バレー

石川真佑の兄と姉もバレー選手!両親や出身中学や高校についても

石川真佑(いしかわまゆ)選手は日本のエース、黒後愛選手から時期エースとして認められた選手でもあります。

兄に石川祐希選手を持ち、姉もバレー選手だったのです!

そしてご両親もスポーツ選手、85kgのバーベルを持ち上げる身体の強さがある選手です。

そのため、スパイクやブロックがとてもパワーアップしました。

そんな石川真佑選手をこれまでに育ててきたご両親や兄弟についてご紹介いたします。

石川真佑のプロフィール

  • 名前:石川真佑(いしかわ まゆ)
  • 生年月日:2000年5月14日
  • 年齢:18歳(2018年)
  • 出身:愛知県岡崎市
  • 血液型:AB型
  • 身長:172センチ
  • ポジション:ウィングスパイカー

172センチとは、身長高いですよね!石川選手が任されているこのポジションは、兄の祐希選手と同じでもあります。

スパイクを打つポジションなので、身長もパワーも必要です。

高校生になり、どんどんパワーが上がってきたこともあり、兄の石川祐希選手にも似てきた感じです。

バレーボールを始めたのは小学校3年生のころで、お姉さんやお兄さんの影響もあってバレーボールを始めたのではないでしょうか。

所属クラブチームは『安城北ラビッツ』で、どんどん実力を漬けていきました。

では、石川選手が実力を漬けてきた経歴(学歴)をご紹介いたしましょう。

出身中学と高校

石川真佑選手の出身校をご紹介いたします。

  • 出身小学校:愛知県岡崎市立矢作南小学校
  • 出身中学:長野市立裾花中学校
  • 出身高校:東京都下北沢成徳高校 在学中

愛知県、長野県、東京とだいぶ点々としている感じが伝わってきます。

高校はバレーの強豪校としても有名な高校ですので、通うために寮暮らしをしています。

中学校は私立でないところを見ると、ご両親の転勤で県が変わっているのでしょうか?

中学校在籍中には第13回北信越中学新人バレーボール大会に出場し、優勝に大きく貢献しました。

2018年の春高バレーでは決勝ではぶれましたが、その負けも経験として、強さのバネにしています。

ライバルは金蘭会…この試合は私も見ていてハラハラドキドキの連続でした!

スパイク打ってはレシーブ・ブロックをされて、駆け引きのあるプレーだということがわかります。

高校3年では下北沢が金蘭会に勝利し、優勝しました!

おめでとうございます!

レシーブを打たせない石川選手のスパイク、日本代表レベルですよ。

まだ、若くて精神面でブレるシーンもありますが、自分のリズムに持っていけば負けなしです!

兄と揃ってオリンピックに出場できるといいですね。

家族もすごい!

石川真佑選手はスポーツ一家の末っ子として誕生しています。

ご両親と兄、そして姉、石川真佑選手の5人家族です。

お兄さんはあの石川祐希選手、大医師バレーのエースですね。

そんな凄い選手の背中を見てきた石川選手にこれからも期待が集まりますが、すごいのは兄だけではありません!

両親について

石川真佑選手の父親はとにかく身長が高い!

184センチもあります。

石川選手が身長が高いのも、そのためでしょう。

しかも、実業団の元陸上選手でもありました。体つくりと体力、そして根性があるお父さんが想像できますね!

そして母親も、まさかのスポーツ選手でした。

母親は実業団のバスケット選手をやっていたのです。

お二人の出会いは、もしかしたらスポーツ選手の交流会みたいなものでかもしれません。

ふたりともバレーの経験はなし…しかし、運動神経抜群なご両親から生まれた3兄弟はまた運動神経抜群だったんですね!

兄もバレー選手

石川真佑選手のお兄さんは、石川祐希(いしい ゆうき)選手。

イケメンの男子日本バレー期待のエースです!

石川真佑選手トは5つ年が離れており、丁度お兄ちゃんが妹を可愛がる年の差ですね。

地元愛知県でインターハイ、春高バレー、国体3大会での優勝を果たしており、石川真佑選手も兄の背中を折っている感じがします。

姉もかわいい!

石川家の長女は石川尚美(いしい なおみ)さん、石川真佑選手とは6つ違い、石川祐希選手からすると一つ上の年子ということになりますね。

尚美さんもバレーを始めており、兄弟のなかでは一番早かったため、弟と妹がバレーでここまで有名になったきっかけを作った人とも言えるのではないでしょうか。

現在はバレーを行っておらず、普通の生活を送っていらっしゃいますが、頑張る兄弟を支えているのではないかと思っています。

石川真佑選手へ応援メッセージ

体つくりを徹底し、スパイク、ブロックともに強い石川真佑選手。

日本代表クラスの選手を兄に持ち、今活躍中の黒後愛選手から期待されていると言うだけあって、プレッシャーも感じているかもしれません。

しかし、そんなプレッシャーも、気合で吹き飛ばしこれからも頑張って日本代表になっていただきたいです。

「石川祐希選手の妹」ではなく、「石川真佑選手の兄」と呼ばせるように頑張ってください!