駅伝

中村大聖(駒沢大)は出身中学と高校は?身長体重や彼女についても

中村大聖(なかむらたいせい)選手は駒沢大学のキーマンと言われるランナーです。身長は177cmと長距離ランナーのとしては長身で直ぐに目に止まります。しかも学生リーダーまでやっている責任感の強い選手です。

ぴよ子
ぴよ子
しかもイケメンだから余計目立つわよね!

そうなのです。その容姿で女性ファンを魅了しているのです。

ぴよ太
ぴよ太
でもイケメンだけじゃ~ね。駅伝選手としての能力はどうなのよ?

心配ありませんよ!中村選手はランナーとしても才能豊かな選手なのです。特に2017年後半から急激に成績を伸ばし始め2017年には出雲駅伝では5位、5000mでも自己ベストを更新、2018年はハーフマラソン・10000mで自己ベストを出し、その勢いのまま全日本大学駅伝では4位になる好成績を上げました。

ぴよ太
ぴよ太
びっくりするほどの急成長だね!

そうなると箱根駅伝での走りが俄然楽しみになります。勢いに乗る選手がびっくりするような成績を挙げるのがスポーツの面白いところ。箱根で今までで最高の走りを見せてくれる予感大ですね。

ここでは、そんな中村選手のプロフィールや出身高校などの経歴、自己ベスト、そして気になる彼女についてご紹介します。

中村大聖選手ってどんな人?

中村選手の特徴といえば先ずその長身を活かしたリズム感溢れる走りです。見ていて心地よいですよね。しかも長い脚を上手く使ってぐいぐいと前に進んでいきます。

高校の頃は全学年で全国高校駅伝に出場しています。しかし、その成績は飛び抜けたものではありませんでした。

ぴよ太
ぴよ太
でも3年連続で出たんだから凄いよ!

確かにそうですが、本人としては悔しかったでしょうね。しかし、大学に入ってから中村選手は大きく成長したのです。

ぴよ子
ぴよ子
大器晩成型の選手ね!

まさにその通り、2017年頃からは、走りに自信が溢れるようになりました。それを武器に成績もうなぎ登り、2017年にはハーフマラソンで自己ベストを出しました。

2018年には10000mと3000mでも自己ベストを更新し、今乗りに乗っている駒沢大学期待の選手なのです。監督から頼りないと言われた事もありましたが今や完全にチームの中心選手になりました。

ハーフマラソンのベスト記録は駒沢大学の中で4位です。ハーフマラソンで強いのは、距離の長い箱根駅伝では大いに有利ですね。

箱根駅伝はまだ未経験ですが、出雲駅伝や全日本大学駅伝で積んだ経験を活かせば優勝候補の青山学院大学や東洋大学を脅かすような走りが見られるかもしれません。

ぴよ太
ぴよ太
強敵だけど真っ向勝負して欲しいよね!

全日本大学駅伝ではハーフマラソンの疲れが残っていたそうですが、それでも4位に入る程ですから万全の体調で箱根駅伝に望めば区間賞も夢ではありません。

ぴよ子
ぴよ子
イケメンぶりはもう区間賞ものよね!

そうですね、まだそれほど注目された存在ではありませんが、長身でカッコいいので大きな成績を箱根駅伝で残せばきっとマスコミでも取り上げられるような人気ものになるでしょうね。

ぴよ子
ぴよ子
性格はどうなの?

中村選手は、堅実な性格で、今の調子をしっかりと見極めてそれに合わせた走りが出来る選手です。だからこそ安定感抜群と言われるのでしょう。

高校時代は、東海大学の館澤亨次選手と同期でした。

ぴよ太
ぴよ太
館澤選手と言ったら東海大学のエースだよね!

