駅伝

箱根駅伝2019東洋大学のエントリーメンバーを紹介!注目選手もチェック

2019年に行われる、第95回箱根駅伝。

その箱根駅伝と言えば大学三大駅伝の1つです。

  • 出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)
  • 全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権大会)
  • 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

と、そのシーズンの最後を締めくくる、また年始一番に行われる駅伝で、日本中が注目しています。

そんな駅伝の中で青山学院大学と並んで優勝候補に挙げられているのが「東洋大学」!
2018年の箱根駅伝では青山学院大学に大差をつけられての2位でした。

しかし、今回の東洋大学は前回以上に強力な選手が揃っています。前回の悔しさをバネにこの一年打倒青学を合言葉に厳しい練習に明け暮れて来ました。今その成果が試されようとしているのです。

ぴよ太
ぴよ太
東洋大学にはエース級の選手がずらりと並んでいるよね!
ぴよ子
ぴよ子
出雲駅伝でも全日本大学駅伝でも青学に負けちゃったけど今度こそはって気持ちが強いんじゃないかな!

今回はそんな東洋大学のエントリーメンバーや注目選手をご紹介いたします!

この記事を見るだけで、箱根駅伝がいつもの数十倍楽しみながら視聴することができますよ♪

東洋大学2019のエントリーメンバーを紹介!

東洋大学のエントリーメンバーをご紹介いたします。

小笹椋(こざさりょう)

小笹椋:4年

小笹選手は強者が集まる東洋大学の主将です。主将は大変なんですよ、箱根駅伝ともなるとインタビューも多いですし、選手のコンディションも気にしなければいけない激務なんです。そんな激務をそつなくこなすんですから凄いですよね!
しかも、イケメン!ネットではその評判でもちっきりなんですよ。天は二物を与えずなんて嘘っぱちですね!
その実力もピカイチなんですよ。2018年の箱根駅伝では最終10区を走って区間賞に輝きました。
しかし、青山学院大学に5分差も離されての2位でその顔には喜びより悲しさが滲んでいました。
リベンジを誓った2018年の出雲駅伝では区間4位、全日本大学駅伝では3位と調子も上がって来ています。
照準は箱根駅伝にぴったり合っています。そのリベンジの走りは大注目です!

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

中村拳梧(なかむらけんご)

中村拳梧:4年

その特徴はスタミナ!
スピードはそれほどではありませんが、箱根駅伝のように距離が長いレースではスタミナがものを言うんです。
しかも、2018年はハーフマラソンで自己ベストを更新するなど調子が良いんですよ。
箱根駅伝は未経験ではありますが、その安定感のある走りはかならず良いつなぎ役となるでしょう。
10区を担当するのではないかと予想する方が多いです。さて、優勝のテープを切るのか、楽しみですね。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

山本修二(やまもとしゅうじ)

山本修二:4年

山本選手も実力派イケメン!
小笹選手とトップの座を争うほどのその顔は今年も女性ファンから熱い視線を送られるでしょうね。
その実力も凄いんです。2018年の箱根駅伝では3区を走り区間賞を獲得して東洋大学の往路優勝に大きく貢献したんですよ。
その後疲労骨折と腰痛で戦線を離脱していましたが、7月に練習再開、心配されましたが出雲駅伝と全日本大学駅伝ではともに3位に入り不安を一掃したんですよ。
箱根駅伝での2年連続区間賞を必ず狙ってくるでしょう。
2人のお兄さんがいて共に陸上選手なんですよ。沿道で応援してる姿が見られるかもしれませんね!

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

相澤晃(あいざわあきら)

相澤晃:3年

相澤選手もイケメンなんです。どれだけいるんだ、イケメン!
そんな相澤選手はチームの大エースなんですよ。
2017年の全日本大学駅伝では区間賞、2018年の箱根駅伝では華の2区で3位、その後の出雲駅伝では2位、そして今回の箱根駅伝の前哨戦となる全日本大学駅伝では、駒沢大学の山下一貴選手や青山学院大学の梶谷瑠哉選手といった強敵に見事勝利して区間賞に輝きました。
現在絶好調と言っても良いでしょう。
おそらく今回も華の2区を走ることになるでしょう。区間賞で青山学院大学に少しでも差をつけておきたいところですね。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

今西駿介(いまにししゅんすけ)

