駅伝

田村和希の兄弟や父親も有名人?彼女や結婚も気になる!

10月に入り、大学駅伝がシーズンを迎え、今年はどの大学が活躍するか楽しみで仕方ありません。

田村和希(たむらかずき)選手も、青山学院の4連覇に大きく貢献した選手です。

ぴよ太
ぴよ太
田村選手は、青学が初優勝した年に入学してきた選手なんだよ!

今回は、田村選手を支えてきたご両親や兄弟、彼女、青学時代の成績などについてご紹介していきます。

田村和希選手ってどんな人?

青学時代に原監督から『駅伝男』と呼ばれるくらい、駅伝ではほとんど負けた事がない田村選手。

何度も区間賞を獲得し、「走る事以外やる事がない!」と周りから言われていたほど真面目な性格です。

ですが意外にも、趣味はイラスト作成という可愛らしい一面があります。

描いたイラストはチームメイトにプレゼントしたり、田村選手のSNSに公開されていますよ。

田村和希選手のプロフィール

  • 名前 : 田村和希(たむらかずき)
  • 生年月日 : 1995年7月16日(23歳)
  • 出身地 : 山口県岩国市
  • 血液型 : O型
  • 身長 : 168㎝
  • 体重 : 50㎏
  • 出身大学 : 青山学院大学経営学部経営学科卒業
  • 所属 : 住友電工

田村選手の経歴は?

〜中学、高校時代まで〜

中学時代はサッカー部に所属していた田村選手ですが、3年生の秋に陸上の大会に出場し、3000mを8分台という、驚異的な記録を残しました。

記録自体も素晴らしいですが、それを陸上部ではなく、サッカー部所属の田村選手が出したということに驚きを隠せません。

そんな田村選手を各高校の指導者たちが放っておく訳もなく、山口県屈指の強豪校山口県立西京高校に入学し、陸上を始めました。

そして、1年生の時から年末に行われる全国高校駅伝に出場するなど、高校から陸上を始めたとは思えないような活躍を残しています。

高校卒業後は地元の実業団への就職を考えていましたが、各大学の監督から誘いを受け、最終的には当時、出雲を優勝するなど勢いのあった青山学院大学に進学しました。

〜青山学院入学後から現在まで〜

2015年の第91回箱根駅伝では、1年生ながら4区を走り54分28秒で見事に区間賞を獲得しました。

2015年11月、大学2年の時に出場した全日本大学駅伝では3区を走り区間賞を獲得するかと思われましたが、惜しくも1秒差で東洋大学の口町亮選手に破れ、区間賞を逃してしまいます。

しかし2016年の第92回箱根駅伝では2年連続4区を走り、区間賞を獲得。

青山学院の往復完全優勝に貢献し、全日本大学駅伝での悔しさを吹き飛ばしました。

その後、大学3年生の出雲駅伝と全日本大学駅伝では見事区間賞を獲得する走りをしましたが、2017年の第93回箱根駅伝では、大会の3日前に風邪で体調を崩してしまいました。

7区を任されましたが、思うように走ることが出来ず、15kmを過ぎて給水を受けると突然、脱水症状を起こしフラフラになり、襷を受け取った時点で2分8秒差あったタイム差も1分21秒差まで詰め寄られてしまいました。

しかし、なんとか首位を守り8区の下田裕太選手に襷を繋いで、青学の3連覇に貢献!

大学駅伝集大成の4年生では、春頃から怪我のために思うように練習ができませんでしたが、出雲駅伝では区間新、全日本大学駅伝では区間賞、箱根駅伝では区間2位という見事な成績を残し、まさに『駅伝男』、『区間賞男』と駅伝ではほぼ負けなしの選手に成長した田村選手。

大学卒業後は、元早稲田大学の渡辺康幸監督率いる住友電工で活躍しています。

田村選手の家族は?

田村和希選手を支えてきたご家族はどんな方々なのでしょうか?

父親について

田村和希選手と父親である育明(やすあき)さんは以前テレビに出演したことがあります。

その内容は和希選手とそれを支える父親の物語でした。

育明さんの話し方から、もともと陸上の知識がありそうですよね。

若い頃は駅伝の選手だったのかと思い、調べてみたところ育明さんは元実業団ランナーで、日新製鋼に所属していたことがわかりました。

箱根駅伝には出場していたのか更に調べてみると、和希選手の父親に対するコメントでこのような内容がありました。

「父親が経験しなかった大学駅伝の舞台で、自分がどれだけ成長したのか見せたい」

つまり、育明さんは大学時代駅伝に出場しなかったのですね。

その理由として考えられるものは

  • 大学へ行かず、すぐに就職した
  • 学生の間、怪我をして出場できなかった
  • マラソンを始めたのが遅かった

この3つではないでしょうか?

私は田村家の次男さんが大学へ行かず事業団体へ入ったこと、そしてそれを父親が許してくれたことから大学へ行かず、すぐに就職したのではないかと思っています。

和希選手自身も、長距離ランナーの経験をもつお父さんのことをとても尊敬しています。

弟が2人いるのですが、ふたりともそんな父親に育てられ、兄の背中を見ていたからか、どちらとも陸上の世界で活躍するようになりました。

弟たちについて

田村選手は3人兄弟の長男で、3歳下と6歳下の弟2人も陸上競技をやっています。

次男の友佑選手は、大学へは進まず実業団の黒崎研磨陸上部へ。

三男の友伸選手田村和希選手と同じく山口県立西京高校陸上部でランナーをしています。

2017年1月22日に行われた第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会では、山口県チームに3兄弟が選ばれ、1区友佑→2区友伸→3区和希の3兄弟の襷リレーが行われて話題になりました。

家族揃って同じスポーツを行い、協力してゴールに辿り着くというのは、なかなか無いかもしれませんね。素敵だなと思います。

田村選手に彼女はいるの?

田村和希選手はいつも明るく、イラストを書いていることからクリエイティブな才能もありそうですよね!

そんな田村選手だからこそ、モテモテなのでは?と思い調べてみました。

以前、フリーアナウンサーの長沢裕さんがタイプと言っていましたが、現在彼女はいないようです。

明るくて周りに可愛がられるタイプが好きなのでしょうか?

長沢裕さんのような方とカップルになれたら良いですね♪

田村選手への応援メッセージ

高校から陸上を始めたにもかかわらず、大学三大駅伝に出場し、区間賞を何度も獲得し、箱根駅伝4連覇にも貢献した田村選手。

田村選手のお父さんも駅伝ランナーで、昔からお父さんとロード練習をしていたんですね。

そのような地道な努力が実を結んで今の田村選手があるのだと感じます。

これからも地道な努力を続けて、いつか日本を代表するランナーになれるように頑張ってください!