駅伝

箱根駅伝2019東海大学のエントリーメンバーを紹介!注目選手もチェック

2019年に行われる、第95回箱根駅伝。

その箱根駅伝と言えば大学三大駅伝の1つです。

  • 出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)
  • 全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権大会)
  • 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

と、そのシーズンの最後を締めくくる、また年始一番に行われる駅伝で、日本中が注目しています。

そんな駅伝の中で優勝にからんでくるのではないかと期待されているのが「東海大学」!
前回は最終10区で早稲田大学と日本体育大学の2校に抜かされて無念の5位でした。そのリベンジを果たすべく箱根にやって来ます。

ぴよ太
ぴよ太
過去最高の順位は2位!黄金世代が揃った今年こそ優勝を狙っているんだよ!
ぴよ子
ぴよ子
スピードがある選手が揃ってるよね。今年は長距離を走れるスタミナもつけてるし優勝も夢じゃないんじゃない?

今回はそんな東海大学のエントリーメンバーや注目選手をご紹介いたします!

この記事を見るだけで、箱根駅伝がいつもの数十倍楽しみながら視聴することができますよ♪

箱根駅伝を見ながらこの記事をお供にするもよし、予習に使うも良し、ぜひ最後までお楽しみください。

箱根駅伝2019のエントリーメンバー

それでは箱根駅伝のエントリーメンバーをご紹介いたします。

東優汰(あずまゆうた)

東優汰:4年生

今年自己ベストを更新するなど絶好調の東選手は、ここまで苦難の人生を歩んで来ました。そして今、左ひざの手術喘息の発作を乗り越えてここまで登りつめて来たんです。

それだけでも心の強い選手だって分かりますよね。

今回が初めての箱根駅伝になりますが、3年間思うように練習が出来なかった悔しい思いを今回一気に爆発させてくれるでしょう。

そのスピード溢れる走りに注目して下さい。

湊谷春紀(みなとやはるき)

湊谷春紀:4年

湊谷選手は個性派軍団東海大学を率いる主将

その責任感の強さで選手を箱根まで引っ張って来ました。主将として任務は激務です。常に選手のコンディションに気遣わなければなりませんし、悩んでいる選手の相談役でもあります。

そんな任務がありながら3月の新潟ハーフで自己ベスト、関東インカレでは7位入賞と今期好調!周りの選手をその走りで大いに刺激しました。

昨年の箱根駅伝では9区で5位と納得のいかない走りに終わっただけに今回に掛ける思いは人一倍強い湊谷選手です。きっと去年以上に熱い走りを見せてくれるでしょう。

▶湊谷春紀選手について知りたい方はコチラをチェック◀

湯澤舜(ゆざわしゅん)

湯澤舜:4年

湯澤選手は前回の箱根駅伝ではエントリーされたものの出場することが出来ませんでした。

その悔しさをぶつけるように今期は、関東インカレのハーフマラソンで日本人トップ、出雲駅伝でも全日本大学駅伝でもアンカーを任され、区間4位と2位に入ったんですよ。

粘り強い走りとスピードを併せ持った素晴らしいランナーです。波がなく安定した走りが出来るのも特徴。東海大学の弱点は長距離に苦手意識があることですが、その不安を湯澤選手が消し去ってくれるでしょう。

鬼塚翔太(おにづかしょうた)

鬼塚翔太:3年

トレードマークは茶髪!東海大学一のスピードランナーです。足を高く上げるフォームは芸術品なんですよ。

2018年の5000mランキング6位、10000m7位という日本人大学生ではトップクラスの記録保持者です。

しかし、その鬼塚選手はこの秋怪我で出遅れて東海大学のファンを大いに心配させました。
この選手がいるかどうかで優勝の行方が左右するほど重要な役どころの選手だからです。

でも心配ありません。11月の5000mのレースで自己ベストに迫るタイムを出して不死鳥のように甦ったのです。

前回の箱根は3区で3位。今回は区間賞を狙って来るでしょう。

▶鬼塚選手について知りたい方はコチラをチェック◀

郡司陽大(ぐんじあきひろ)

郡司陽大:3年

3大駅伝デビューは3年の今年でしたが、出雲駅伝3位、全日本大学駅伝2位という鮮烈なデビューを果たしました。赤丸急上昇中の注目選手ですよ!