今西駿介:3年

今西選手は、小林高校の時の全国高校駅伝でなんと22人抜きという偉業を成し遂げた凄いランナーです。
しかし、2018年の箱根駅伝は忘れようにも忘れられない悔しい思い出になってしまいました。6区を36秒差の1位で走り始めた今西選手ですが、青山学院大学の小野田勇次に抜き去られ結局52秒差もつけられてゴールしたのです。これが東洋大学を優勝から遠ざけてしまったのでした。
この時に今西選手が思わず発した言葉が有名な「人間じゃねえ、あれ(小野田)」です。
しかし、2018年出雲駅伝で区間賞、全日本大学駅伝では4位に輝き、絶好調の今西選手です。今度は自分が人間じゃねぇ走りを見せてくれるかもしれせんよ!

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

小室翼(こむろつばさ)

小室翼:3年

中学校は銀座中学校!なんてオシャレな校名なんでしょ!
2018年のインカレの3000m障害で5位に入賞するなどこの種目でトップクラスの実力を持った選手です。

その鍛え上げられた筋肉は美しいのひと言ですよ!

ただ、駅伝に関して言えばまだ大きな実績を残せていません。2018年の出雲駅伝でもエントリーしたものの出場が叶いませんでした。

今回出場するとしたら初の三大駅伝出場になります。3000m障害で見せるスピードで他の選手を動揺させれば勝機が見えてくるかもしれません。

土壁和希(つちかべかずき)

土壁和希:3年

メガネがチャームポイントの土壁選手は、2018年の箱根駅伝にもエントリーされましたが残念ながら出場することはありませんでした。

三大駅伝にはまだ出場したことがありません。しかし、2018年の日本体育大学長距離競技会10000mで21位、ハーフマラソンで自己ベストを更新するなど着実に実力を上げて来ています。
層が厚い東洋大学ですが、今回こそ出場を目指して頑張っている最中なのです。

浅井崚雅(あさいりょうが)

浅井峻雅:2年

前回の箱根駅伝では7位と1年生ながら大健闘、その後の全日本大学駅伝でも7位と好調を維持しています。
しかもまだ2年です。まだまだ伸びしろが期待できる選手なのです。犬山ハーフマラソンでは優勝の喜びも味わいました。

同時に長距離の強さも印象付けたのです。箱根駅伝という長距離レースでその実力が発揮されるのか、大いに期待されます。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

大澤駿(おおさわしゅん)

大澤駿:2年

またまたイケメンの選手です!
大澤選手は中学の頃から輝く存在で、県の駅伝大会で区間賞を獲得したこともあります。インターハイや国体にも出場したんですよ。
大学ではまだそれほど高い評価がされていませんでしたが、2018年の10月に自己ベストを更新すると評価が急上昇しました。
その記録が東洋大学で7位に入る好記録だったからです。
勢いがある選手ですね。その勢いを維持すれば今回の箱根駅伝でも好成績が期待できますよ!

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

大森龍之介(おおもりりゅうのすけ)

大森龍之介:2年

酒井監督から「今年一番伸びた選手」という発言が出た程期待されているのがこの大森選手です。
駅伝での実績は、2016年の全国都道府県駅伝での5位という好記録がありますが、それ以外は大きな成績を今の所残していません。
2018年の出雲駅伝と全日本大学駅伝ではエントリーされたものの出場できませんでした。しかし、12月に行われた日本体育大学長距離競技会で15位と大健闘し、今度の箱根駅伝でついに三大駅伝デビューが叶うのではないかと期待されています。
急激に伸びている選手だけに期待が高まりますね!

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

田中龍誠(たなかりゅうせい)

田中龍誠:2年

2018年の東洋大学の往路優勝のテープを切ったのがこの田中選手なんですよ。区間順位は9位でしたがその粘りの走りは十分に評価に足るものでした。
ちなみに1年生の往路優勝のゴールは18年ぶりの快挙だったんです!
そのことで一躍シンデレラボーイになったのです。
今期も絶好調!男鹿駅伝では区間賞、10000mでは大幅に自己ベストを更新しています。
今回も間違いなく5区の山上りを任されることでしょう。その昇竜のような走りに注目して下さい。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

田上建(たのうえたける)

