駅伝

下史典の出身中学や高校は?イケメンの彼女や進路先の実業団についても

下史典(しもふみのり)選手は優勝を狙う駒沢大学にあってその鍵を握る選手と言えます。全国高校駅伝では2年連続区間賞、三大駅伝でも常に上位に入る実力派ランナーです。

それだけではありません。爽やか系のイケメンで女性ファンからも注目される選手なのです。笑顔も素敵ですが、レース前の精悍な顔もファンの心を熱くさせます。

ぴよ子
ぴよ子
駅伝も強くてイケメンって弱点なしよね!

それが、そうでもないのです。抜群の成績で駒沢大学を引っ張ってきた下選手ですが、2018年シーズンは精彩を欠く走りが続いています。

ぴよ太
ぴよ太
それは心配だね。箱根駅伝は大丈夫なの?

しかし、復調の兆しが見えてきており、下選手本人もその手応えを感じているのです。期するものもあるでしょう。密かにリベンジの思いも高まっています。自信さえ取り戻せば、箱根路で躍動感たっぷりの彼の走りが戻ってくるはずです。

ここでは、そんな下選手のプロフィールや中学高校から今日までの経歴、今後の進路、そしてあなたも気になる彼女についてご紹介します。

下選手ってどんな人?

先ずは、下選手の声を紹介しましょう。

ぴよ子
ぴよ子
ちょっとシャイな感じの話し声ね!

でも、声も素敵でしょ!声だけではありません。その容姿も注目されているんですよ。この爽やかな笑顔を見て下さい。

ぴよ子
ぴよ子
とびきりの笑顔ね!

静かに考え事をしてる顔もご覧ください。

ぴよ子
ぴよ子
この顔も捨てがた~い!ドキドキしちゃう!
ぴよ太
ぴよ太
でも、男の僕としては成績が気になるな!

では、話を下選手の成績に移していきましょう。下選手の成績は、その顔に負けないくらいの凄いものなんですよ!

下選手は、高校時代から輝いていたスター選手なのです。2013年と2014年には全国高校駅伝で区間賞を獲得しています。2015年の全国都道府県駅伝でも区間賞を得るなど飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

駒沢大学でも2016年の出雲駅伝で3位全日本大学駅伝で4位に入るなど、常に上位に入っていて、早くから将来の駒沢大学のエースとの呼び声が高かったのです。

ぴよ太
ぴよ太
びっくりするような成績なんだね!それなら2018年シーズンも敵なしだよね!

そうだと良いんだけど、人生そんなに楽なものではないのです。2018年は下選手にとって試練の年となったのでした。思うように走れない日々が続きました。しかし、9月の日本体育大学長距離競技会では3位に入り、復調の兆しが見えて来たのです。その走りに監督も合格点を与えました。

ぴよ太
ぴよ太
一安心だね!箱根駅伝は距離が長いけど下選手に合ってるの?

箱根駅伝は長い距離が得意な下選手に有利です。しかも高校時代から多くのレースで駆け引きを身に着けています。調子のピークを合わせる事さえ出来ればそのポテンシャルを十分発揮して大きな仕事をしてくれるのではないでしょうか。

続いて、下選手のプロフィールと経歴をご紹介します。

下選手のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:下史典(しもふみのり)
生年月日:1996年6月14日
出身地:三重県亀山市
血液型:A型
身長:174cm
体重:56Kg
所属:駒沢大学

文化放送のインタビュー記事によると、下選手は亀山市にある実家から片道2時間かけて高校まで通学していたそうです。

ぴよ子
ぴよ子
往復4時間掛かるんじゃ練習も余り出来なかったんじゃない?

