駅伝

箱根駅伝2019駒沢大学のエントリーメンバーを紹介!注目選手もチェック

2019年に行われる、第95回箱根駅伝。

その箱根駅伝と言えば大学三大駅伝の1つです。

  • 出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)
  • 全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権大会)
  • 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

と、そのシーズンの最後を締めくくる、また年始一番に行われる駅伝で、日本中が注目しています。

そんな駅伝の中で優勝にからんでくるのではないかと期待されているのが「駒沢大学」!
2018年の箱根駅伝では12位でシード権を逃してしまいました。

しかし、今年の駒沢大学は見事に生まれ変わり、箱根駅伝予選会で圧倒的な力を見せつけてトップ通過したのです。

ぴよ太
ぴよ太
平成の常勝軍団と呼ばれてたよね、駒沢大学は!でも、全日本大学駅伝では4位だったけど大丈夫?
ぴよ子
ぴよ子
上位チームの強さを改めて知って自分たちを見つめ直したらしいわよ!タレントが揃ってるし、あなどれないチームになって箱根に登場しそうよ!

今回はそんな駒沢大学のエントリーメンバーや注目選手をご紹介いたします!

この記事を見るだけで、箱根駅伝がいつもの数十倍楽しみながら視聴することができますよ♪

箱根駅伝を見ながらこの記事をお供にするもよし、予習に使うも良し、ぜひ最後までお楽しみください。

伊勢翔吾(いせしょうご)

伊勢翔吾4年

イケメンで有名な伊勢選手は顔だけではありません。日本ハーフマラソンで2位に入るほどの実力者なんですよ!

2018年の箱根では最終10区を走り4位に入りました。しかしその順位に喜びはありませんでした。シード権を失ったからです。

今回はリベンジマッチ!前回を上回る順位で高校の頃から憧れていた駒沢大学に優勝を届けたいところです。

実業団コニカミノルタ行きも決まりましたし、思う存分勝負の走りが出来そうです。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

片西景(かたにしけい)

片西景:4年

片西選手は全国高校駅伝など全く縁のない無名の高校で一人こつこつと練習してきた一匹狼!
苦労も山ほどして来ました。

だから気持ちの強さは誰にも負けません。もちろん実力もピカイチなのです。
ユニバーシアードで優勝した選手なんですよ。凄いでしょ!

前回の箱根では3位でした。2019年箱根駅伝予選会ではチームトップの記録、2018年の全日本大学駅伝では5位に入り好調を維持しています。

ただ、まだ3大駅伝では区間賞がありません。大学4年、最後の駅伝で区間賞を目指して激走するでしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

下史典(しもふみのり)

https://platform.twitter.com/widgets.js

下史典:4年

伊勢選手と並び駒沢大学が誇るイケメン!
実業団の富士通に就職先も決まり心に余裕も出て来てるのではないでしょうか。

ポテンシャルは高いものを持っている下選手ですがまだ3大駅伝では大きな成績を残していません。
2018年シーズンも精彩に欠くものでした。

しかし最後の駅伝に思うところもあるでしょう。経験も豊富です。
その潜在能力さえ出せば上位の走りが見られますよ。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

白頭徹也(はくとうてつや)

白頭徹也:4年

白頭選手は駒沢大学に入ってから10000m・ハーフマラソン共に年々タイムを伸ばして来ました。2018年も両競技で自己ベストを更新しました。

その安定した走りはつなぎ役にもってこいです。監督も不安な思いになることなしにこの選手に勝負を託せます。
そういう選手って地味ではありますが貴重な存在なんですよ。

しかも好調を維持しています。
座右の銘は「初志貫徹」!
何が何でも目標を叶えるんだという強い思いを感じさせる選手です。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

堀合大輔(ほりあいだいすけ)

堀合大輔:4年

堀合選手は、駒沢大学のチームリーダー!
そのリーダーシップで駒沢大学を箱根路まで引っ張って来たのです。その努力には脱帽です。

特徴は182センチの長身!
でも、その長身なのにピッチ走法なんですよ。不思議に思われる方もいるでしょうが、その走りこそこの選手の武器なんです。
ピッチ走法は省エネ走法です。箱根駅伝のような長距離でも疲れずに走り切ることが出来るんですよ。

