
ぴよ太
ええっ!?箱根駅伝はどうなるの!?

箱根駅伝までは残り2ヶ月だったため、出走は絶望的でした。

そして2017年箱根駅伝、信二さんは裏方として選手をサポートしますが、こんな思いが隠されていました。

チームが勝つためには、外れた選手が積極的にサポートした方がチームの雰囲気が良くなるんじゃないか。

そこで出走する選手の腕に「その1秒を削り出せ!」と書いていきます。

それ以来、この言葉は東洋大学のスローガンとなりました。

もちろん弟の修二選手の腕にも書き、「一緒に戦おうね。」とお互いに声をかけ合った二人。

修二選手にとっては、箱根駅伝前の全日本大学駅伝でもサポートしてくれた信二さんのさりげない一言一言が心の支えになったとのことです。

読売新聞社の箱根駅伝ガイドブックにて、修二選手は「尊敬するアスリート」に「兄2人」と答えていらっしゃいます。

山本修二選手にとってどれだけお兄様2人の存在が大きく、心の支えになっていたか分かる一言だと思います。

信二さんの怪我もあり、箱根駅伝での兄弟タスキリレーの夢は叶いませんでしたが、酒井監督が最後に粋な計らいを見せてくれます。

それは箱根駅伝でのイベントでの場面。

信二さんからアンカー修二選手への最初で最後の兄弟のタスキリレーが実現したのでした。

ぴよ太
ぴよ太
兄から弟にタスキを渡した瞬間の写真が二人の宝物なんだって!

酒井監督も選手のことを一人一人よく見ているから、こういう配慮をすることが出来るんでしょうね。

イケメンだから気になる!彼女はいるの!?

東洋大学のイケメン駅伝メンバーとしても注目の山本修二選手。

彼女がいるのか気になっている方も多いようで調べてみましたが、残念ながら情報は出てきませんでした。

しかし女性人気は絶大で、TwitterなどのSNSに山本修二選手の写真をまとめたり、加工したりしている写真がたくさんアップされています。

ぴよ太
ぴよ太
長男の憲二さんは結婚されたんだって!修二選手の結婚も早いかなぁ?

ちなみに、山本修二選手の好みのタイプは綾瀬はるかさんだそうです!

山本修二選手は、オフの日に一人でカフェで読書をして過ごすのも好きという知的な一面もあるので、もしかしたら美人で知性溢れる女性が好みなのかもしれません。

ぴよ太
ぴよ太
アタックしたい女性は読書を始めよう!!

最後に

今では有名になった東洋大学の「その1秒を削り出せ!」というスローガンですが、まさか山本兄弟の深い絆と、兄信二さんの思いが詰まっている深い言葉とは驚きでしたね。

山本修二選手にとって次回の箱根駅伝が最後になりますが、上りが得意ということなので、一番つらいと言われている5区を任される可能性も大いにあります。

お兄様2人の思いも背負って最後の箱根駅伝を走ることでしょう。

悔いのない有終の美を飾って欲しいと願っています!