162センチと小柄ですがウエイトトレーニングで鍛えたその身体は長距離にも十分耐えうるパワーがあるんです。

お兄さんの郡司貴大さんも駒沢大学で箱根駅伝を走り8区で11位という成績を残しています。当然お兄さん超えを目指しています。

「腹ペコランナー」と言われるほどよく食べる選手です。きっと長距離が苦手な東海大学の穴を埋めてくれるでしょう。

▶郡司選手について知りたい方はコチラをチェック◀

河野遥伎(こうのはるき)

河野遥伎:3年

2018年は、六大学対抗陸上1500mで1位、上尾ハーフで自己ベストを更新するなど急激に伸びてきた選手です。

未知の力を秘めている選手なのでどんな走りを見せてくれるか楽しみですね。比較的短い距離で力を発揮するタイプなのでおそらく箱根でも距離の短い区間を任せられることでしょう。

ノッているだけにびっくりする活躍を見せてくれるかもしれませんよ。

小松陽平(こまつようへい)

小松陽平:3年

小松選手の何よりの特徴は長い距離に強いことです。11月の上尾ハーフではエース級の關颯人選手や館澤亨次選手を上回るタイムを叩き出しているんですよ。頼もしい存在ですよね。

中学校まではバスケットボールの選手でした。陸上を始めたのは遅かったですが、ここに来て急激に伸びて来ている選手です。

この選手が長距離に強い青山学院大学の選手に食らいついていけば東海大学の優勝が見えてくるでしょう。その走りに注目して下さい。

▶小松陽平選手について知りたい方はコチラをチェック◀

阪口竜平(さかぐちりょうへい)

阪口竜平:3年

2018年は坂口選手には試練の年になってしまいました。怪我で思うように走れなかったんです。しかし、坂口選手が怪我を克服して箱根に帰って来ました。

その復帰を多くのファンが待ち望んでいたんですよ。それほど東海大学には欠かせない選手なんです。

2017年の出雲駅伝では区間賞を獲得、続く箱根駅伝では7位に入った実力者です。1年間のウサを晴らすような爆発的な走りが注目されます。

關颯人(せきはやと)

關颯人:3年

關選手は、イケメンが揃う東海大学でも一際目立つベスト・オブ・イケメンとも言われます。Twitterでは「イケメンすぎる」って言葉が並ぶほどなんですよ。

しかし、そんな關選手、顔だけじゃないんです。東海大学のエースの一人なんですよ。
その走りはスタイリッシュ!しかも爆発的な走りが魅力の選手なんです。

ただ、2018年は故障に泣いています。5月に発覚した左足の内くるぶしの疲労骨折です。今期は絶望なのかと東海大学のファンをがっかりさせましたが、もう大丈夫!

出雲駅伝では区間2位、全日本大学駅伝でも区間4位と見事な復活劇を演じたんですよ。
待望のエースが戻って来たのです。箱根でもファンを歓喜させるでしょう。

▶關颯人選手について知りたい方はコチラをチェック◀

館澤亨次(たてざわりょうじ)

館澤亨次:3年

館澤選手は、1500mでは他を寄せ付けない圧倒的な力を持ったスピードランナーです。出るレースはことごとく優勝してしまう凄い選手なんです。ゴール後に見せるガッツポーズも有名なんですよ。

でも、箱根駅伝は長距離!長い距離では息切れしちゃうんじゃないかと心配な人もいるでしょう。
しかし、館澤選手にそんな心配は無用!

出雲駅伝は2年連続区間2位、2017年の全日本大学駅伝では区間賞を獲得しています。それよりもっと距離の長い箱根駅伝でも2位に入るオールマイティーな選手なんです。

東海大学が優勝するかはこの選手の走りに掛かっていると言って良いでしょう。

▶館澤亨次選手について知りたい方はコチラをチェック◀

中島怜利(なかじまれいり)

中島怜利:3年

箱根駅伝で5区の上り坂と並んでの難所が6区山下り!その区間を担当するのがこの中島選手です。

とにかく足にくるキツい区間なんですよ。しかし、中島選手にかかればそんな難所も問題なし!