下選手によると、だからこそ想像力と集中力を養う事が出来たとか。厳しい環境にもめげずに成長したんですね。

A型の特徴は、「几帳面」「計画的」だそうです。彼もそんあ環境の中で計画的に練習していたそうです。

プロフィールについて

6区区間賞(2013年全国高校駅伝)
1区区間賞(2014年全国高校駅伝)
2区区間賞(2015年全国都道府県駅伝)
4区3位(2016年出雲駅伝)
4区4位(2016年全日本大学駅伝)
3区8位(2017年箱根駅伝)
2区3位(2017年出雲駅伝)
4区7位(2017年全日本大学駅伝)
3区9位(2018年箱根駅伝)
エントリー(2018年全日本大学駅伝)

下選手は、亀山市立川崎小学校から亀山市立中部中学校に進みます。この頃から陸上部に入り、三重市町対抗駅伝に出場するなど地元で活躍していました。

その後、三重県立伊賀白鳳高等学校に入学しました。この学校は全国高校駅伝で過去に3位に入るなど常連校として駅伝ファンには有名ですね。

高校で彼の才能は一気に開花しました。2年の時の全国高校駅伝では6区で区間賞、3年生の時は各校のエースが集う1区で2年連続となる区間賞を獲得したのです。

この時に1区を走った選手は現在でも各校のエースです。早稲田大学の新迫志希選手、東海大学關颯人選手・館澤亨次選手・山本修二選手、青山学院大学の橋詰大慧選手など錚々たる顔ぶれの選手と戦ったの勝利は特筆すべき事です。

駒沢大学のチームメイト堀合大輔選手や伊東颯汰選手もこの区間に出場しています。

その後、子供の頃から憧れていた駒沢大学に進学しました。

ぴよ太
ぴよ太
下選手が子供の頃の駒沢大学は常勝軍団だったよね!憧れるのも分かるな!

あの頃の駒沢大学は本当に強かったですよね。下選手が子供の頃の箱根駅伝80回大会81回大会、84回大会で総合優勝しています。きっと下選手はそんな駒沢大学の選手の走りを夢中で見ていたのでしょう。

大学に入っても下選手の成長は止まりません。2016年と翌年の出雲駅伝では共に3位、2016年全日本駅伝では4区を4位、翌年は7位と大活躍を見せました。箱根駅伝では8位と9位と少し物足りない成績なので4年生になった今回の箱根駅伝は期するものがあるでしょう。

そんな出るレースで常に上位の成績を上げてきた下選手ですが、2018年シーズンはスランプに陥っています。全日本駅伝には出場出来ませんでした。

しかし、9月の日本体育大学長距離競技会では3位に入る好走で復活をアピールしました。まだまだ詰めが甘いと監督には指摘されたものの、その復調に監督は合格点を与えています。層の薄い駒沢大学にあって下選手の安定感と経験は欠くことの出来ないものです。その復調の行方が大いに気になるとことですね。

では、次はいよいよ彼女についてご紹介しましょう。

彼女はいるの?

あれだけのイケメンで駅伝でもトップクラスの下選手です。彼女の存在が気になりますよね。しかし、今のところ情報が見つかりません。見つかったらまたご報告しますね。

ちなみに好きな女性のタイプは2016年は有村架純さん!

2017年は中村アンさんでした。

ぴよ子
ぴよ子
全くタイプが違うわよね!

癒し系の有村架純さんから元気いっぱい系の中村アンさんに変わったのは何故なのかな?気になるところですね。

下史典選手の進路はどうなの?

最終学年になった下選手なのでその進路も気になりますよね。既に進路を発表している選手もちらほらいますが、多くの選手はこの時点では進路を明らかにしていません。

ぴよ太
ぴよ太
今は練習で忙しいのかな?

そうですね、箱根駅伝という大きな勝負が直ぐそこに控えています。今はレースに集中したいというのが本音なのでしょうね。発表はそれが終わってからの楽しみという事になりそうです。

おそらく、下選手は今後も陸上を続けるでしょう。どこの実業団に入るかしばらくはヤキモキする日々が続きそうです。

最後に

辛いシーズンのリベンジの舞台は整いつつあります。箱根路を悔いの残らない走りで駆け抜けて下さい!

2018年は試練の年になりました。高校からここまで順調に成長してきた下選手には辛いシーズンでした。しかし、下選手は着々とレースプランを考えながら練習を続けています。重く沈んだ日々は過去になりつつあるのです。

ぴよ太
ぴよ太
お!期待出来そうじゃん!

そうです!そのポテンシャルの高さは誰もが評価するものです。自分の能力だけを信じて、箱根駅伝大きな舞台に正々堂々挑んで下さい。

結果を恐れずに戦えば道は自ずと見えてくるものです。その道を進んで下さい。

頑張れ、下選手!