高校の頃から館澤選手はエースとして輝いていました。中村選手はその陰に隠れた存在でしたが、常に彼の走りに刺激を受けながら育って来ました。

そして今、館澤選手と対等に戦えるほど力を伸ばして来たのです。この二人の対決も大きな楽しみですね。

では、次に中村選手のプロフィールや経歴、その中でも注目される自己ベストをご紹介します。

中村大聖選手のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:中村大聖(なかむらたいせい)
生年月日:1998年3月28日
出身地:埼玉県上尾市
血液型:不明
身長:177cm
体重:55Kg
所属:駒沢大学

長身だとガッツポーズも様になりますね。中村選手の身長は177cmです。190cmの法政大学のエース坂東祐大選手は別格としても中村選手は駅伝選手として長身と言えます。東海大学のエース關颯人選手とほぼ同じ身長です。

中村選手はその身長の優位さを上手く使った走りを身に着けていますね。

経歴について

4区19位(2013年全国高校駅伝)
4区10位(2014年全国高校駅伝)
3区21位(2015年全国高校駅伝)
5区18位(2016年全国都道府県駅伝)
7区5位(2017年出雲駅伝)
6区4位(2018年全日本大学駅伝)

中村選手は、上尾市立東中学校出身です。中学当時は、上尾市陸上競技選手権の3000mで2位になるなど地元の大会で活躍していました。ちなみにそのレースで優勝したのは、2018年全日本大学駅伝で区間賞の活躍をした青山学院大学の吉田祐也選手です。

ぴよ子
ぴよ子
ライバルに恵まれてたのね!

私立埼玉栄高等学校に入ってからも館澤亨次選手という素晴らしいライバルがいたんですよ。中村選手はこの学校で3年連続で全国高校駅伝に出場しています。

しかし、その成績は残念なものでした。埼玉栄高校の校歌にこんな一節があります。「日々の努力に花よ咲け」!この頃の中村選手はいつか大輪の花を咲かせる為に日々堅実に努力を続けていたのでしょうね。

そして、花が咲いたのが2017年の出雲駅伝でした。7区を5位で走り抜けてその才能を見事に花開かせたのです。続く2018年の全日本大学駅伝では6区で4位になり今まさに満開の花を咲かせようとしている最中と言えるでしょう。

自己ベストについて

ハーフマラソン:1時間2分44秒(2017年3月新潟ハーフマラソン)
10000m:29分45秒29(2018年4月日本体育大学記録会)
3000m:8分27秒99(2018年4月世田谷陸上競技会)

自己ベストを出したのはいずれもこの2年の間です。それを見ても成長著しい選手と言えます。特にハーフマラソンと10000mで好調なのは、距離が長い箱根駅伝でものを言う事でしょう。

ぴよ子
ぴよ子
でも団体で競う駅伝と個人競技では違うものなんでしょ?

もちろん、大きな違いがあります。チームの戦略も駆け引きもあります。でも、中村選手はそんなものに動じない堅実な走りが出来る選手です。自分のレースプランをしっかりと考えて走れる選手でもあるのです。

だからこそ箱根駅伝で期待出来るのです。箱根駅伝予選会でも全日本大学駅伝でも好調な走りを見せました。持っているポテンシャルを発揮して期待通りの走りを見せてくれるのでないでしょうか。

では、続いてみなさんがとても気になっている彼女についてご紹介しましょう。

彼女はいるの?

3大駅伝で上位の成績を挙げるに従って中村選手への期待も高まってきました。彼女の存在を調べている女性ファンも増えています。

ぴよ子
ぴよ子
赤丸急上昇の選手よね!

でも、今のところ彼女の情報は表に出てきていません。残念ですが今後の情報を待つことにしましょう。

ただ、今は箱根駅伝目指して練習に明け暮れる日々を過ごしています。今は強敵青山学院大学を倒すことしか頭にないのかもしれませんね。

最後に

自分の力を信じてさえいれば結果はついてきます。気負わず真っ向勝負して下さい!

2018年の箱根駅伝は、エントリーされたものの出場が叶いませんでした。その悔しさはさぞ大きかったでしょう。全ては箱根の為に苦しい練習にも耐えて来たのです。

ぴよ太
ぴよ太
辞めたくなる時もあるんだろうな!

学生リーダーの中村選手は弱くはありませんよ。責任感もあります。周りの選手の為にも頑張って来たのです。

目指す箱根路は直ぐそこに見えてきました。絶好調のままレースに臨めます。しかも急成長してる最中の駅伝です。気負わずにその力を出して下さい。強敵にひるまずに立ち向かって下さい。

結果は後からついてくるものです。ゴールを駆け抜けた時、その顔に最高の笑顔が浮かぶ事を楽しみに応援しています!