テニス

錦織圭の歴代コーチや現在は?マイケルチャンやダンテの経歴についても

錦織圭(にしこりけい)選手といえば誰もが知る日本最強のプロテニスプレイヤーです。

ATP(男子プロテニス 協会)が発表する世界ランキング自己最高位はシングルではアジア男子歴代最高位の4位、現在も11位という輝かしい記録です。

ぴよ3兄弟
ぴよ3兄弟
この10月にまたランキングを1つあげての11位だよ!

そんな錦織圭選手ですが、ついつい選手にばかり目がいってしまいますが、

彼をここまで育てたコーチは一体どんな人たちなんでしょうか?

歴代のコーチや現在のコーチ、もちろんマイケルチャン氏やダンテ氏のことも調べて書いていきます!

錦織圭の歴代コーチを紹介

錦織圭選手は17歳でプロに転向して以来、様々な国際戦で見事な成績を上げてきました。

18歳で北京オリンピックに出場し、21歳で世界ランキング30位となり、あの松岡修造を超え、日本男子テニス界の歴代最高位を更新したのです

そして25歳で世界ランキングトップ10入りを果たし、テニスの全米オープンで男子アジア人で初の決勝進出までをも果たしました。まさに超人的な活躍です

そしてまだ記憶に新しい2015年、ついに自己最高位の世界ランキング4位を記録しました!

そんな錦織選手ですが、ここで、これまでに関わってきたコーチについてまとめてみます。

グレン・ワイナー

2007年〜2010年までの3年間、錦織選手のフルタイムのコーチでした。

グレン・ワイナー氏のポジションには後述のダンテ・ボッティーニ (Dante Bottini)氏が就き、グレンはダンテが務めていたIMGアカデミーのエリートコースのコーチに就任しました。ちょうどポジションが入れ替わった形になります。

ぴよ子
ぴよ子
IMGアカデミーは錦織選手が13歳でテニス留学した全寮制の寄宿舎なんだよ。世界の有名選手をたくさん生み出したところなんだ〜!

IMGアカデミーは、錦織選手にとって「第二の故郷」とも言える場所で、それぞれの立場で錦織を支え、見守ってきた心強いサポーターがこんなにもいるのですね。

ダンテ・ボッティーニ

錦織選手から2010年末にオファーを受け、2011年から現在に至るまで、錦織選手をトータルで支え続けています。

とても楽観的な性格で、錦織選手にとって親友とも兄とも言えるような存在なのです。

そんな存在に常に側にいてもらえたら、挫けそうな時でも、頑張り続けることができますよね!羨ましいですね。

ダンテについては後ほど詳しく紹介していきますので、そちらをご覧ください。

ブラッド・ギルバート

ブラッド・ギルバートは、世界ランク4位まで上り詰めた元テニス選手です。

1994年に引退しましたが、過去にアガシ、ロディック、マレーのコーチを務めたことがあります。

2011年から錦織選手のトラベリング・コーチに就任。

1年でランキングを98位から25位まで急上昇させた名コーチです。

こんなにも短期間で結果を出せるなんて、やはりギルバートもかなり凄腕のコーチなのですね!!

マイケル・チャン

2013年から現在に至るまで、錦織選手を厳しくそして暖かく叱咤し続けています。

自身のモットーでもある「自分を信じて、諦めない」 の精神を、強く錦織選手に叩き込んだ名コーチ。

ぴよ子
ぴよ子
めっちゃ厳しくて有名なんだって〜

こうしたコーチに支えられながら錦織選手は成長し続けてきたのですね。

様々なコーチに色々なことを教えてもらい、今現在のコーチへと繋がります。

現在のコーチはこの人!

