野球

甲斐野央(かいのひろし)の出身高校や大学時代の活躍は?球種も紹介

2018年のドラフト会議でソフトバンクから1位をもらった甲斐野央(かいのひろし)選手。

大学卒業後の入団なので、今からまだまだ伸びる選手でもあり、また身体はしっかり出来上がっている年でもあります。

これからの活躍が楽しみですよね!

今回は甲斐野選手の出身校やその時の活躍、そして球種もご紹介いたします。

甲斐野選手ってどんな人?

  • 名前:甲斐野 央(かいの ひろし)
  • 生年月日:1996年11月16日
  • 年齢:22歳(2018年)
  • 出身:兵庫県西脇市
  • 身長:185センチ
  • 体重:75キロ
  • ポジション:投手

甲斐野選手は、小学校3年から野球を始めました。中学校までは軟式野球部で活躍しており、高校、大学でも野球一筋で頑張っています。

また、高校では1年生の秋からベンチ入りを果たし、一、三塁、外野を経験しています。

豊富な経験を持つ選手なんですね!

しかし、残念ながら甲子園に出場する機会には恵まれませんでした。

実力派高く評価されていたため、大学では1年春からベンチ入り!そして大学卒業する2018年10月のドラフト会議でソフトバンクから1位指名をもらったのです。すばらしいですね!

そんな甲斐野選手の出身校やその時の活躍を詳しく見ていきましょう。

出身高校や大学は?

甲斐野央選手の出身校をご紹介していきます。

  • 出身中学:西脇市立黒田庄中学校

小学校から始めた野球は中学校でも続けています。中学では、軟式野球部に所属していました。

よく考えると、中学で軟式野球部だったのに、高校から硬式野球になるのって、大変ですよね。

私もテニスしていて軟式から硬式に変わった経験がありますが、全然違うんですよね。

ボールの飛び方も打ち方も変わるし…野球でも同じことが言えるでしょう。

  • 出身高校:東洋大学附属姫路高等学校

野球を続けたい!そんな思いから、野球が強い高校に進学、東洋大学附属姫路高等学校は甲子園優勝経験もある野球名門校で、多くのプロ野球選手が育った学校でもあります。

プロとして活躍した卒業生を紹介

  • オリックス:長谷川滋利選手
  • オリックス:松葉貴大投手
  • ヤクルト:原樹理投手

素晴らしい顔ぶれですよね!

そんなプロを出してきた学校で野球部として活躍してきました。

このような学校には腕の立つ選手がたくさん集まってきます。

甲斐野選手の周りには強敵(ライバル)が多かったでしょう。

また、投手でしたので、成績を残したり試合に出るチャンスを貰った時に、そのチャンスをモノにしないと中々日の目を浴びることができません。競争率の高い環境で、甲子園に出場することなく高校を卒業することになりました。

また、高校の時にはプロ志望を出さず大学へ進学しました。

  • 出身大学:東洋大学

十分な実力は持っていましたので、プロからは注目を浴びていました。

「今が自分の旬ではない」と感じていたのか、プロになれなかったときのために大学には進学しときたいと思ったのか、その時の考えは本人にしかわかりませんが、大学生になってこのようにプロとして選ばれたのですから、その時の選択は正しかったのでしょう。

小さい頃からプロ野球選手になりたいと言っていた甲斐野選手。大学ではその実力をどんどん伸ばし、更に注目を集めることになります。

とにかく負けん気が強くて、「やってやる!」という熱い選手です。

どんなバッターからも三振を取り続けるその実力は素晴らしく、ソフトバンクでも抑えの投手として活躍してくれることでしょう。

今から楽しみです!

多彩な球種!

ドラフト候補に選ばれた理由は、やはりその投球にあります。

特にフォークが凄いと評価され、その他にもスライダー、ツーシーム、カーブを使い分けることができます。

彼が投げているシーンを御覧ください。

なんと彼の球速は159キロ!

スカウトした方の話では、横浜やマリナーズで活躍した佐々木投手のような選手になれる存在だと、甲斐野選手を評価しています。

佐々木選手といえば、大魔神と呼ばれていた選手ですよね?そこまで評価されているなんて、伸びしろも十分にある選手なんですね!

ロングリリーフもこなし、スタミナは問題なし!たまにも力があり、これからを担うホープと言っても過言ではありません。

両親や2人の兄についても

実は甲斐野央選手のご家族は、野球の経験がある野球一家なんです。

父親の甲斐野有生さんは今でも少年野球のコーチをしています。

甲斐野選手が小学生の頃に野球をしていたチームは、お父さんがコーチをしていたチームの可能性もありますね。

そんな父親の夢は「甲子園にでる」ことでした。

有生さんは高校生の頃、甲子園に出場したかったのに、それが叶わず、自分の息子にその夢を託したのです。

甲斐野選手は残念ながら甲子園には出場することができませんでしたが、プロ野球選手になることができました。

この結果にどれだけ有生さんは喜んだことでしょう。

甲斐野選手には、他に9歳上と7歳上のお兄さんがいらっしゃいます。

そのお兄さんたちも野球をやっていたので、甲斐野選手がここまでこれたのは、小さい頃から野球をしている兄貴達の背中を見ていたから、かもしれませんね!

まとめ

今回はプロ入りを果たした甲斐野央選手についてまとめていきました。

高校時代からその実力が認められ、大学になり本人がプロ志望を出したことでソフトバンクホークスへの入団が決定しました。

本当におめでとうございます。

抑えの投手としてこれからを期待されている選手です。

扱う球種は

  • フォーク
  • スライダー
  • ツーシーム
  • カーブ

球速は159キロもあり、場に慣れればすぐにでもグラウンドで活躍できそうな選手ですね!

これからも伸びしろがあり期待されている甲斐野選手、父や兄弟の思いを背負っていらっしゃると思います。

これからも頑張ってください!