駅伝

箱根駅伝2019法政大学のエントリーメンバーを紹介!注目選手もチェック

その箱根駅伝と言えば大学三大駅伝の1つです。

  • 出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)
  • 全日本大学駅伝(全日本大学駅伝対校選手権大会)
  • 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

と、そのシーズンの最後を締めくくる、また年始一番に行われる駅伝で、日本中が注目しています。

そんな駅伝の中でエース坂東悠汰選手、上りの青木涼真選手、下りの佐藤敏也選手というすば抜けたタレントがいるのが法政大学」!
2018年の箱根駅伝では6でした。今年は戦後最高4位を超える成績を目指して激走します。

ぴよ太
ぴよ太
出雲駅伝では12位、全日本大学駅伝では7位だったよね!そこまで強くないんじゃないの?
ぴよ子
ぴよ子
箱根駅伝には山の上りと下りっていう難所があるのをわすれちゃいけないわ!法政大学はその両方に凄い選手がいるのよ!

今回はそんな法政大学のエントリーメンバーや注目選手をご紹介いたします!

この記事を見るだけで、箱根駅伝がいつもの数十倍楽しみながら視聴することができますよ♪

狩野琢巳(かのうたくみ)

狩野琢巳:4年

粘り強さと安定した走りが特徴の狩野選手は、派手さはありませんが上位の順位をキープするのに欠くことが出来ない選手です。

中学の頃から駅伝に出場しているので経験も活かせることが出来ます。
今期は10000mで自己ベストを更新、全日本大学駅伝で10位に入るなど好調を維持しています。

エースが稼いだ順位を守るつなぎ役としてシブい仕事をしてくれることでしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

鈴木亮平(すずきりょうへい)

鈴木亮平:4年

俳優と同じ名前ですよね。俳優の鈴木さんは今年「西郷どん」で大活躍しました。鈴木選手もそれにあやかりたいものです。

鈴木選手は今回3度めの箱根駅伝エントリーです。今まで一度も出場していないだけに最後の駅伝になる今回に掛ける思いは強いでしょう。

2018年は9月の日本体育大学長距離競技会で5位に入るなど好調です。その勢いを箱根に持ち込みたいところです。

土井大輔(どいだいすけ)

土井大輔:4年

土井選手は、法政大学の主力選手です。箱根駅伝には3年連続出場して経験豊富です。最高順位は2017年の9位!

今回はその順位を大きく上回る上位でのゴールを期待されます。
2018年は出雲駅伝で7位に入っていますし、10000mのタイムは法政大学で3位の実力者です。

きっと目標を達成してくれることでしょう。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

坂東悠汰(ばんどうゆうた)

坂東悠汰:4年

坂東選手は法政大学が誇るエースです。しかし、2018年の箱根駅伝では14位、出雲駅伝では15位とその能力を出せないでいます。

実力だけ取ってみるとずば抜けた能力を持っている選手なんですが、頑張りすぎる性格でついオーバーワークになってしまうんです。

しかし、今期は全日本インカレで7位に入り、全日本大学駅伝では6位に入るなど絶好調です。オーバーワークになる弱点を克服しつつあります。

しっかり箱根駅伝に合わせて調整して来ていますし、今回こそ箱根駅伝でその本領を発揮するのではないかと大きな期待が掛かっています。

身長190センチのびっくりするような長身を活かしたダイナミックは走りを楽しみにして下さい。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

矢嶋謙悟(やじまけんご)

矢嶋謙悟:4年

矢嶋選手は、2018年の箱根駅伝では13位の成績で悔しい思いをしました。今期は9月の日本体育大学長距離競技会で18位に入るなど好調です。卒業後の進路も実業団中央発條に決まり、手土産を持って入団したいところですね。

去年の悔しさを糧に法政大学の上位進出に貢献する走りが期待されます。

青木涼真(あおきりょうま)

青木涼真:3年

青木選手についてまず思い浮かべるのは2018年の箱根駅伝での9人抜きです。区間賞を獲得したその快走は多くの駅伝ファンから「山の神」という言葉が出たほどです。

それほど鮮烈なイメージをあとに残すような素晴らしい走りを見せてくれたのです。
今回の箱根でも当然5区を走ることになります。前年以上の走りを見せれば真の「山の神」と言われることでしょう。

絶対に見逃せない選手ですよ!