2013年から錦織選手のプレーを支えるコーチ陣には前項でも触れましたが、マイケル・チャン氏が加わっています。

2011年から錦織選手を内外から支え続けているダンテ・ボッティーニコーチとともにチームKをさらにパワーアップさせているのです。

ぴよ子
ぴよ子
錦織選手はマイケルコーチと年間約7000万円、ダンテコーチとは年間約3000万円のコーチ契約を結んでいると言われてるんだよ〜

そんなわけで、ここからは錦織選手を支える両コーチについてさらに詳しく書いていきます。

マイケル・チャンコーチ

フルネーム :Michael Te-Pei Chang
出身地      :ニュージャージー州ホーボーケン
生年月日   :1972年2月22日(46歳)
身長        :175cm
体重        :72kg

国籍はアメリカで、祖先は台湾からの移住です。

現役時代は世界ランク最高2位という輝かしい実績を誇る選手でした。

引退後、2013年から錦織選手のコーチ陣に加わりました。

「テニスプレイヤーにしては低い身長ながら、スピードとストロークを武器に活躍し、アジアをルーツはか持ち世界で戦う」

と錦織とは共通点が多かったことからオファーを受けたと言います。

自らが世界一になるために必要とした要素が、錦織選手が世界一になるために必要な要素とオーバーラップしていたことから、「育てたい」と思わせたのでしょう!

錦織選手が王座を目指す上で必ず必要なものを、マイケルチャンコーチは知っていたのです。

うさ子
うさ子
後継として育てたかったのかもね〜

以下、松岡修造氏のコメントです。

「マイケルは、相当口うるさい。正直、圭とマイケルの性格はあまり合っていないと思う。ただ、圭には経験にもとづいた説得力のあるマイケルのアドバイスが必要。」

そして、錦織選手もチャンコーチに関してこう語っています。

「Believe yourself」(自分を信じろ)、絶対に勝てるというのを多分1日5回ぐらい言われて。それで自分自身「そう思わないといけない」と思ったと思いますし、彼にはメンタル面でもいろんな助け、アドバイスを頂いて、それで自分が強くなってきていると思うので、テニス以外でも支えになっています。

楽観的で温厚だという錦織選手と正反対の性格を持つマイケルチャン氏であるからこその教えがあったのです。

錦織選手がトップになるためにはなくてはならない”勝者メンタリティ”を教えてくれて、しかも本気で叱ってくれる信頼できる恩師のような存在なのです。

ダンテコーチ

そしてもう1人が、ダンテ・ボッティーニコーチです。

錦織選手の近年の活躍は、ダンテコーチ抜きには語れません。

フルネーム:Dante Bottini

生年月日  :1979年8月10日(39歳)
出身       :アルゼンチンブエノスアイレス州コロネル・プリングレス
ATP自己最高ランキング:827位(1997年)

ダンテは引退後、あの有名なアンドレ・アガシやマリア・シャラポアなどの名選手たちを卒業生に持つ、IMGアカデミーのコーチとなります。

そして、2010年末に錦織選手からのオファーを受け、2011年からコーチに就任しています

楽天的な性格らしく、ちょっと天然な錦織とは相性がとても良いのです。

ダンテの存在が、「鬼軍曹」のマイケルチャンとの良いバランスになっています。

そして、1年中錦織選手に帯同してツアーを回っています。

精神面をサポートしたり、誰よりも錦織選手のことを理解しているのはダンテなのかもしれません。

「(対戦相手によって練習内容を変えたり、圭の1番いい準備が出来るように、最善の方法で準備している」

と語るように戦術やコンディショニング全般を担当しています。

錦織選手からの信頼も厚く、ダンテの支えあって今の錦織圭あり、とも言えるのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
今回は錦織選手を陰で支える2人の名コーチについて調べてきました。

今や錦織選手は、世界のトッププロの一人になりました。でもマイケルチャンは、

「まだまだ満足していない。錦織のゴールを、グランドスラム制覇、そして世界ランク1位と決めている。」

と言っています。

そしてそれはもう1人のコーチであるダンテも強く思って信じていることなのです。

ただひたすらこの目標のため、マイケルはこれからも錦織を厳しく鍛え続け、ダンテはそんな錦織を優しく支えていくのでしょう。

この2人のコーチの支えによって、今後も成長し続ける錦織選手からますます目が離せませんね!

2020年のオリンピックに向けても期待が高まるばかりです。頑張れ、錦織選手!!