駅伝

舟津彰馬の中学や高校時代の活躍は?父親や母親についても

舟津彰馬(ふなつしょうま)選手は中央大学の3年生です。1500mでは歴代5位の記録を持つ日本が誇るスーパーアスリートです。

船津選手は1年生で主将に抜擢される程リーダーシップ溢れる選手で、2017年の箱根駅伝予選会敗退後に行われた涙のスピーチは多くの駅伝ファンに深い感動を与えました。

ぴよ子
ぴよ子
テレビで何度も映し出されたわよね!涙が止まらなかったわ!

3年生になった2018年は、2年間必死に勤めた主将の任を離れ走りに集中出来ることでしょう。

1500mで磨いてきたそのスピードを箱根駅伝でどのように活かすのかを多くのファンが注目しています。その闘志溢れる顔にも注目ですね!

それでは、そんな船津選手のプロフィールや、中学・高校時代から今日までの経歴、ご両親のこと、そして、誰もが気になる彼女について順を追って書いて行きしょう。

船津選手ってどんな人?

船津選手はまさに主将になる為に生まれてきたようなキャプテンシー溢れる熱血漢です。自分の意見をはっきり言えるところが凄いです。しかも大学1年の時からそんな性格を全面に出していました。

中学時代はバスケットボール部で主将、高校時代は陸上部で主将を経験しています。そんな彼を見込んだのでしょうね、中央大学の藤原正和監督は。

残念ながら中央大学はその年の予選会で敗退してしまいます。選手や関係者みなが肩を落とす中で有名な彼のスピーチが始まったのです。

誰もがその魂のスピーチに涙しました。そして、落胆していた周囲の中央大学関係者に大いなる希望を与えたのです。

彼はけっして言葉だけの選手ではありません。2年生となって迎えた2018年箱根駅伝の予選会で中央大学を3位に押し上げ見事に本戦出場を果たしたのでした。

多くの先輩がいる中で雑音も聞こえてきた事があったそうです。しかし、向こう傷を恐れず立ち向かっていったその姿は頭が下がりますね。

彼のもっとも得意な競技は1500mです。この種目では最強の選手と言えるでしょう。2018年4月には学生にして日本歴代5位という驚異の記録を打ち立てました。

まだまだ成長する年齢です。今後日本記録を引っさげて東京オリンピックに出ることもけっして夢ではありません。

その男らしい顔も一見の価値がありますよ。ひと目で気の強さが分かるほどの顔つきです。男の私でもその魅力のとりこになるのですから、女性から見たらもう一発で心を持っていかれそうですね。

では次に船津選手のプロフィールと経歴について書きます。

舟津彰馬選手のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:舟津彰馬(ふなつしょうま)
生年月日:1997年9月25日
出身地:福岡県福岡市
血液型:不明
身長:169cm
体重:56kg
所属:中央大学

血液型は今のところ分かりませんが、強気でリーダーシップが取れるところからするとO型なのかなと個人的には思ったりします。

経歴について

12位(2015年日本学生陸上競技対校選手権)
5区10位(2016年全国都道府県駅伝)
3区1位(2017年全日本大学駅伝予選会関東地区予選会)
優勝(2017年日本学生陸上競技対校選手権)
14位(2017年箱根駅伝予選会)
1区12位(2018年箱根駅伝)
15組1位:日本人歴代5位・日本人学生歴代2位(Bryan Clay招待1500m)
22位(2018年大学生5000mランキング)
19位(2018年大学生10000mランキング)

船津選手は、福岡市立野間中学校出身です。中学ではバスケット部の主将をつとめていましたが、そのかたわらで3年生の頃に長距離記録会で決勝に進んだとの記録が残っています。当時から足が早かったんですね。

その後、福岡大学付属大濠高等学校に入学しました。ここでも彼は主将を任されています。きっと部員をその熱意でぐいぐい引っ張っていったのでしょうね。その姿が目に浮かびます。

経歴の中でひときわ輝いているのはやはり1500mでの日本歴代5位ですね。それだけではありません、長距離でも素晴らしい記録をマークしている事に注目して下さい。

船津選手といえば1500mのイメージが強いですが、長距離にも適性があるという事ですね。1500mで磨いたスピードに長距離の持久力を併せ持っている訳ですから今後の箱根駅伝でびっくりするような活躍をするかもしれません。

3年生になって主将としての重圧も無くなりました。今年の船津の活躍から目が離せません。

では、つぎに船津選手のご両親について書きましょう。

舟津彰馬選手のご両親について

残念ながら船津選手のご両親についての情報は集める事が出来ませんでした。でも、彼のあの松岡修造並みに熱くて前向きな性格はお父さん譲りなのかなとも思います。

いかにも九州男児というタイプかも知れませんね、父さんは。

福岡の女性の特徴は、自分の意見をしっかり持っている事だそうです。そういう意味ではお母さんの血もしっかり受け継いでるのが彼だと思ったりします。

ちなみに、彰という字には、「立派な人になって欲しい」という意味があるそうです。馬は、自由で勇敢、いきいきとした快活な人になる」という意味だとか。両親がそんな思いを込めて名付けたのかな

名は体を表すと言いますが、船津選手はその通りの人になっているから凄いです。

では、いよいよ気になる彼女の事を書きましょう。

彼女はいるの?

こちらも残念な事に情報が表に出て来ていません。しかし、1年生から主将になった彼に彼女を作る余裕はなかったのではないかと思うのですが、さてどうでしょうか。

では、どんな女性が合っているのかを考えてみました。同じ福岡出身の山本美月さんなんかどうでしょう?

地に足の着いた女性のようですし、熱血漢の彼をしっかりコントロールしてくれそうな気がします。

最後に:

箱根駅伝でそのスピード溢れる走りでぶっちぎりの走りを見せて欲しいです!

どこまで伸びるのか想像も出来ないほどのスーパーアスリートです。是非箱根駅伝でも期待をいい意味で裏切るような熱い走りを見たいですね。

その能力からしたら区間賞も十分あり得ると思います。日本人歴代5位の記録を出した時も一旦他の選手に追いつかれたところで加速するという驚異の走りを見せてくれました。箱根でもそんな走りで他の選手を揺さぶればどんな強い選手が相手でも戦えるのではないかと個人的には思っています。

ぴよ太
ぴよ太
彼ならやってくれそうな気がするね!

もちろん、船津選手のゴールは箱根駅伝ではありません。オリンピックという最高のステージで一番の輝きを見せてくれる事を信じてこれからも応援していますね!