実際、2017年の出雲駅伝では5位、全日本大学駅伝では区間賞、そして2018年の箱根駅伝では2位といずれも好成績をマークしているんですよ。今回が最後の駅伝です。かならずや区間賞を狙って来るでしょう。

進路も実業団のヤクルトに決まり、何の心配もなくなりました。
いい走りを見せてくれるでしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

大坪桂一郎(おおつぼけいいちろう)

大坪桂一郎:3年

前回の箱根駅伝では悔しい区間16位という成績に終わりました。普段はクールな顔を見せる選手ですがうちに秘めた思いは強いものがあります。

2018年は10000mでもハーフマラソンでも自己ベストを更新して箱根に乗り込んで来ます。前回走った経験は必ず活きるはずです。そのための練習も欠かさずにやって来ました。

観客が喜ぶ走りをしたいという言葉通りの走りをしてくれるでしょう。

中村大成(なかむらたいせい)

中村大成:3年

2019年箱根駅伝予選会では出場選手中22位、全日本大学駅伝では区間8位と今期好調です。
大八木監督もその走りに期待を寄せています。順位を守りながら上を狙うつなぎ役として良い活躍をするのではないかと期待されています。

チーム内に「なかむらたいせい」という選手が2人いるため、東北出身の彼は「東北たいせい」と呼ばれているんですよ。
今回初の箱根駅伝です。気負わず走ることが出来るかがポイントですね。

中村大聖(なかむらたいせい)

中村大聖:3年

もう一人の「なかむらたいせい」です。こちらは埼玉栄高等学校出身なので「栄たいせい」と呼ばれているんですよ。

身長177センチの長身にして学生リーダー!
しかもイケメンです。陸上選手としての実力も凄いんですよ。
今期、10000mとハーフマラソン両方で自己ベストをマーク、全日本大学駅伝では4位に入りました。

以前、監督から頼りないと言われたこともありますが、今やチームの中心選手です。リーダーシップもあり、責任感も強くなりました。

勢いのある選手なので箱根駅伝でも上位に食い込む走りが期待されます。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

原嶋渓(はらしまけい)

原嶋渓:3年

出身は刈谷高等学校!
偏差値72を誇る進学校なんですよ。けっして駅伝が強くないそんな公立高校で頑張って頭角を現した選手です。

疲労が溜まりやすい体質で怪我も多かったのですが、2年の時から生活習慣を見直し真正面から陸上に向き合うようになりました。

その成果があって2018年は10000mで自己ベストをマーク、世田谷ハーフでも8位に入るなど急激に成績を上げるようになったのです。

今回が初の箱根駅伝になるので不安もあるようですが、気負わず走れば思わぬ好タイムが出るかもしれません。

山下一貴(やましたいちたか)

山下一貴:3年

とても素直で細かいところまで気が回る選手です。笑顔がまた素敵なんですよ。

今期絶好調で自己ベストを次々に更新しています。2018年箱根駅伝予選会では伊勢選手に次ぐ2位に入り、今は駒沢大学の秘密兵器と言っても良い注目の選手です。箱根駅伝での目標はズバリ「区間賞」!
その言葉がけっして夢ではないほどの実力者の山下選手の走りが駒沢大学の順位を決定づけることになるでしょう。

伊東颯汰(いとうそうた)

伊東颯汰:2年

駒沢大学では珍しく爆発力がある走りが特徴の選手です。
終盤誰もが疲れるタイミングで再加速出来るタフな走りは見ていて爽快ですよ。

今期は自己ベストを大きく縮めるなど絶好調!
本人は5区の山上りを希望しているそうです。体力勝負の5区にはうってつけの選手ですね。

まだ他校から余りマークされていませんが、きっと素晴らしい走りで皆を驚かせる事でしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

小島海斗(おじまかいと)

小島海斗:2年

駒沢大学が誇るスピードスター!
2018年はレースに出るたびに自己ベストを更新する凄まじい勢いです。

とりわけ5000mの自己ベストは駒沢大学でトップなんですよ。
その特徴は鋭いギヤチェンジ!

