駅伝

伊勢翔吾の出身中学や高校は?イケメンの彼女や進路先の実業団についても

伊勢翔吾(いせしょうご)選手は駒沢大学在籍で、片西景選手と下典史選手というダブルエースに匹敵するほどの優れたランナーです。

特に長距離が得意で、2018年の日本学生ハーフマラソン選手権では2位に入る成績を収め自信を深めています。長距離区間が多い箱根駅伝にはピッタリの選手ですね。

2018年箱根駅伝予選会で俄然注目され始めた駒沢大学ですが、その鍵を握る選手と言えます。就職先はコニカミノルタに決まっています。優勝という手みあげと共に実業団入りしたいという思いも強いはずです。

伊勢選手は実力もありますが、そのイケメンぶりもまた注目されています。沿道でもネット上でも女性ファンが溢れる程です。その声援もきっと大きな力になる事でしょう。

ぴよ子
ぴよ子
私ももちろん応援しちゃう!

ここでは、そんな伊勢選手のプロフィールや中学高校から現在までの経歴、卒業後の進路、そして何よりも気になる彼女について書いて行きます。

伊勢翔吾選手ってどんな人?

伊勢選手のイケメンぶりは並みいる駅伝選手の中でもトップクラスです。その爽やかな顔に思わず見入ってしまうほどです。Twitterでも女性ファンのツイートが多いですね。

トレーニングの時に少しリラックスして走ってる姿も良いですね。すらりとした均整とれた身体が躍動しています。

ついでですから動画での伊勢選手も貼り付けておきますね。

声も爽やかですね。もうあらゆる面で言うことがありません。しかし、彼はもちろんイケメンだけの選手ではありません。

長距離ランナーとしても素晴らしい実力の持ち主なのです。だからこそ人気があるのでしょうね。

高校時代は全国都道府県駅伝で5位、全国高校駅伝でも8位になり、俄然注目を集めるようになりました。大学に入ると2016年の全日本駅伝で6位に入ります。

2018年の箱根駅伝では10区を4位で走り抜け、エースに迫る活躍を見せました。日本学生ハーフマラソンでは2位とその絶好調ぶりが光ります。

2019年の箱根駅伝では区間賞が狙える位置まで来ました。その走りっぷりが大いに注目されているところです。

では、次に伊勢選手のプロフィールと経歴を紹介いたします。

伊勢翔吾選手のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:伊勢翔吾(いせしょうご)
生年月日:1996年8月6日
出身地:千葉県鎌ケ谷市
血液型:不明
身長:174cm
体重:52Kg
所属:駒沢大学

鎌ケ谷市周辺は昔、山でしたがそれを開拓して平地になりました。トレーニングするには絶好の地形ですね。都心にも25キロと近いので、伊勢選手も頻繁に東京に出掛けていたのかな?

経歴について

4区5位(2014年全国都道府県駅伝)
1区8位(2014年全国高校駅伝)
7区6位(2016年全日本大学駅伝)
7区12位(2017年箱根駅伝)
10区4位(2018年箱根駅伝)
2位(2018年日本学生ハーフマラソン選手権)
3区10位(2018年全日本大学駅伝)

伊勢選手は、松戸市立第四中学校出身です。この頃から陸上選手で2011年には千葉県中学駅伝大会ではチームは4位になり、惜しくも全国大会への出場を逃した経験があります。

優勝候補だっただけに悔しかったでしょうね。ちなみに伊勢選手は2年連続で区間賞と獲得しています。この頃から輝いていたんですね。

高校は、船橋市立船橋高等学校に入りました。市立船橋高校と言った方が分かりやすいかもしれませんね。サッカーでは世界大会を制したほど有名な高校なので知っている方も多いのではないでしょうか。

陸上も盛んであの金メダリスト高橋尚子選手を育てた小出義雄さんが駅伝部の監督だった時は2度の全国高校駅伝で出場しました。1986年には優勝するなど強豪校として多くの優れたランナーを輩出しています。

スポーツ庁初代長官として活躍している鈴木大地さんもこの学校の出身者です。

そんな高校で伊勢選手は2014年に全国高校駅伝に出場しています。1区を8位で走り、全国区の選手となりました。

そして現在は駒沢大学のエース級のランナーとして活躍しているのです。2016年の全日本大学駅伝では7区を担当して6位に入り、2018年の箱根駅伝では10区を4位で駆け抜ける好走を見せました。

日本学生ハーフマラソン選手権では青山学院大学の梶谷瑠哉選手に続く2位となり、2018年もその成長は止まりません。

続く箱根駅伝での走りが大いに注目されるところですね。

では、次はあなたも気になっている彼女についてご紹介いたします。

彼女はいるの?

あれだけイケメンで駅伝ランナーとしても輝きまくっているので彼女の存在が気になりますよね。ネットでもその情報を探す方が多いようす。

しかし、彼女の情報は残念ながら見つかりませんでした。最終学年という事で今は陸上や就職後の事で頭がいっぱいで彼女を作る余裕がないのかな?

真面目な選手です。精一杯陸上に打ち込みたいという思いが強いのかもしれません。情報が見つかったらまた書き加えますね。

伊勢選手の進路は?

伊勢選手は卒業後、コニカミノルタに入ることが決まりました。山の神と言われた神野大地選手(現:プロランナー)も所属していた実業団屈指のチームです。

ニューイヤー駅伝では2015年から2年連続2位の強豪チームです。スローガンは「マラソンで世界を目指せ」!

そんなチームに磨かれて伊勢選手は更に進化していくでしょう。箱根駅伝は今年が最後になりますが、来年の正月はニューイヤー駅伝でその勇姿が拝めますよ、きっと。

最後に

そのポテンシャルを信じて疾走して下さい!そして人生最後の箱根のゴールで最高の笑顔を!

戦う準備は出来ました。強敵青山学院大学の背中は見えています。自分の力を信じてその背中を精一杯追いかけて下さい。

終われる側の青山学院大学には大きなプレッシャーが掛かりますが、追う側の駒沢大学は普段通りの力を出せるという有利さがあります。

伊勢選手はまだまだ成長する選手です。初の区間賞を手に入れる事もけっして夢ではないのです。

頑張って下さい。ゴールでの笑顔を楽しみに待っています!