フィギュアスケート

羽生結弦が試合前に口パクで歌っている曲一覧!過去〜最新情報も追記あり

世界的に有名なフィギュアスケーターの羽生結弦選手、かっこいい上に純粋で、他者への感謝を忘れない彼には、多くのファンがついています。

そして、その試合となれば、注目度もすごいもので・・・その中で注目されているのが「羽生結弦選手が口パクで歌っている曲」です。

羽生選手は自分の集中力を高めるために、試合前にはイヤホンで曲を聞きながら、それを全力で口パクしています!

ファンからすれば、「なんの曲でそんなに激しく口パクしてるの?」と気になるところ。

今回は、これまで羽生選手が試合前に口パクで歌ってきた曲についてご紹介いたします。

最新口パク情報!

2018年11月4日にフィンランドで行われた国際大会に出場した羽生結弦選手。

男子フリーの練習前に、待機所で口パクで熱唱している姿が捉えられています。

その口の動きから、何という曲かもわかっていますが、わかった人純粋にすごいと思う!!

ほんと、口パクと曲がぴったんこですね。素晴らしい!

 

  • アーティスト:Rhythmic Toy World
  • 曲名:僕の声

「弱虫ペダル」というアニメのOPになった曲です。

このネタがニュースにまでなるんですから、改めて羽生選手の注目度と、この曲を特定した方の凄さがわかりますね!

こちらがその弱虫ペダルのOPとなった「僕の声」です↓

応援ソングですね!私もこのノリの良い曲が好きで、気持ちを高める時にこの曲を聞いてから作業します。

羽生選手のこの口パクが広がってからというもの、色々な反響が出てきました。

口パクの反響

羽生結弦選手の口パクが報道されることで、「かっこいい!素敵!」という声が多かったのですが、その中に「キモい」「ファン減らないの?」なんて声もありました。

確かに報道陣がいて、自分の注目度もわかっている上でこのように思いっきり口パクすることに対して「え〜」と思う人もいるのでしょう。

しかし、私は彼の口パクに対してこう思います

羽生選手は周りにどう見られているとか気にしないし、どう思われたいとかそんな安い承認欲求で動いているわけではない。

周りの目を気にせず、とにかく自分が最高の演技をしたい、それをみんなに見てもらいたいと思っている。

あの場であそこまで自分の世界に入り込める人は中々いない、これは本当にすごい彼の能力と言ってもよいのではないだろうか。

だからこそ、世界で1番と誰もが認めるような演技ができるし、それに満足せずに、もっとたくさんのことを成し遂げようとする思いが強いからこそ、彼は周りの目を気にせずに、自分の気持ちを高め、コンディションを整えることに集中できるのだろう

人それぞれの捉え方はあると思いますが、その姿がどうこうというより、ここまで自分の世界に入り込めることがすごくて、彼の気質、才能の一つと感じています。

見ているこっちが恥ずかしいという声もありますが、恥ずかしいとか、そんな世界に彼はいないと思うんですよね。だって、実際に試合前に口パクで自分の世界に入り、それで羽生選手は世界王者の座を取っているのですから。

また、アメリカの研究から、音楽を聞くと脳に重大な影響を及ぼすという結果が発表されました。

音楽を聞くことで、集中力が高まり、学習能力以外でも効果があることがわかってきています。

普通に聞くだけでなく、ここまで自分の世界に入り込んでいたら、それはもう集中力がすごいことになっていそう!

そんな羽生選手がこれまでに歌ってきた曲がたくさんあります。過去の口パクの曲もご紹介していきますね。

過去に口パクで歌ってきた曲は?

羽生結弦選手は2018年2月に放送されたTOKYO FMのスペシャル企画『アスリートたちのCheer up SONGS』で、「試合前に聴く曲」や「心の支えとしている」曲を教えてくれました。

これまでに試合前に聞いてきた曲をご紹介いたします。

 

  • アーティスト名:阿部真央
  • 曲名:戦いは終わらない

この曲を試合前に聞く理由は、自分自身を鼓舞してくれるからです。

羽生選手は「自分自身を代弁してくれるような曲。本当に力強い阿部真央さんの声、『自分に自信を持っていいんだよ』と思えるような曲です」と語っていました。

羽生選手の魅力は、その「自信に満ちた堂々とした演技」です。

その思いにピッタリ合って、背中を押してくれるのがこの「戦いは終わらない」なのでしょうね。

 

  • アーティスト名:BUMP OF CHICKEN
  • 曲:夢の飼い主

もともとバンプが好きだった羽生選手。なんと、全曲歌えるくらい好きで聴いているんだとか!