他の選手が一番苦しくなる時に一気にダッシュできるんです。
きっと箱根駅伝でもその特徴的は走りがファンをひきつけることでしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

小原拓未(おばらたくみ)

小原拓未:2年

2018年は10000mで自己ベストを更新、関東インカレでは9位、上尾ハーフでも好タイムをマークしています。

性格はお調子者。子供の頃から「サル」て愛称で呼ばれてたらしいですよ。
でも、そういう明るくて活動的な選手はチームのムードメーカーになりますよね。いるだけでチームがまとまるみたいなそんな愛すべきキャラクターなんです。

しかし、陸上に対する情熱は強く、ストイックなんです。まだ2年生の伸び盛りの選手でもあります。箱根駅伝で一気に名前が知られるような走りを見せてくれるかもしれませんよ!

加藤淳(かとうあつし)

加藤淳:2年

加藤選手はなんと高校時代に早くも5000mで13分台という凄い記録を出したんですよ。そんな選手そうはいません。

2017年以降レースに出ていませんでしたが2018年に復活!
いきなり箱根駅伝予選会で19位に入る素晴らしい走りを見せました。現在絶好調で、今回の箱根でも区間上位の走りが期待されます。

大八木監督を胴上げしたい、その思いで箱根路を快走するでしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

神戸駿介(かんべしゅんすけ)

神戸駿介:2年

神戸選手は、一般入試を経て駒沢大学に入った異色のランナーです。そのたくましい雑草精神は駒沢大学の選手たちに大きな刺激を与えました。

2018年は出るレースで次々に自己ベストを更新しています。箱根駅伝予選会でも29位に入りました。

駒沢大学の中では最下位の順位でしたが、まだまだ成長する選手です。この順位で甘んじるような弱い選手ではないのです。
もし箱根駅伝に出場することになれば、きっと強い思いを全面に出した熱い走りが見られることでしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

花崎悠紀(はなさきゆうき)

花崎悠紀:1年

花崎選手は、今回駒沢大学のエントリーの中で唯一の1年生ランナーです。

エントリーされなかった選手でこの花崎選手よりも良い記録を持った選手も何人かいます。
なのに選ばれたのは監督がそれだけ将来を期待している証拠です。

実際5000mで自己ベストを更新するなど伸び盛りの選手なのです。
今回の出場は難しいかもしれませんが、来年の成長が楽しみですね。その一歩がこのエントリーなのです。

注目の選手はこの人!!

スバリ、エースの片西景選手です!

誰よりも強い思いで走るその姿は一見の価値がありますよ。箱根駅伝予選会で駒沢大学トップの成績もさることながらユニバーシアードのハーフで金メダルと獲るなど経験も豊富です。今回は必ず区間賞を狙ってくるでしょう。

監督からも「1度でいいから区間賞を獲ってみろ!」と言われています。その言葉は監督の期待の表れでもあるのです。

その実力は充分ある選手です。きっと期待に応えるような走りを見せてくれるでしょう。

「男だろ!」のセリフで有名な大八木監督にも注目!!

大八木弘明監督は、その強烈なキャラクターと「男だろ」というセリフが有名な熱血監督です。
そのゲキを聞かないと箱根駅伝を観た気分にならないから不思議です。
昼は川崎市役所で働きながら、24歳で駒沢大学2部(夜間部)に入学して箱根駅伝を3回走り2回区間賞に輝いた努力の人でもあるんですよ。
監督としては3度の総合優勝をもたらすなど名監督でもあるのです。
今回もどんな采配を振るうか、どんな檄を飛ばすのか、楽しみですね。

▶監督について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

まとめ

2017年シード権を失って以降、その悔しさをバネにして駒沢大学は、粒ぞろいの選手が揃った素晴らしいチームに育ちました。

選手それぞれが自覚を持って練習に取り組むことにより成績が伸びたのです。その結果が箱根駅伝予選会の圧倒的勝利でした。

青学の原監督や東洋大学の酒井監督が驚き、警戒感をあらわにするほどの勝利だったのです。

今回の箱根駅伝の優勝候補と言われるのは青山学院大学・東洋大学・東海大学ですが駒沢大学がその中に割って入ったと言って良いでしょう。

厳しい戦いになるとは思いますが、選手の調子次第では優勝も夢ではないでしょう。