駅伝

川村悠登(中央学院)の出身中学や高校は?両親や自己ベストも紹介

川村悠登(かわむらゆうと)選手は中央学院大学在学中の箱根駅伝の秘密兵器です。2年生までは無名のランナーに過ぎませんでしたが、2018年には目覚ましい成長を遂げ、2018年の出雲駅伝では1区を4位で駆け抜けました。

しかも青山学院大学の橋詰大慧選手や東洋大学の相澤晃選手、城西大学の荻久保寛也選手といった各校のエース級と正面から渡り合っての4位は十分評価に値します。

ぴよ太
ぴよ太
凄い選手たちと対等に戦えたんだね!

しかし、川村選手はその成績に満足していません。4位という好成績にも限らず「不甲斐ない結果」と謝ったのです。目指すものはもっと上にあるという証拠ですね。

その向上心が彼を成長させた原動力なのではないでしょうか。こういうタイプの選手はきっとまだまだ伸びる余地を多く残しています。来るべき箱根駅伝では中央学院大学の隠し玉としての活躍が期待されます。

ここでは、そんな川村選手のプロフィール、中学・高校から現在までの経歴、自己ベスト、そしてご両親・彼女の事などのプライベートについて書いて行きます。

川村悠登選手ってどんな人?

川村選手は中学・高校の頃から地元の大会では活躍していました。しかし、この頃の彼はまだ全国区の選手とは言えない存在でした。全国高校駅伝の出場もなく、ひたすら地元でその走りに磨きを掛ける日々を過ごします。

素晴らしい向上心を持った選手で、その才能が花開いた一つのきっかけは大学に入って川崎勇二監督と出会った事でした。この監督は無名の選手を育てるのが得意だからです。

人との出会いは時として人を変えて行くものです。

その出会いをきっかけに川村選手の今までの努力が実ります。2018年は彼にとって躍進の年になりました。5000mと10000mではチーム4位、ハーフマラソンでは堂々チーム1位の成績を上げたのです。

初の3大駅伝出場となった2018年出雲駅伝では、1区で4位という成績で彼の存在を世に知らしめました。しかし、その成績に満足せずさらなる極みを目指して邁進しているのが今の川村選手なのです。

好成績を上げるとそれに満足して成長が止まる選手が多い中で、彼に満足という言葉はありません。その不屈の向上心が彼の最大の武器ですね。

これから開催される箱根駅伝で上位を狙う中央学院大学にとって頼もしい選手が出て来たものです。

歯を食いしばりながら走るスタイル。けっしてエリート人生を歩んで来た訳ではありませんが、彼の上を目指すという強い思いが伝わってくる走法です。

負けたくないという気持ちが表に出るような走りを見ると思わず応援したくなりますね。無名の選手が躍動する姿は、多くの無名の人々にも勇気を与えるものです。自分にも出来るのだと!

川村悠登選手のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:川村悠登(かわむらゆうと)
生年月日:1997年11月21日
出身地:千葉県
血液型:不明
身長:177cm
体重:60kg
所属:中央学院大学

出身地は千葉県までしか分かりませんでしたが、出身中学が我孫子市立湖北中学校なので我孫子市出身ではないかと想像します。

血液型はどこにも記載されていません。向上心が強い、どんな勝負でも勝ちたいという思いが溢れているところをみるとO型ではないかと思ったりしますが、さて事実はどうなんでしょうね。今後の活躍で明かされる事になるでしょう。

経歴について

7位(2015年千葉県高校陸上競技記録会5000m)
81位(2018年日本学生ハーフマラソン)
8組6位(2018年日本体育大学長距離競技会10000m
28組14位(2018年日本体育大学長距離競技会5000m)
14組4位:学生トップ、中央学院大学歴代5位(2018年日本体育大学長距離競技会10000m)
1区4位(2018年出雲駅伝)

川村選手は我孫子市立湖北中学校を卒業後に中央学院高等学校に入学しました。中学校から陸上一筋です。その後、中央学院大学に入り長距離を中心に実績を積むことになります。

2017年まではこれという目立った成績はありません。しかし、2018年は全く違います。はっきりと彼の成長が記録として出て来ましたね。出雲駅伝という誰もが緊張する大きなレースで好成績を残す事が出来たのは彼のここまでの努力と強い思いの為せるワザと言えるでしょう。

出雲駅伝での経験は今後の駅伝シーンでも大きな財産となります。目指すは箱根駅伝での区間賞。それが手に入る位置になりつつあるだけに頑張って欲しいですね。

自己ベストについて

5000m14分12秒92(2016年12月18日)
10000m28分39秒39(2018年09月22日)
ハーフマラソン1時間4分42秒(2018年3月4日)

今年になって特に長い距離で好成績を上げるようになりました。10000mの記録は大学生のランキングで20番台に入ります。一気に伸びている選手なのでこれから更に上位に入るような記録更新が期待されます。

ご両親について

ご両親の情報はありませんでしたが、こんなツイートがありました。

両親の事を大切にしている事が良く分かります。大学生は概して距離を置こうとする年頃です。両親のことを書く選手はそれほど多くはありませんが、川村選手はそんな事はありません。堂々としていますね。

それだけ尊敬出来るご両親なのではないでしょうか。

彼女はいるの?

川村選手のツイート(Twitterには本人になりすましたツイートが多々ありますが、おそらく本人のツイートだと思います)によればしっかりお付き合いしている女性がいるようです。

今どきの若者らしいツイートですね。笑ってしまうくらい微笑ましい関係が綴られていますよね。

彼女の存在が川村選手の走りの大きな力になっているのがよく分かります。今後もお互いを大切にする関係でいてくれると良いですね。

最後に

無名選手の期待の星!今こそ大きく羽ばたけ!

世間には素晴らしい努力をしていても周りから評価されなかたり輝けなかったりする人が沢山います。

そんな人達に、努力はいつか実るのだと教えてくれるのが川村選手の走りなのだと思います。努力するのはキツいです、苦しいです、心が折れてしまう事もあります。もう止めようそんな日もあります。

しかし、それに負けずに頑張れば必ず羽ばたける日が来る、その姿を見せてくれる川村選手は多くの人にとって希望の星とも言える選手ですね。

スター選手が集う箱根駅伝でその力を見せつけてくれる事を期待しています!