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

岡原仁志(おかはらひとし)

岡原仁志:3年

2017年の全日本大学駅伝で12位、2018年の箱根駅伝は11位、2018年の出雲駅伝も11位でした。
駅伝の経験は豊富でしたがいまいち結果が出ないのがこの岡原選手の弱点でした。

しかし、2018年の全日本大学駅伝ではその鬱憤を晴らすような快走で5位という好成績を挙げたのです。
一皮むけたと言えるでしょう。その勢いが続いている岡原選手です、箱根駅伝での走りが注目されます。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

強矢涼太(ごうやりょうた)

強矢涼太:3年

強矢選手は残念ながらまだ3大駅伝の出場経験がありません。しかし、10月の日本体育大学長距離競技会で自己ベストの3位に入るなど急激に調子を上げています。

去年の箱根駅伝では見る側でした。今年こそ走る側にいたいという思いがあります。
出場すれば初めての駅伝になります。気負わず平常心で走って欲しいですね。

佐藤敏也(さとうとしや)

佐藤敏也:3年

箱根の上りは青木選手、下りはこの佐藤選手に決まりです!
それほど下りの6区で素晴らしい走りを見せる選手なのです。2017年・2018年連続で区間3位の好成績がそれを物語ります。
円熟期に入った今、区間賞の走りが期待されています。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

坪井慧(つぼいけい)

坪井慧:3年

坪井選手は中学の頃からその才能を高く評価されていた選手なんですよ。高校ではインターハイにも出場しています。

しかし、法政大学に入ると不調や怪我で思うように走ることが出来ませんでした。
でも、2018年シーズンは違います。そのパワフルさとスピードで本来の力を出し始めたんですよ。

全日本大学駅伝予選会で4位、出雲駅伝で5位と絶好調です。箱根駅伝でその潜在能力の高さをきっと示してくれるでしょう。
この選手、イケメンなんですよ。その顔にも注目して下さい。

▶選手について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

増田蒼馬(ますだそうま)

増田蒼馬:3年

増田選手は2017年の出雲駅伝以来三大駅伝では毎回のようにエントリーされるのですが、残念ながら中々出場機会に恵まれませんでした。

しかし、2018年の出雲駅伝でついに出場が叶いました。
その結果は15位と不本意なもので悔しい思いが残りました。
今度こその思いはきっと強いことでしょう。その気持をぶつけるような走りを期待しましょう。

松澤拓弥(まつざわたくや)

松澤拓弥:3年

松澤選手は全国高校駅伝に3度出場、2017年の全日本大学駅伝や2018年の箱根駅伝にも出場し、駅伝の経験は豊富です。レース運びも心得ています。

前回の箱根駅伝では13位とチームに貢献することが出来ませんでした。その経験を反省として今回は思い通りのレースプランで走ってくれることでしょう。

寺沢玄(てらざわげん)

寺沢玄:2年

田辺佑典(たなべゆうすけ)

田辺佑典:2年

田辺選手は今回初めての3大駅伝のエントリーメンバー入りです。2年生で巡って来たこのチャンス!
しっかり走って欲しいですよね。

成長の途中でまだこれと言った大きな実績は残していません。しかし、エントリーメンバーに選ばれたという事は今後への期待もあるのでしょう。その期待を胸にケレン味のない走りを期待しています。

鎌田航生(かまたこうき)

鎌田航生:1年

蒲田選手は1年生ながら全日本大学駅伝に出場し、15位という成績を残しています。成績としては物足りないものですが、まだ1年生!
これからの成長が大いに期待される選手なのです。

その明るいキャラクターも素敵なんですよ。チームにも愛されています。
将来有望な選手ですし、ムードメーカーとしても期待出来ますね。

注目の選手はこの人!!

大注目はエースの坂東悠汰選手!
イマイチ駅伝ではいい成績を残してないだけに、この選手の出来が法政大学の命運を握っていると言って良いでしょう。

誰よりも負けず嫌いの性格!
しかし、それが逆にあだになって好成績を挙げられずにいたのです。ついオーバーワークになって調子を崩してしまうのです。

でも、その弱点は本人が一番分かっています。
今年こそはと言いう思いは誰よりも強いはずです。

きっちり照準を箱根駅伝に合わせて、今度こそ区間賞を狙う走りでチームに勢いをつけてくれることでしょう。

古豪法政大学を蘇らせた坪田監督にも注目!

坪田監督は、箱根駅伝で区間賞を獲得しています。世界陸上にも出場したことがあるんですよ。
またニューイヤー駅伝では5回も区間賞を獲得しています。選手としての実績は素晴らしいものです。

性格は誠実、そのひた向きさで選手の信頼を得ているんです。
長らく沈んでいた古豪法政大学を蘇らせたその手腕は高く評価しても良いでしょう。
今年は素晴らしい選手が集まっています。その采配で戦後最高の4位以上の成績を目指しています。

▶監督について詳しく知りたい方はコチラもチェック!

まとめ

昨年6位の好成績を挙げた法政大学ですが、今年は去年以上に選手のパフォーマンスが上がっています。
戦略はズバリ、山の上りと下りで他のチームを引き離すこと!
この両方にずば抜けたエースがいることがこのチーム最大の強みなのです。

また、駅伝ではこれといった成績を残して来なかったエース坂東選手も今年は一味違う走りを見せてくれるでしょう。
青山学院大学・東洋大学・東海大学といった強豪の牙城を崩すのではないか、それが大いに期待されます。