2018年の箱根駅伝で中島選手はこの6区を走り、9位のチームを5位まで引き上げる快走を見せました。しかも前夜眠れずに体調が悪いまま臨んでの区間2位です。

11月上尾ハーフでも好調な姿を見せてくれました。
今期もきっと青山学院大学の小野田選手との激突が見られるでしょう。

▶中島怜利選手について知りたい方はコチラをチェック◀

西川雄一朗(にしかわゆういちろう)

西川雄一朗:3年

西川選手は、183センチのスラリとした長身選手です。しかも人の良さそうなイケメン!チームのみんなから愛される性格の良さなんです。言うことがないですね。

2018年は出雲駅伝で6位、全日本大学駅伝では4位の絶好調です。箱根駅伝の目標は区間賞だそうですよ!

監督からも、まだまだ伸びしろのある選手と高く評価されています。目標通り区間賞が穫れるかもしれませんよ。

▶西川雄一朗選手について知りたい方はコチラをチェック◀

松尾淳之介(まつおじゅんのすけ)

松尾淳之介:3年

駅伝界きっての癒し系美少年!
見るからに良い人なんですよね~

もちろん、それだけが取り柄の選手ではありません。世界クロスカントリー選手権にも出場したことがある実力者なんです。

2018年の出雲駅伝では4位に入る好成績を上げています。しかし、箱根駅伝では2年連続12位とまだ思うような成績を上げられていないんです。

だからこそ今回の箱根に掛ける思いは誰よりも強いでしょう。今期は3000mで自己ベストを更新するなどノッています。その勢いで箱根路を駆け抜けてくれるでしょう。

▶松尾淳之介選手について知りたい方はコチラをチェック◀

鈴木雄太(すずきゆうた)

鈴木雄太:2年

2017年は1500mと3000mで自己ベストを更新しています。2018年は10000mで自己ベストです。

まだこれから伸びていく選手ですね。タレント揃いの東海大学の中ではけっしていいタイムを出しているとは言えませんが、駅伝という競技は時々思わぬ選手が偉業を成し遂げることがあります。

鈴木選手がその潜在能力を発揮してびっくりするような走りを見せるかもしれませんよ。

西田壮志(にしだたけし)

西田壮志:2年

西田選手は2年生ながら2018年の日本ハーフで3位、全日本大学駅伝でも3位を獲得!

その急成長ぶりには驚かされます。黄金世代と言われる3年生にも負けず劣らない成績を残しているのです。

身長は161センチと小柄ですが、その潜在能力はとても高いんですよ。
今回の箱根では上りの5区を任されるのではないかと言われています。山の神になれるのか、大注目の選手です。

▶西田壮志選手について知りたい方はコチラをチェック◀

本間敬大(ほんまけいた)

本間敬大:1年

本間選手は、今回の東海大学のセントリーの中では唯一の1年生ランナーです。佐久長聖高等学校3年の時に4区を走り、見事な区間賞に輝きチームを優勝に導きました。

2018年は10000mで自己ベストを更新しました。タイム的にはまだ物足りないものがありますが、伸びしろも心の強さもある選手です。

もし出場することになれば思わぬ走りを見せてくれるかもしれませんよ!

注目選手はこの人!!

エース級の選手が目白押しの中で一番の注目はズバリ西田壮志!

この選手の山上りが東海大学の命運を握っていると言って良いでしょう。しかもまだ2年生!

恐るべき潜在能力を秘めているだけに、爆発的な走りで山を軽々と駆け上るのではないと注目が集まっています。

知将両角速(はやし)監督の采配にも注目!

ダイエットして胴上げに備えているという両角監督!

恒例の箱根駅伝トークバトルでは会場を爆笑の渦に巻き込んで青山学院大学の原監督に圧勝しました。著書はロングセラーにもなるほどで陸上選手だけでなくビジネスマンにも読まれるほど奥が深いものなんですよ。

そんな知性的な両角監督がどんな采配を振るい、トークバトル以上の大勝利をつかむのか大いに注目したいですね。

▶両角監督について知りたい方はコチラをチェック!◀

まとめ

ここまで東海大学のエントリーメンバーを紹介させていただきました。どのメンバーを見ても凄いでしょ!

確かに優勝を争う青山学院大学は怪物のような存在です。しかし、東海大学もけっして引けを取らないほどのメンバーを揃えているのです。

東海大学のストロングポイントはスピード!

しかし、弱点は長距離に弱いことです。箱根駅伝のように長距離区間が続くコースをどう克服するのかが課題でした。

今期は持久力の養成に力を入れて来ました。弱点を克服しつつあるのです。箱根駅伝でその成果どう出るのか、大いに楽しみです。