田上建:2年

男鹿駅伝では2年連続で区間賞を獲得しています。3大駅伝デビューとなった2018年の全日本大学駅伝では11位に入りました。2018年は5000mでも10000mでも自己ベストで上位に入り、ハーフマラソンでも自己ベストを更新しました。
いよいよその高いポテンシャルを見せ始めましたね。
その勢いで箱根駅伝を大いに盛り上げてくれることでしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

西山和弥(にしやまかずや)

西山和弥:2年

赤いほっぺたがチャームポイントの西山選手は、中学時代から全国レベルの実力を示した神童タイプのスーパースターでした。
ジュニアオリンピックの3000mで3位に入ったこともあるんですよ。
大学に入ってからも活躍は続きます。アジアクロスカントリー選手権では2位に入っています。
1年生で走った2018年箱根駅伝では1区を担当し、見事ライバルの青山学院大学に25秒もの差をつけ区間賞を獲得したんです。
しかし、2018年の出雲駅伝では6位、全日本大学駅伝では14位と心配な仕上がりになっています。
でも少しずつ復調の兆しが見えています。
この選手の走りが東海大学の命運を決めることになるでしょう。それだけにどんな走りをするかに注目が集まっています。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

野口英希(のぐちひでき)

野口英希:2年

野口選手はまだ3大駅伝の経験がありません。しかし2018年は日本平桜マラソン(ハーフ)で3位、小江戸川越ハーフマラソンで2位に入るなど着実に成績を伸ばしています。長距離に強いのが特徴の選手ですね。
まだ2年だけに今後に期待出来る選手です。
今回の箱根駅伝では当落線上にいる選手ですが、出場すればそのタフさと粘りの走りで上位に食らいついて行くのではないでしょうか。

吉川洋次(よしかわひろつぐ)

吉川洋次:2年

東洋大学優勝の鍵を握るのがこの吉川選手です。
1年で出場した2017年の出雲駅伝では4位に輝き、早くもその怪物ぶりを垣間見せてくれました。続く全日本駅伝では1年生での4区区間新記録となる驚きの走りを見せます。そして2018年の箱根駅伝では2位と快走、その底知れないポテンシャルに駅伝ファンは唸り声を上げたのです。
その後の出雲駅伝では区間賞に輝き、その実力に磨きがかかって来ました。
今回の箱根駅伝で一番注目される選手の一人です。
その走りを見逃すと損しますよ!

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

鈴木宗孝(すずきむねたか)

鈴木宗孝:1年

鈴木選手は、高校1年まではサッカー選手だったという異色の存在です。2018年の全日本大学駅伝が3大駅伝デビューどころか初駅伝なのです。
それで区間5位は驚きの成績です。

今回の東洋大学で唯一の1年生は今後の成長が大きく期待される選手なのです。
2018年4月の平成国際大長距離競技会の10000mでは自己ベストを実に1分21秒も更新するびっくりする走りを見せました。
経験は非常に浅い選手ですが侮ってはいけない期待の星なんです。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

注目の選手はこの人!!

エース級の選手が揃う東洋大学の中で一人選ぶとしたら吉川洋次選手でしょう!
2年生ながら驚異的な進化を遂げている選手です。その潜在能力は底知れないものがあります。
東洋大学が優勝するとしたらこの選手が一番のヒーローになるかもしれませんよ!

名将酒井俊幸監督のイケメンぶりにも注目!

酒井監督は東洋大学の学生の時、箱根駅伝を3回走りましたがその成績はいずれも二桁。当時はプレッシャーに弱かったんです。

しかし、監督としては、選手を見出す目、そして、指導力が高く評価されている名監督です。箱根駅伝で東洋大学を2連勝に導くなど多くの実績を残しています。
今回の箱根駅伝は2018年のリベンジを狙って着々と準備をして来ました。宿敵青山学院大学との対決が今から楽しみですね。

出場監督中いちばんのイケメンぶりにも注目が集まっています。監督を追っかける女性ファンも多いんですよ。色々な意味で注目されている酒井監督から目が話せませんね!

▶酒井俊幸監督について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

まとめ

小笹選手・山本選手・相澤選手・西山選手、そして期待の吉川選手など多くのタレントがひしめく東洋大学の実力は、強豪青山学院大学に引けを取らない強力さです。

往路に強い東洋大学、復路に絶対の自信を見せる青山学院大学!

両者ががっぷり四つに組んだ面白い勝負になることはまちがいありません。後は当日のコンディションがものを言うでしょう。
しっかり準備して最高のパフォーマンスを見せてくれることを願っています。