駅伝

喜早駿介(仙台育英)の父親や兄を紹介!出身中学や自己ベストについて

喜早駿介(きそうしゅんすけ)選手は、優勝を狙う仙台育英高等学校の中心メンバーです。2017年全国高校駅伝では1年生ながらエース区間の1区で4位に入る鮮烈なデビューを飾って駅伝ファンを驚かせました。

2018年は、5000mでも3000mでも自己ベストを更新しています。強豪が揃う全国高校駅伝での1区でどこまで上位に食い込むか注目されています。

仙台育英にはムセンビ選手・吉居大和選手など強力なメンバーがいます。喜早選手が上位でタスキを渡せることが出来れば優勝が見えてくるでしょう。優勝を左右する喜早選手の走りが大きな見所です。

もう一つ喜早選手が注目されていることがあるんですよ。

ぴよ太
ぴよ太
それは何なの?

まず、この喜早駿介選手の写真を見て下さい。

ぴよ子
ぴよ子
あら、とびきりのイケメンね!

そうなんです。その爽やかなイケメン顔の喜早選手は、女性ファンから熱い注目を集めているんですよ。

ここでは、そんな喜早選手のプロフィールや経歴、自己ベストについて、お父さんや仲良しのお兄さんについてご紹介します。

喜早駿介選手ってどんな人?

喜早選手は、爽やかで上品そうなイケメンが一番の特徴です。

お茶目なところもある好青年でもあります。

チーム内でもすっかり溶け込んでいて、学校生活を満喫する普通の高校生でもあります。

ぴよ太
ぴよ太
ホント楽しそう!
ぴよ子
ぴよ子
そんな喜早選手は、陸上選手としてはどうなの?

喜早選手は、ランナーとしての実績も素晴らしいんですよ。

中学の頃から全国中学駅伝に出場して7位に入るほどの成績を残しているんです。宮城県ロードレースの3000mでは優勝しています。

高校に入ってもその才能を伸ばし、1年生の2017年全国高校駅伝で4位に入り、2018年は3000mでも5000mでも自己ベストを飾るなど将来が期待される選手なのです。

今回の全国高校駅伝でも大きな役割を担っているんです。

仙台育英は2017年の全国高校駅伝では26位に沈んだ苦い経験があります。今回はそのリベンジを果たしの優勝を狙っています。

ぴよ太
ぴよ太
仙台育英って強豪チームだよね。26位って意外!何が原因だったの?

それが、残念なことに選手の体調不良など不運が重なってしまったのです。特に1区を走ったエースの小島優作選手が脚の故障で45位と大きく遅れてしまったのが後々まで影響してしまいました。

その悔しさを抱えながら過ごしたのがこの1年なのです。小島選手のためにも、仙台育英のためにも絶対に負けることが出来ない大勝負なんですよ、今回の全国高校駅伝は。その先鋒を任されるだろう喜早選手もリベンジに燃えています。きっと素晴らしい走りでファンを魅了してくれることでしょう。

では次に、喜早選手のプロフィールと経歴についてご紹介しましょう。

喜早駿介選手のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:喜早駿介(きそうしゅんすけ)
生年月日:不明(2018年12月現在高校2年生)
出身地:宮城県仙台市宮城野区
血液型:不明
身長:162cm
体重:45kg
所属:仙台育英学園高等学校(仙台育英高校)

「きそう」って名前がいかにも駅伝の選手に合っていますよね。喜早って珍しい名前ですよね。言い伝えでは伊勢外宮社家(簡単に言うと清和天皇の子孫です)という由緒ある名字なんです。そう言えば、喜早選手って上品な顔をしていますよね。血筋のせいなのかな?

宮城県の人は、人当たりがよく、そこそこおしゃべりだそうです。写真を見ると喜早選手もそんな感じがしますよね。

経歴について

5区7位(2015年全国中学駅伝)
優勝(2016年宮城県ロードレース3000m)
7区4位(2017年全国高校駅伝)
1区17位(2018年3月伊那駅伝)
22組7位(2018年4月日本体育大学長距離競技会5000m)
4位(2018年4月チャレンジ・ミートゥinくまがや3000m)
3位(2018年5月宮城県総合体育大会陸上競技大会1500m)
7位(自己ベスト:14分19秒03/2018年6月東北総合体育大会陸上競技大会5000m)
13組2位自己ベスト:8分17秒25/2018年9月さいたま市ナイター陸上3000m)
6位自己ベスト:14分17秒87/2018年9月プレミアムゲームス・イン酒田5000m)
35組5位(2019年11月日本体育大学長距離競技会5000m)

喜早選手は仙台市高砂中学校出身です。中学時代の2015年には早くも全国中学駅伝にデビューしています。結果は5区を走り7位という素晴らしい走りを見せました。2016年宮城県ロードレースの3000mでは優勝を飾っています。

その後、喜早選手は仙台育英学園高等学校に進学します。2017年全国高校駅伝では1年生ながら7区を走って4位という好成績を上げました。

そして迎えた2018年は自己ベストを記録するなどさらに成長した姿を見せています。

3月の伊那駅伝は怪我明けということもあって17位と不本意な成績に終わります。

しかし、4月日本体育大学長距離競技会5000mでは22組で7位と少しずつ調子が上がって来ます。

6月東北総合体育大会陸上競技大会5000mでは自己ベストで7位!

2018年9月さいたま市ナイター陸上では3000mでも自己ベストを更新しました。絶好調です。

2018年9月プレミアムゲームス・イン酒田5000mでもまた自己ベスト!好調が続きます。

全国高校駅伝を直前に控えた11月日本体育大学長距離競技会5000mでは35組5位に入りました。順調に仕上がっており、都大路でもその切れ味鋭い走りを見せてくれるのでないでしょうか。

自己ベストについて

■5000m
14分19秒03/2018年6月東北総合体育大会陸上競技大会
14分17秒87/2018年9月プレミアムゲームス・イン酒田
■3000m
8分17秒25/2018年9月さいたま市ナイター陸上

2018年は5000mでも3000mでも自己ベストを更新しています。特に5000mはチームで3位の記録です。

十分期待できるでしょ?

では次に、喜早選手のご家族についてご紹介します。

喜早駿介選手のお父さんとお兄さんについて

喜早選手のお父さんは全国高校駅伝を走ったことがあります。Instagramにはお父さんが喜早選手にトレーニングウェアを贈ったという書き込みもありますし、きっと大好きなお父さんなんでしょうね。「パパありがとう」って書かれているんですよ。

お兄さんは太一さん。順天堂大学の陸上部に所属しています。お兄さんともとてもいい関係みたいですよ。優しいお兄さんですね。

最後に

気負わずに、その明るさのままに都大路を駆け抜けて下さい!結果は後から付いてくるものです!

喜早選手は、不調にあえいだ仙台育英の昨年のリベンジを飾るという大きな責任を背負っています。まだ決まった訳ではありませんが、おそらくは1区を担当することになると思われます。

1区と言えば、各校のエースという強豪が集まります。そこでの苦しい勝負が待っています。気負いはあるでしょうね。でも、ポテンシャル十分の喜早選手です。自分の力を信じて自然体で走って欲しいです。

そうすればきっといい結果が待っているはずです。奇をてらわずに正面から勝負する姿を楽しみに応援していますね!

ゴールで爽やかな笑顔を見せて下さい!