そして、羽生選手がこの「夢の飼い主」を聞いていたときの気持ちとリンクするような歌詞だったので、試合前に聞くようになったんです。

こちらが羽生選手のインタビュー時のコメントです。

何よりも今回は夢の舞台ということもありましたし、この曲の主人公がだんだん夢に味付けをしていってしまって…その感じがちょっと自分にもあって。ずーっと自分で『これが夢だ!』と思っていたからこそ、いつのまにか純粋な気持ちを忘れてしまってたな、ということを思い返すことができた曲です。

なるほど、曲の主人公と自分を重ねていたわけですね。

 

  • アーティスト名:和田光司
  • 曲名:風 ~re-fly ver.~

和田光司さんは数年前にお亡くなりになりましたが、その曲は今でもたくさんの方に愛されています。

羽生選手もその一人です。デジモンアドベンチャーを見ていた世代なら、この曲を聞いて「懐かしい・元気になる」という方が多くいらっしゃいます

私はデジモンアドベンチャーならButterflyという曲が一番好きですね!

さて、どうでも良い自分の話をしちゃいましたが、もう一つ忘れてはいけない曲もご紹介しちゃいましょう!

 

  • アーティスト名:ONE OK ROCK
  • 曲名:完全感覚Dreamer

これはもう、言わずともがなテンションバク上げの曲ですね!

テンションが上がると心がふわふわして、自分が何でもできる気になります。そういう気持ちになっていると、自分がこれまでできなかったことをヒョイっとクリアしてしまったり、いい影響を周りに与えたり、運を呼び寄せたり・・・とにかくいい事だらけなんですよね。

私はバラードでもテンションを急上昇させることができるので(笑)、大切な発表や試験の前には、羽生選手のように好きな曲聞いて「無敵状態」で挑みます!

 

  • アーティスト名:The Sketchbook
  • タイトル:覚醒

羽生選手が、TV番組に出た時に好きな曲として紹介していました。

こちらの曲もノリノリな曲ですよね!羽生選手の好きな曲がわかってきた気がします。逆に、こっちから、「こんな曲もいいですよ」と紹介するのもありかも?

しかし、口パクばかりで、本人の歌声が週力されているのは殆どありません。それは一体何故でしょうか?

何故声を出さないの?

以前羽生結弦選手が番組に出て、好きな曲を紹介した時に、「歌ってください」と言われたものを、珍しく強く拒絶しています

口パクばかりですし、「歌は音痴なんじゃないか」と言われていますが、本人もそれは認めています。

羽生選手は周りの人に「ぼくは歌が下手、歌がうまくなりたい」と話しているのです。

人前で歌うことは頑なに拒否するのは、音痴ということもありますが、「音」へのこだわりがあるからです。

「音のこだわりとか表現とか音のハマり方とか、それは絶対ゆずれない」

と羽生選手は語っています。

実は、過去に何度か歌唱シーンのあるCMに出演している羽生選手ですが、どれも口パクです。

これはオファーが来た時に、羽生選手自身が歌うことを拒んでいるんだとか。

ぴよ子
ぴよ子
歌が苦手っていうのもあるんだろうけど、自分が歌っているところを見せると、その曲を作った方々に対して失礼・・・なんて思っているのかも
うさ子
うさ子
まじめで、人のことを気遣う羽生選手ならありえるね!

本人も歌がうまくなりたいと言っていますし、羽生選手にボイトレの時間をあげてください!(笑)

まとめ

今回は、羽生選手がこれまで口パクでテンションを上げてきた曲がわかりましたが、いかがでしたでしょうか。あなたのテンション上がる曲と一致したものはありましたか?

ロックな曲や、歌詞が応援系だったり、立ち上がろう!みたいな曲を好んで聴くということがわかりました。

また、演技をする時のテンポとあった曲を毎回選んでいるかもしれませんね。

背中を押してくれるような歌を聞きながら自分の世界に入ることで、素晴らしいパフォーマンスができるということが羽生選手を通してわかりました。

これからも、羽生選手の口パクの映像が出たときは、なんの曲なのかリサーチしていきますね!